寝顔はお好き?|藍沢 優作(TACIT)|写メ日記

TACIT

東京/性感マッサージ/東京、神奈川、大阪、関西

"女性向け風俗ポータル『Kaikan』を見た"とお伝え下さい!

藍沢 優作@写メ日記

藍沢 優作

藍沢 優作  (27)

プロフィールを表示

133 件中 21 - 40 件目表示
  • 寝顔はお好き?
    藍沢 優作

    こんばんは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。


    人が寝ている姿って愛おしくないですか?

    ゴロゴロしてると無防備で、誰もが赤ちゃんに戻っている感じがして、かわいいというより愛おしいという表現がしっくりきます。

    女性男性問わずそう感じます。
    おじさんでも寝ている姿を見ると、この人も人の子なんだなと感じるからなのか、愛おしく見えたりします。
    (それ以上の意味はないですよ、、)


    でももちろん女性の寝姿の方がずっと見ていたいです。
    真っ直ぐ綺麗に寝てるのも良いですが、寝相が悪かったり、いびきをかいてたりするとより自然な姿って感じで好きです。
    見てたら寝てるところ後ろからハグしちゃうかもしれません。というかします。


    寝姿の中でも、特に寝顔が好きで、ずっと眺めたり、時々起きない程度に軽くほっぺをつんとしたりしてしまいます。


    でも女性は寝顔見られるのを好みませんよね?
    恥ずかしい気持ちはお察ししますが、見たいものは見たいんです。許してください。

    男性なら寝顔を見たいこの気持ちわかってくれるはず、、、


    ちなみにアルカイックスマイルの綺麗な寝顔より、ちょっとぶさいくなくらいの方がかわいいと思います。寝顔なんて誰だってぶさいくですから。

    それでもやっぱり見られたくないって思いますかね?
    もちろん嫌だったら無理には見ませんので安心してくださいね。


    画像:pixabay

  • ほろよい
    藍沢 優作

    こんばんは。
    藍沢優作です。


    お酒が好きなあなた、どんなお酒が好きですか?

    僕は1番はウイスキーです。特にスコッチのシングルモルトが好きです。
    それ以外だと、ビール、ホッピー、ハイボールばかり飲みます。

    お酒は基本何でも好きですが、ワインや日本酒はまだまだ勉強中で、詳しくなりたいです。


    お酒に関してはほとんどおじさん趣味の僕ですが、たまにはかわいいお酒も飲みます。
    最近見つけて気に入ったのがこれ、ほろよいのハピクルサワー。

    乳酸飲料のビックルやマミーみたいな味がします。
    そういう味が好きなので、めちゃ気に入りました。

    ほろよいなのでアルコールはまったく感じません。
    お酒苦手な方でも飲みやすいんじゃないかと思います。

    特に風呂上りとかだと美味しすぎて一気飲みしちゃいます。



    お会いした時に、お酒を買っていって話しながら一緒に軽く飲むのとか、
    お互いにリラックスできて僕は好きなので、もし嫌でなければ是非飲みましょう。


  • ドライブ依存症
    藍沢 優作

    こんばんは。
    藍沢優作です。


    すみません、依存症は嘘です。
    でも、定期的にドライブしたい欲が発動します。
    今日は午前中は微妙な天気でしたが、好きな音楽をかけながらのドライブはやはり最高でした。

    とってもリラックスできて、気持ちよくてたまりません。

    今日は行けなかったんですが、海岸沿いや、山道など、自然の中を走るのが1番好きです。

    もちろんいつも1人ドライブです。
    でもドライブデートも好きですよ。

    貴女とお会いできる時に一緒にドライブするのはなかなか難しいかもしれませんが、旅行先とかでできたら最高なんですけどね。


    1日ドライブしてスッキリしたので、また明日から頑張れそうです。



  • 執着をやめる
    藍沢 優作

    こんにちは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。


    今日も宗教みたいな内容ですが、真剣に考えて書いたので読んでくれたら嬉しいです。



    僕は強い人間ではありません。
    自分がした言動も、他人が自分にしたことも言ったことも簡単に忘れたり流したりできず、ずっと心に留めてしまいがちです。

    1人でいることが大好きなのも、無意識のうちに人との関わりによって傷つくこと、人を傷つけることを避けてるからなのかも知れません。

    人間関係による悩みだけでなく、仕事やお金など他の色々な悩みもあります。
    (でも、あらゆる悩みは突き詰めると、全て人間関係から生まれるもので、この世に自分しか存在しなかったら、悩みなんてなくなると思ってます。)


