セラピの個性によって指名を変える!1人に依存しない方法で楽しむ、ユキさん(36)


【名前】ユキ
【年齢】36才
【職業】派遣社員

kaikan:本日はインタビュー取材よろしくお願いします。

ユキさん(以下、ユキ):女性向け風俗に行き始めてまだ4ヵ月位なのであまり経験もないですが、答えらる範囲ならなんでもご質問下さい。

kaikan:あまり経験がないということですが、この4ヵ月間ほどでどれほど行かれたのですか?

ユキ:これまで行ったことがあるのは25回位ですね。

kaikan:まずは、どのようにして女性向け風俗に行かれたところから話をお聞かせ頂けますか?

ユキ:最初は女性向け風俗なんて言葉も知りませんでした。私が初めて知ったのはとある飲み会で知り合いが女性向け風俗に行っているということを話した時です。その時にプレイ内容など詳細も教えてくれ、すぐに興味を持ってしまいました。サイトも教えてもらい、お気に入りに登録するほど私にとってはこんな恋愛などせずおいしいところだけ味わせるサービスがあるなんて最高という思いでいっぱいでした(笑)

kaikan:それではすぐに行かれたのです?

ユキ:いえ、勇気が出ずにすぐには行けませんでした。それが、サイトをたまたま平日の昼間に見ていた時だったのですが、気になるキャストのtwitterをフォローしたらすぐにーフォローバックされ正直驚きました。そしてDMで内容などを聞いているうちに「今日、空いているけどどう?」と営業をかけられてなんとなく行くことになってしまいました。ですが、やっぱり初めて行くことに不安はあったのでその時に女性向け風俗を教えてもらった知人にすぐに連絡して10回以上やり取りしていろいろ聞いたのを今でも覚えています。その時はキャストと会うまでの3時間位が本当にドキドキでした…。

kaikan:スゴい急展開ですが、何か不安なこととはありませんでしたか?

ユキ:3~4年Hをしていなかったのと、中イキの経験どころか外イキもしばらくなかったので女性向け風俗というものを十分に楽しめるのかが不安でしたね。

kaikan:実際、行かれてみてどうでしたか?

ユキ:楽しめたどうかは分かりませんが、とにかくされるがままという感じで時間が経って行った感じのように記憶しています。

kaikan:その後もお店に通われるということは何か楽しみ方を見つけたのですか?

ユキ:最初はされるがままで、そのなかで中イキや普段の生活では出会えないイケメンとのコミュニケーションが楽しかったのですが、途中からお店のモニターなどするうちに少しずつ考え方が変わり始めました。お店のモニターをする際にはいろいろなところをチェックする場合もあるんですが、それを何回もしていたらプライベートでも細かな部分が気になりだして、お客を本当にもてなす力やコミュニケーション力にある男性に魅力を感じるようになったんです。最近では、最初からマッサージコースなどではなく、デートコースなどでキャストのコミュニケーション力を見てからマッサージコースを選ぶようになり、今まで数人ですが失敗はありません(笑)

kaikan:それでは今まであまり失敗エピソードとかもなさそうですね…。

ユキ:失敗というか、過去には1人のキャストばかり呼んでいたこともあったのですが、やはり人間ですから得意不得意も当然あるじゃないですか。でも、当時の私はその人が出来ないとショックというかその人の全て満足させてもらいたかったんです。そして毎週会うようになったのですが、お金が掛かり過ぎてしまいこれではダメだと考え始めました。そこで最近では、1人のキャストで全てを満足させてもらうのではなく、コミュニケーションが得意な人はこの人、マッサージをされたい時はこの人と、1人のキャストに依存しない遊び方をしています。これも失敗して学んだことです(笑)

kaikan:1人のキャストに依存することをやめてから遊び方がかなり変わられましたね…、最後にこれを読んでいる女性向け風俗にまだ行ったことのないユーザーさんにアドバイスなどを頂けますでしょうか。

ユキ:まずはあまり頭で考えすぎると楽しめないのでリラックスして楽しむといいのではないでしょうか…。お店を選ぶ際も質問や密な連絡を取れるところを比較的選ぶといいと思うのでまずは連絡してみてはどうでしょうか。

kaikan:本日はありがとうございました。

■取材させてくれる女性募集!
kaikanでは、女性向け風俗に行ったことのある人にインタビューさせて頂いております。
都内在住で協力して頂ける方は以下の連絡先までご連絡下さい。


この記事を書いたライター


KaikanNews編集部

kaikan_news

オススメ記事