へそって気持ちいいの?へそ性感帯にハマる女性たち

へそって気持ちいいの?へそ性感帯にハマる女性たち

私たちの体は「性感帯の宝庫」と言われているのを知っていますか?有名どころだと、性器、乳首、首筋などですが、なんと「へそ」も性感帯のひとつだと言うではありませんか!そこで今回は「へそ」にスポットライトを当てて、へそが気持ちいい理由や、開発の仕方をご紹介したいと思います!

 


目次

1. 「へそ」は立派な性感帯だった!
2. へそが気持ちいい理由4選
 2-1. ムラムラのツボがある
 2-2. 皮膚が薄くて感じやすい
 2-3. アソコに近い
 2-4. 非日常感・背徳感
3. へそ開発の方法をステップ順に解説
 3-1. 1.へそのお手入れ
 3-2. 2.へその周りをマッサージ
 3-3. 3.指入れ
 3-4. 4.舌舐め
 3-5. 5.他の性感帯と同時刺激
 3-6. 6.ローターで仕上げ
4. へそは立派な性感帯!へそ開発で新しい世界を体験しよう



「へそ」は立派な性感帯だった!

「へそ」は立派な性感帯だった!

へそが性感帯という噂は本当でした!しかも女性の間では今「へそオナニー(ヘソニー)」が秘かに流行っているというのです!夏になるとへそ出しの機会も多く、おヘソのケアをしている最中に、へそが気持ちいいことに気づく女性が続出中とのこと。そして、へそが気持ちいいのは女性だけでなく男性も同じ!そう、へそは男女共通の性感帯なのです♡

 

へそが気持ちいい理由4選

へそが気持ちいい理由4選

普段はあまり意識すらしない「へそ」。読者の方の中には「どうしておへそが気持ちいいの?」「なぜへそが性感帯なの?」と疑問に思っている人もいるはず!そこで、ここではへそが気持ちいい理由をご紹介したいと思います。

 

ムラムラのツボがある

へその両脇には「天枢」と呼ばれるツボがあります。押すと胃腸の働きが活発になることで知られていますが、実は性欲を喚起するツボでもあるんです!つまり、へそを刺激する時にへその両側をクイックイッと押せば、ムラムラして’’ソノ気’’になるということ!へそのお手入れ中にエッチな気分になる人は、無意識に天枢を刺激しているのかもしれませんね!

 

皮膚が薄くて感じやすい

へそが気持ちいいのはずばり、皮膚が薄いからです!皮膚が薄いためほんの少しの刺激にも敏感に反応するんです。へその内側には、内臓を包む腹膜しかありません。そのため、指でへそを触れれば、指の暖かさがダイレクトに伝わり、ツンツン刺激すれば、身体の芯まで響くような錯覚になるんです!身体にはたくさんのパーツがありますが、へそはその中でも特に皮膚が薄い場所の1つなんですよ!

 

アソコに近い

へそは位置的にアソコ、つまり性器に非常に近いですよね。へそを刺激する時は嫌でも下半身が目に入りますし、男性に至っては、勃起をすると先端がへその近くに来る人もいるでしょう。場所的に近いだけに、へそに与えた刺激は性器にも届きやすく、へそを弄っているとムラムラしてきちゃうのです。

 

非日常感・背徳感

へそは胎児の頃はお母さんと繋がっていた場所。そのため神聖なイメージがありませんか?そして、小さな頃から「おへそを触るとお腹が痛くなるよ」と言われて育った人も多いはず。これは、へその皮膚が薄く、へそが敏感な場所だからなのですが、そのせいで、おへそを弄るのはタブーと感じている人も少なくありません。そのため、へそをいじったり、いじられたりすると、なんとなく悪いことをしているような背徳感に苛まれ、それが感度を加速させちゃうんです!

 

以上4つがへそが気持ちいい理由です。とは言え、この記事を読んでいる人の中には「へそで感じたことがない」という人もいるはずです。そこで次は、へそを開発する方法をご紹介していきます!

 

へそ開発の方法をステップ順に解説

へそ開発の方法をステップ順に解説

お待たせしました!ここでは、へそを開発する方法をステップ順にご紹介していきます。へそで感じたことがない人、セルフでへそ開発をしたい人、そしてパートナーのへそを開発したい人は必読です!