    僕は弱い人間だからこそ、どうやったら悩まずに済むか、楽に生きられるか誰よりも考えてきた自信があります。




    そんな僕が今考えている一つの結論。
    「悩みは執着から生まれる。だから別の選択肢を持ち、逃げ道を作ることで悩みは解消される。」

    例えば、仕事が辛い、という悩み。
    その仕事を辞めてはいけない、ずっと頑張ってその会社にしがみつかなければ生きて行けない、という執着があるから辛いのであって、
    いつでも辞めていいなら、辞めても次の仕事のあてがあるなら悩んだり無理したりしません。さっさと辞めてしまえばいいです。
    たとえ次の仕事がなくても、日本には失業手当や職安が充実してます。日本で飢え死にすることはあり得ません。

    上司が嫌い、合わない、とかも同じ理由で、ほかの部署、ほかの会社にいつでも移れるなら、たいして悩みになりません。


    他には、パートナーとうまくいかない、とか、好きな人と結ばれない、という悩み。
    寂しいこと言いますが、世の中にはその人しかいないわけではありません。
    一時運命の人と思えたとしても、同じくらいか、もっと素敵な人、相性の良い人はきっといます。
    この人しかいない、という思いがなくなれば執着しなくて楽になれます。


    お金が無い、という悩みも同じです。
    お金をかける生活が幸せだという思い込み、執着があるからです。
    都会の価値観に毒されてしまってるだけです。
    日本でさえ、月に5万円もあれば十分な生活ができるところなんていくらでもあります。



    とにかく大事なのは、〜しか無い、という思い込みを捨てて、他の選択肢が必ずあると理解することです。


    僕の話をさせて貰うと、今は仕事の悩みが1番大きいです。
    通訳の仕事は楽しいですが、偉そうな言い方をすれば、楽に勝てる分野というか、これまでの努力で貯めた貯金を活かしている状態で、新たな挑戦をしてるという感じはあまりありません。
    だからこのまま続けるべきなのかと悩んでます。

    でも、自分には他にも才能があるはず、色々挑戦すればもっと世界が広がる、と本気で思い込んでるので、いつでも辞めたらいいや、と思って気楽にいられます。

    セラピストのお仕事を始めたのも、その挑戦の1つです。
    そして本当に世界が広がったし、飛び込んでみて良かったと心から思ってます。
    正直辞めたくない、と少し執着してしまいそうなくらいです。。。



    執着するのは人間の性というか、完全にはなくすことができないのは分かってます。
    でも、他の選択肢を持つよう努力することを少しでも意識してみるといいと僕は思います。


    画像:pixabay

  • 1番好きな映画
    藍沢 優作

    こんばんは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。


    僕が最も好きな映画の1つを今日は紹介させてください。
    僕がジャズを好きになったきっかけでもあります。

    『ブルーに生まれついて』
    原題: Born to Be Blue

    あらすじ
    ———————————————————
    チェット・ベイカーという、1950年代に一世を風靡した白人のジャズトランペッターの話。
    人気も腕もあったにも関わらずヘロイン依存症で廃人の一歩手前になっていたが、女優志望の女性・ジェーンと出会い、彼女が精一杯彼のことを支えて一緒に生活するようになる。やがてジェーンの愛が支えになり、チェットはヘロインを断つ。
    ヘロインを断つことで周りからの信用を取り戻し、再び大舞台での仕事を得る。
    しかし、大舞台での演奏直前に不安から誘惑に負けたチェットはヘロインを注射してしまう。
    ジェーンは客席から彼の演奏する姿を見て、彼がまた堕ちてしまったことを察し、別れの言葉もなく彼のもとを去っていく。
    ———————————————————-

    好きなポイントはいくつかあります。

    まず単純にジャズの演奏シーンがシビれるほどかっこいいです。
    あとチェットを演じるイーサンホークが渋すぎます。


    内容に関しては、人間の欲望と弱さがよく描かれていると思います。
    自分自身も更生したいと願い、愛する人からの無償の大きな愛を受けたのにも関わらず、再びヘロインに手を出してしまう。

