えっちな気分に足りない栄養素?女の性欲を高める食材5選


性欲増進の食材、と言えば男性が食べるイメージがありますが、女性にも必要な栄養素があります。「最近ひとりえっちする気分にもならない」「男性に興味がわかない」「恋愛ドラマを見てもきゅんきゅんしない」などは、性欲が衰えていることが原因かもしれません。

今回は、女性の性欲増進に効果のある食材を5つご紹介します。
これを食べれば、ムラムラが復活してモチベーションがアップするかもしれません。

 


目次

1. 「牡蠣」には男女とも性欲増進効果がある!
2. 「豚肉」でストレスや疲労を回復
3. 「松の実」は媚薬?
4. 「ルッコラ」は媚薬のハーブ
5. 「チョコレート」で滋養強壮



「牡蠣」には男女とも性欲増進効果がある!

男性の性欲増進に効果があると言われている食材の代表が「牡蠣」です。
今はオイスターバーなどで生食することも珍しくない牡蠣ですが、男性だけでなく女性の性欲増進にも効果が期待できる食材です。
牡蠣には亜鉛が豊富に含まれています。
亜鉛は別名「セックスミネラル」とも呼ばれ、男女どちらにも生殖機能や性欲を正常に保つ効果が期待できます。
また、女性に必要な栄養素「鉄分、銅、ビタミンB12」は貧血予防にも効果があり、不足している女性が多いため、積極的に摂取したい栄養素です。

 

「豚肉」でストレスや疲労を回復

性欲が起こらないのは、ストレスや疲労が原因かもしれません。
良質なたんぱく質を含む、豚肉もおすすめです。
豚肉に含まれるビタミンB1は、疲労回復に効果があり、鶏肉と比べても約10倍も含まれています。
ほかにも亜鉛、鉄分、カリウムなど、女性に必要な栄養素を含んでいるので、脂質はあまり気にせず、たくさんの野菜と一緒に食べましょう。美容効果も高いです。

 

「松の実」は媚薬?

その昔、媚薬効果があると言われていたのが「松の実」です。
おやつにナッツを食べる女性も増えましたが、亜鉛を多く含む松の実をおやつタイムに食べてみてはいかがでしょうか。
松の実は、牡蠣と同じく亜鉛を多く含んでいます。
アンチエイジング効果や、血行促進効果などがあり、女性の美容と健康をサポートしてくれるスーパーフードです。ただし、カロリーは高いため食べ過ぎには注意です。

 

「ルッコラ」は媚薬のハーブ

昔から「媚薬のハーブ」と呼ばれてきたのが「ルッコラ」です。
カルシウム、鉄分、ビタミンC、β-カロテン、ビタミンEが豊富で、美肌効果やアンチエイジング効果が期待できます。
ルッコラを食べた時に感じる苦味は、グルコシノレートという成分によるもので、グルコシノレートには解毒作用があると言われています。
そのためアルコール分解などに効果があり、肝臓に負担をかけたくない人におすすめです。
お酒を飲む習慣のある人は、食事にルッコラを積極的に摂取するといいでしょう。

 

「チョコレート」で滋養強壮

えっちな気分が盛り上がらない、そう感じたらチョコレートを食べましょう。
チョコレートは、もとは滋養強壮剤として食べられていた食材で、カカオポリフェノールが豊富であることも有名です。動脈硬化予防や、活性酸素を退治してくれる機能があり、その含有量は赤ワインや緑茶よりも多いとされています。
砂糖がたっぷり入った子供用のチョコレートよりも、ちょっぴり大人味のビターなチョコがおすすめです。
低価格のものをたくさん食べるより、高価で良質なものを選びましょう。


この記事を書いたライター


KaikanNews編集部

kaikan_news

オススメ記事