 

1.へそのお手入れ

へそ開発の第一歩はお手入れです。へそは何もしないと、へそゴマ、つまり汚れが溜っていくもの。でも、汚れが溜った状態では、刺激をしても気持ち良くなれません。そもそも、汚れたおへそはセクシーさとは無縁。むしろ、ゴマが溜ったおへそを見ると盛り上がっていた気持ちもトーンダウンしちゃいます。お風呂上りに、綿棒で優しくへそのお手入れをしましょう。ゴマが取れない場合は無理はNG!オリーブオイルをつけて10分くらい放置すると簡単に取れるのでお試しあれ!

 

2.へその周りをマッサージ

へそのお手入れが終ったら次はマッサージ!と言ってもまだへそには直に触れず、へその周りをほぐすようにマッサージしていきます。先ほどもお話ししましたが、へその両脇にはムラムラを喚起するツボがあるので、触っていると自然といやらしい気分が高まってきますよ!またへそ周りの緊張をほぐすことで、この後のステップもスムーズになるので、毎日5分を目安に1週間ほど続けましょう。おへそ周りが柔らかくなってきたら準備OKです!

 

3.指入れ

おへその準備が整ったらいよいよ指で刺激していきます!いきなり強く押したり、ゴリゴリするのはNGです。まずは指の表面でへそをなでなで。慣れてきたら、指の腹を使って優しく指圧するようにプッシュします。この時、爪でおへその中を傷つけないよう気をつけましょう。また、ちょっと痛いと感じた場合は、ローション(オリーブオイルやベビーオイルで代用可)をつけましょう。最後は、指で掻き混ぜるようにしたり、トントンとノッキングしたり...色々試して自分のベストパターンを見つけましょう。

 

4.舌舐め

次は舌を使ってへそを刺激します。とは言え、自分のへそを舐めれる人はほとんどいないので、へそ舐めは、パートナーのへそ開発の時に実践しましょう。舐める時はいきなり舌を入れず、まずはへその周りから。チロチロと舌先で刺激したり、舌全体を使ってベロンと舐めたり...パートナーの反応を見ながらやるのがポイントです。パートナーが感じてきたらいよいよ舌先をへその中に入れます。舌を窄めてから舌さきで責めましょう。小刻みに舌を動かしたり、慣れてきたらちょっと吸い上げるのもおすすめですよ!女性なら愛液が溢れ、男性ならアソコが元気になるはず♡

 

5.他の性感帯と同時刺激

へそはかなり強力な性感帯。中には、へそ「だけ」でイク人すらいます!しかし、最初からへそだけでイクのはかなり難しいので、まずは他の性感帯との同時刺激が効果的です。片手でへそをいじりつつ、片手でアソコや乳首を刺激しましょう。そうすると強い性感帯に引っ張られてへその感度がアップします。イク直前にへそのみの刺激に切り替えるのも効果的!繰り返せば、最終的にへそだけでイケるようになりますよ!

 

6.ローターで仕上げ

へそ開発の刺激にはローターがおすすめです。指や舌とはまったく違う振動によって、へその性感性が一気に引き出されるんです!へその周囲をローター責めするもよし、スティックタイプを使ってへその中を刺激するも良し!ローターは指一本サイズのフィンガーローターもおすすめ。直にへそにローターを当てるのが怖い人は、指用コンドームを使えば安心ですよ!

 

へそは立派な性感帯!へそ開発で新しい世界を体験しよう

へそは立派な性感帯!へそ開発で新しい世界を体験しよう

今回は「へそ」にスポットライトを当ててお送りしました。普段はあまり意識することがないへそですが、開発すれば立派な性感帯なんですね!へそで得られる快感は中イキに近いとも言われており、へそにハマる女性が急増中!そんなへそを手っ取り早く開発したいなら、女性用風俗店もおすすめです。女風のセラピの秀逸したテクなら、きっと瞬く間にへそが開発されるはず。ぜひあなたもへそ開発で新しい世界を体験してみませんか?♡


この記事を書いたライター


dilella

BellaVita

欧州在住のセクシャルライター。これまで執筆した記事は10万PV/月の記事も含め1000記事以上!豊富な(?)経験を活かして女性のエッチな欲求や悩みを解決できる情報を発信します。海外のH事情や美容ネタも絡めつつ、思わず友達にシェアしたくなるような記事を執筆していきたいと思います!


オススメ記事