    ヘロインという違法な薬物だから問題ですが、我々も、ものが変わるだけで、弱いのは同じだと思います。


    チェットがまた手を出してしまったのをみて、ジェーンが潔く諦めて、彼のもとを去ってしまうところもグッときます。

    これは単純に愛想を尽かしたのか、私といない方が彼の為、と思ったのかわかりません。
    でも好きだけど離れるという選択ができた彼女がかっこいいです。


    ちなみにどうでもいいですが、僕が家でウイスキーを飲むときはチェットベイカーを流して、色んなことに思いを馳せてます。


    Prime video での配信もあと4日くらいで終わっちゃうそうなので、興味ある方は是非見てみて下さい。

    感想良かったら聞かせてください。

    画像:pixabay

  • 頂いたお金は?
    藍沢 優作

    こんばんは。
    藍沢優作です。


    お客様から頂くお金は何に使っているのか?
    お客様からセラピストにはなかなか聞きづらいと思いますが、僕が逆の立場だったら気になるなので、少しだけお伝えしようと思います。

    大きく分けて、このお仕事でのレベルアップに繋がる使い方と、完全に自分の好きな使い方の2つです。

    先にこのお仕事でのレベルアップに繋がる方。

    お仕事始めてから、これまで自分がそこまで投資してなかったことにお金を使うようになりました。
    ・体のケア。全身脱毛(というか減毛)や、肌のケア、爪の手入れ、オーラルケア、筋トレ等。
    ・一流のサービスを受ける経験。これは本当に大事だと感じてますし、今1番有意義だと思える使い方です。
    ・同じサービスを自分が受ける。これも学ぶことが沢山ありました。
    ・洋服。僕が本当に好きな服は割と女性受けしにくいものなんですが、気付いたらお客様と会う時のことを考えて服を選ぶことが増えてました。プライベートもほとんど1人でいるんで、好きな服買ってもほとんど観賞用か服を買いに行く時に着るだけなのでいいんですが。笑


    本音ベースで話をすると、きっと好きでもない仕事の為に喜んでお金を使う人っていないと思います。仕方なくする仕事なら、それはお金を得る為だけにするのであって、それにお金をかけることはしたくないですよね。

    でも僕はこのお仕事が好きです。だからこそ、そこでの成長の為にお金を使って、もっともっと良い仕事をしたいし、それによって自分自身の成長にも繋がればWIN-WINです。楽しいと思える仕事はいくつか経験しましたが、このお仕事ほど進んでお金をかけようと思える仕事はなかったので、出会えて良かったです。



    もう一つの、完全に自分の好きな使い方ですが、
    実は将来的にあることに相当なお金がいるので、通訳の仕事のお給料と合わせてずっと貯めてます。友達にも家族にも誰にも喋ったことがなくて、具体的には言えなくてすみません。

    あとは、単純に好きなことにも使わせて貰ってます。
    ・服、メガネ、靴、時計、欲しいものは尽きません。メガネは将来的には50個は欲しいです。
    ・お酒。ウイスキー大好きなので、バーで沢山飲みたいです。蒸溜所めぐりでスコットランドにも行きたいです。
    ・本。読書すればするほど見える世界が広がるので、何より有意義な使い方です。

    他にも色々ありますがこの辺で。

    人が何に1番お金を使っているか、って質問はその人の色んなことが分かって好きです。
    お会いできたら聞いてしまうかも知れませんが、嫌でなければ教えてください。

    画像:pixabay

  • 冬の温泉1人旅
    藍沢 優作

    こんにちは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。


    コロナで閉塞的な生活を送らされているせいか、今猛烈に1人旅がしたいです。
    そして気分は大正ロマンあふれる和な温泉宿。
    (まさに写真のようなところ)
    できれば北の方で、雪の中の露天風呂があるといいです。

    Go to も使えるので、せっかくなら一流のところに泊まって、楽しみつつもまたサービスを勉強してきたいと思ってます。

    沢山調べて、おおよその候補は出ました。
    超人気のところだったんですが、クリスマスらへんは空きがありそうなので、カップルに囲まれながら一人で楽しんでこようと思います。

    変な癖なのかも知れないですが、自分って寂しいなって思うとちょっと楽しくなって来るんです。笑
    だからクリスマスに行くのはむしろラッキーって気分です。

    食事は個室に案内してくれるみたいですが、それではカップル達に会えないので、夜は宿にあるらしいバーに行くつもりです。


    部屋はモダンな和室って感じで、でっかいベッドが2つに、こたつもあって、どうやって楽しみ尽くしましょう。


    旅の計画を立てるとそれまでの日々も頑張れますよね。
    行ったらまた報告させてください。


    画像:pixabay

  • 言葉の力
    藍沢 優作

    こんばんは。
    藍沢優作です。


    「体は食べたものでつくられる。心は聞いた言葉でつくられる。未来は話した言葉でつくられる」

    どこかの教祖様が言いそうなセリフですが、僕が大切にしてることです。

    自分が発した言葉の影響を1番受けているのは、他でもない自分自身です。


    辛い、つまんない、ムカつく。
    そういう言葉を言ってしまったら、1番最初に聞くのは自分です。
    そしてそれは人から言われたのと同じような影響を与えてしまいます。


    だから僕は、そういうことはなるべく言わず、ポジティブな言葉を無理やりでも口に出すように心がけてます。

    脳って不思議なもので、そうやって言ってると本当に勘違いしてくれます。


    今日みたいな快晴の日には、「最高の天気で気持ちいいなあ」
    1日仕事を終えたら、「今日もよく頑張ったな」
    何か仕事でうまくいけば、「俺って天才だわ」
    髪のセットが上手くいけば、「かっこいいな俺」
    (恥ずかしいこと書きましたが、一人で何を言おうが自由です。ナルシストになるくらいの方がいいと僕は思います。)

    会社や街中でも、人に聞こえないよう小声で言ったりもします。笑
    とにかく心の中で思うだけではなく、頭で思って口で言って耳で聞くのが大切です。
    そうすることで、どんどん考えが前向きになってくると僕は感じています。
    嘘だと思ったらぜひ実践してみて欲しいです。



    (本当に教祖様みたいな事を言いましたが、正直僕はこれを完全には実践できてません。
    素晴らしいことですが、ちょっと理想論すぎるかも知れません。

    余裕がない時や、落ち込んでいる時に、今日も生きてて幸せだ、なんて思えませんし、
    無理矢理口に出す気にもなりません。

    そんな時は、ひたすら愚痴るでも、お酒に頼るでも、買い物しまくるでも、とにかく寝るでも、あるいは僕たちのようなサービスを利用するでも、なんでもしていいと思います。
    とにかくどうしても無理な時は、溜め込まないようにして欲しいです。)


    画像:pixabay

  • 匂いと相性
    藍沢 優作

    こんにちは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。


    異性との相性って、色んな要素がありますが、中でも匂いは特に重要だと思います。

    お客様とお会いする時は、基本的にお互いにシャワーを浴びますが、それでも肌の匂いってします。

    僕はその肌の匂いがとても好きなんです。
    なんというか、女性らしくて、母性を感じるぬくもりがあって、生きてるんだなって感じられる匂いというか。


    香水とか柔軟剤の匂いも良いですが、生身の人間が発する匂いって、人間にとっては1番心地良いように出来てるんだと思います。


    あと、頭皮ってその人の匂いが特に特徴的に現れると思います。

    立ってハグした時とか、貴女の頭に鼻をくっつけて匂いを嗅いじゃいます。
    (写真の感じ)
    シャンプーのいい香りがするのも良いし、その人らしい匂いがするのももっと良いです。


    なんだか匂いフェチみたいになっちゃいましたが、そうではないです。
    (と自分では思ってます)

    画像:pixabay

  • 中身を見て
    藍沢 優作

    こんばんは。
    藍沢優作です。


    僕が人生でずっと悩んで苦しんできたこと。
    それは、外見で自分のことを判断しないで欲しい、ということです。


    特にほとんど喋ったことがない人から、言われてショックだったと今でも覚えている言葉がいくつかあります。

    「苦労したこと無さそう」 
    「お坊ちゃんっぽい」
    「ただのイケメン」
    「なんかスカしてる」
    「遊んでそう」

    (イケメンとか書きましたが、大したものではないし、アピールのつもりは無くて、僕がどう感じてきたかを伝えるための事実として書く必要があったので。気分悪くされたら申し訳ないです。)



    10代の頃は自分に自信もなく、何か自分の武器になるものを身に付けて、中身のあるかっこいい人間になりたいとの思いで、ひたすら勉強をしました。
    いい大学に入れば箔がつくとか、学歴や肩書が大事という浅い考えだったかもしれません。
    今となっては、学校の勉強程度で中身のある人間になれるという考えが、まさに中身がない人間と思えますが。


    結果行きたかった大学に行くことが出来、周りの友達も、大人達も評価してくれて、とても自信がついたのを覚えています。


    ところが大学に入ると、自分よりすごい人間がゴロゴロいることに気づきます。
    やっぱり自分って大したことないないのかな、と自信喪失でした。

    上に書いた言葉のほとんどは大学の頃に言われたのですが、どれもとてもショックでした。
    1番嫌だったのは、「ただのイケメン」です。


    全国の大学生と交流する勉強合宿みたいなイベントがあり、参加したのですが、キレッキレのエリートみたいのが山程いて、彼らと比べられての発言でした。
    しかも女性に言われたので、かなり傷を負いました。

    優秀なエリート達と比べたら、僕なんてちっぽけですが、努力してきた自負はあるし、僕なりに色んな経験もしてきました。
    でもそう見られてるんだと思うと、悔しくてたまらなかったです。



    最初に話を戻すと、
    残念ながら、自分はこういう人間なんだぞ、と思っても、他人からどう見られてるかはわかりませんし、ましてやそれをコントロールするなんてできません。
    人の心は読めないし、過去を全部知ってる訳じゃないんだから、仕方ないことだとは思います。

    でも、特に中身をちゃんと見てくれないのは、とても悔しいし悲しいことだと、僕は理解してるつもりです。


    僕も人間なので、どうしても相手の外見から何かしらの先入観を持ってしまうこともあります。

    でも、それは相手にとってとても失礼なことです。
    なるべくまっさらな頭で、会話内容や表情を通じて、相手のことをしっかり見るということを常に忘れないでいたいです。


    画像:pixabay

  • オーラルケア
    藍沢 優作

    こんにちは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。

    新庄剛志みたいな歯にしたいです。

    冗談はさておき、(本気ですが)
    お口のケアって、清潔感の最重要ポイントの一つですよね。

    元々気にしてる方でしたが、このお仕事を始めてからは、さらに色々買い揃えてケアしています。最近は歯ブラシをフィリップスのソニッケアーに買い換えました。(もろ商品名)

    電動歯ブラシで5分くらい磨き、フロスをして、マウスウォッシュ、という普通のことですが、朝晩必ずやっています。 

    ベッドでゴロゴロしてて眠くなっちゃった時とか、飲んで帰った時とか、寝てしまえという悪魔の囁きが聞こえることもありますが、決して負けません。


    ホワイトニング興味あるので、おすすめのクリニック?とか、自宅で出来る方法ご存知の方、ぜひ教えてください。


    画像:pixabay

  • 英国愛
    藍沢 優作

    こんばんは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。


    外国(語)が好きです。
    そんなに多くもないですが、色々な国に行きました。

    でも、外国に行ったことがない時からずっと変わらず、僕の中でのナンバーワンは、イギリスです。

    きっかけは明確に覚えてます。
    みんな大好き、ハリーポッターです。
    でもハリーポッターへの愛は、また後日。


    実は初めて行った外国が、イギリスです。
    高校生の頃、イギリスのある大学で高校生向けの短期留学のプログラムがあったので、選考を受けて参加しました。

    夜に空港につき、そのままその大学にバスで行ったのですが、見える景色がまさにハリーポッターで、夢のような気持ちだったのを覚えてます。

    しかもいきなりウェルカムディナーで、これまたハリーポッターのような長ーい机がいくつか並んでるホールで食事をしました。
    教授陣も、皆長いローブみたいのを着ていて、ス○イプみたいでした。
    いきなり夢が叶っちゃった、って感じでした。


    その大学はかなり伝統のあるところで、カレッジと呼ばれるキャンパスがいくつもあって、それぞれが歴史を感じる素敵なところばかりでした。
    (写真は引用ですが、本当にここで勉強しました。)


    当時は英語があまり喋れなかったので、観光にさえ苦労しましたが、それはそれで楽しかったです。
    マックでナゲットを頼んだら、20個出てきちゃったのをよく覚えてます。笑


    イギリスの本当に好きなところは、まだまだ沢山あって、
    歴史
    英語のアクセント
    古き良きものを大切にする文化
    ドレスもカジュアルも含めたファッション
    紳士道とパンクという両極端が並存するところ
    ウイスキー

    などなどキリがないので、いつかまた語らせてください。



    画像:pixabay

  • Nextミシュラン
    藍沢 優作

    こんばんは。
    藍沢優作です。


    先日六本木のフレンチにてミシュランデビューを果たしたのですが、料理はもちろん、サービス面もとても勉強になり、良い投資だったと感じてます。

    もっともっと経験を積んで成長したいと思っていて、次は日本食の一流に触れてみたいと考えています。


    ですがお店を全然知らないので、お力をお貸し下さい。

    東京近郊で、一流の日本食を味わうことができて、できればランチがあって気楽にトライ出来るところ。
    ミシュランの星にはこだわりませんが、味だけでなく、サービスも一流のところが理想です。

    いいお店をご存知の方は、TwitterのDM等でぜひ教えてください!


    今回も1人で行く予定なので、1人で入りやすいところだと尚助かります。
    (もちろん一緒に行って頂ける方がいれば嬉しいですが、、)


    画像:pixabay


  • 情緒不安定
    藍沢 優作

    こんにちは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。


    人間の感情って、海のようだと思います。
    なんて穏やかなんだと思うくらい、波一つ立たない時もあれば、もう荒れて荒れてどうしようもない時もあります。


    僕自身、調子が良い時は「こんなに感情をコントロール出来て、自分は大人だなあ」なんて恥ずかしい勘違いをしてしまうこともありますが、

    気持ちが沈んでいる時は、何も手につかなくて、でも世界は回り続けていて、現実逃避は出来ず、永遠に家で寝ていたい、と思うことも時々あります。


    人生経験により、喜怒哀楽はある程度コントロールできるようになると思いますが、
    人間をやっている以上は、どうしても平穏でいられなくなる時が、誰しもあると思っています。


    しかも女性の心は、脳を含めた体の構造が違って、男性の数倍は変わりやすいようです。
    一生体験は出来ないのでわかったようなことは言えませんが、そういう実感はあります。

    男性の僕でさえ、この心の浮き沈みに四苦八苦しているのに、女性はどうやって日々を生きているのか、とても興味があります。




    少し逸れましたが、情緒不安定なのは当たり前だと思うし、僕はそれを直す方法を知りません。

    不安定な時に、鳥になって客観的に自分のことを眺め、落ち着いて対処出来れば良いですが、いざとなるとなかなか難しいと思います。

    だから、どうにかしようとせず、諦めて不安定な情緒と共に生きていくしかないです。


    僕は、個々の人間が、何によってどう心を動かされたか、に興味があります。
    一般論とか、傾向とかはどうでもよくて、あなたという個人がどう感じるのか、なんでそう感じるのか、を知りたいです。

    自分の感情をコントロールできなくて、誰かにぶつけたい、受け止めて欲しい。
    そんな時は、是非お話聞かせてくれたらとても嬉しいです。



    【出勤日時】
    変更の場合もありますが、下記が基本の出勤予定です。

    火、金の19:30〜23:00
    土、日、祝日の14:00〜23:00
    (平日の前日以外お泊りも可)

    それ以外でも事前にご連絡頂ければ調整可能な場合もあります。
    Twitter: @TaCIT_yusaku
    もしくはお店までお気軽にお問い合わせください。

    画像:pixabay

  • 手を繋ぐ
    藍沢 優作

    こんばんは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。


    日常で手を繋ぐ機会って、意外とないですよね。
    手を繋ぐと落ち着くし、なんだか青春な感じがするし、僕は好きです。


    手を繋ぐと言っても、シチュエーションや繋ぎ方、相手からの反応によって、意味合いや伝わってくるメッセージは様々ですよね。
    そういう意味ではキスと似てるかもしれません。

    一緒に歩いている時はちょっと遠慮気味にソフトに繋いでいるけど、イチャイチャしている時に、僕が握ってる手に、堪えるようにぐっと力を入れられたりすると、かなーりドキッとします。


    個人的には、僕の手が大きいので、女性の小さい手に覆いかぶさるように握るのとか好きです。
    女性の小さい手って、すごく可愛らしく感じてしまいます。

    あと歩いている時は断然恋人繋ぎが好きです。


    皆さんはどんな手繋ぎが理想ですか?


    画像:pixabay

  • 一流のサービスを体験して
    藍沢 優作

    こんばんは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。


    先日初めていったミシュランの星付きフレンチレストラン、Ryuzuで受けたサービスの感想を少しだけお話させてください。
    もちろん料理自体が最大のサービスなわけなので、それ以外の部分についてです。


    全体的な感想としては、想像してたよりはお堅くなく、肩肘張らなくていい感じでリラックスできました。



    僕が案内されたのは、カウンターの1番端の、スタッフの方々の人通りが1番ある席でした。

    さらに厨房が目の前にあって、目からも耳からも色んな情報が入ってくるので、面白かったです。

    厨房では、お客さんより多いんじゃないかってくらいの方が働いていて、とても忙しそうでした。


    特に印象的だったのは、お皿を一枚一枚照明に当てて、汚れがないか確認しながら磨いていたのと、

    隅っこで、新人さんと思われる10代にも見える青年が、何もせずひたすら立って厨房を眺めていました。



    ホールスタッフの方達は、みんなダークネイビーのスーツに無地のネクタイをしていました。
    (制服なのか自前なのか、そういうの気になります。)


    服装に反してフランクな方が多く、僕が初めてですと伝えたら、親身に色々教えてくれました。



    話を戻すと、行く前は、背筋を曲げることすらできないような、緊張感のある雰囲気を勝手に想像していましたが、いい意味で裏切られました。

    フレンチと言っても、お店によってカラーはあると思いますし、Ryuzuがそういうスタイルだった、というだけですが、僕的には安心できて良かったです。


    僕が提供するサービスの話をすると、
    初めてお会いするお客様は、写メ日記などから、僕という人間のイメージを何かしら持たれていると思います。

    実際に会ってみて、イメージ通りか、いい意味でイメージと違ったのであれば問題ないですが、悪い方向のギャップだとがっかりするはずです。
    イメージにどう応えるべきか、色々と考えさせられました。

    他にも、お客さん目線から、サービスのどういうところに注目してるのかも再認識できました。


    色んな事を学べたと思うので、これからのお仕事に活かしていければと思います。


    画像:pixabay

  • 愛しい君へ
    藍沢 優作

    こんばんは。
    藍沢優作です。

    くだらなくてすみません。
    僕の愛するパートナーです。
    初めてみた瞬間に一目惚れしました。
    美しさ、写真で伝わってますかね?


    とろけるような光沢がある生地、太くて存在感のあるフレーム、ヴィンテージらしいオレンジともブラウンとも言えない絶妙な色。

    光に当たっていると、神々しささえ感じます。

    興味ない人からしたらただのメガネかも知れませんが、僕にとっては宝物です。
    一生手放しません。

    眺めていると、歩んだきた何十年もの歴史が伝わって来るような奥深さがあります。


    僕が買った時は、まだ頑張れば手に入る値段でしたが、今は希少価値がさらに上がり、ヨーロッパまで行けちゃうんじゃないかくらいの値段になっているそうです。


    写真は、メガネが作られた当時のブルーのガラスレンズが入ってますが、それだと普段は使えないので、別のレンズに取り替えてます。
    サングラスで登場することはないのでご安心下さい。


    それではまた明日から1週間、頑張りましょう。

  • 料理の感想
    藍沢 優作

    こんばんは。
    藍沢優作です。

    先程行ってきます宣言しましたが、初めてミシュランのフレンチに行って来ました。

    こんなコース内容でした。
    (お店HPから一部引用)

    ・アミューズ ブーシュ
    ・雲丹 帆立と浅利のフラン 軽やかなセロリラヴのエスプーマと共に
    ・柔らかなアオリ烏賊のソテーを茄子とズッキーニに乗せて チョリッソのソースで
    ・鴨フォアグラのソテー 黒イチジクにグアンチャーレを添えて
    ・本日の魚料理(鯛と落花生と不思議な黒いキノコを添えて?)
    ・山形牛 ランプ肉 季節野菜のソテーを添えて
    ・アヴァンデセール(梨シャーベットと紅茶ゼリー?)
    ・フォンダンショコラ 宇和ゴールドの酸味と共に ヴァニラのグラスを添えて
    ・食後の飲み物とミニャルディーズ


    どれも僕にとっては初めての味ばかりで、めちゃくちゃ美味しかったです。
    特に2つ目の雲丹とセロリのフランが衝撃を受けました。


    全部120点で顎が外れるほど美味しいのかも、と期待しすぎていたのもありますが、
    正直に言って、95点くらいのものも少しありました。
    フォアグラってこんなにオイリーだったっけ?美味しかったですけど。
    偉そうにすみません。多分僕の舌が開発されてないからだと思います。

    でも、期待値が高すぎる為に、それをちょっとでも下回ったときにどう感じるか、また1つ勉強になりました。


    あと、食器がどれも本当に素敵でした。
    金や銀が入ってるのが多く、少し聞いたら、メッキを施して、その上から鹿の骨を砕いた粉でこすって表情をつけた、と言ってました。
    鹿の骨って、、、すごいですね。

    とりあえず料理の感想だけですが、本来の目的は一流のサービスを体感することです。


    色々と思ったこともあるので、まとまったら後日ご報告させてください。


    P.S. ネットで、そういうレストランではスマホをいじるのは失礼、と見たので、写真は何も撮りませんでした。(常識?)
    カウンターだったので、ひたすら調理場を見てましたが、そこでも色々面白いこともありました。


    画像:pixabay

  • ミシュランの朝
    藍沢 優作

    こんにちは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。

    一流のサービスを体感しようと思って決めたミシュランデビュー。
    今日これから行ってきます。ランチですが。


    とにかく美味しいものが食べられるんだというワクワク。
    初めてだし、色々わかってなくてお店の人に馬鹿にされないかな、という不安。

    色んな事を感じますが、今1番感じているのは、
    「どうやって僕を楽しませてくれるのかな」
    という期待です。

    それなりの金額を払って行く以上、満足させて欲しいと願うのは当然だと思います。


    女性向け風俗に話を移すと、
    セラピストに会おうと思っていただけるお客様も、これに近い感情を抱いているんじゃないかな、と想像します。

    もっというと、満足させてくれるのは当然で、どんな期待以上の喜びを貰えるんだろうかという楽しみも出てくると思います。


    やっぱり何かのサービスを受けると、サービスを提供する人間にとってはとても勉強になります。

    味の感想も、サービスの感想も、後日お伝えできればと思います。

    では行ってきます!

  • 本当に楽しい会話とは?
    藍沢 優作

    こんばんは。
    藍沢優作です。

    皆さんにとって、してて楽しいな、幸せだなと思える会話っでどのようなものですか?


    相手に楽しんで貰うためには、自分の話は程々に、とにかく相手の話を聞くこと、というアドバイスを良く聞きます。

    確かにその通りだと思います。
    興味のない話を聞かされるのは苦痛ですし、自分の悩みなどを聞いてくれるのは嬉しいことです。



    でも、話を聞いて貰ってスッキリはする部分もあると思いますが、それだけでは楽しくないと思うんです。
    聞いてくれるのと同じくらい、相手が話してくれる喜びというのもあります。


    それは単純に相手のことを知りたいから、というのもありますし、
    相手が自己開示をしてくれると、心の距離が縮まるし、自分のことを信用してくれてるような気がして嬉しいです。




    このお仕事をする上では、最初はお客様のことをあまり知らない事が殆どで、

    ・どんな人生を送ってきたのか
    ・人生で特に辛かったこと、嬉しかったことは?
    ・何でこのサービスを利用しようと思ったのか
    ・普段どんな悩みを抱えているのか
    ・1番幸せを感じる時間は?


    聞きたいことは無限にあるので、ずっと話を聞かせて欲しいくらいです。

    でもお客様が話すだけでは、2人の心の距離は縮まらず、本当に濃い時間は過ごせないと思います。



    だから僕は、お客様と話すときは、出来るだけコンパクトに自分のことを伝えようと意識しています。あくまでコンパクトに。

    会社勤めもしているので、言えない事もありますが、言える範囲で本当の事をお話ししてます。

    僕が自分の事を話すと、お客様もより自分のことを話しやすくなるし、好循環が生まれ、より濃い時間になると思います。



    限られた短い時間の中で、どれだけ濃い時間を過ごせるか。
    永遠の課題ですが、これからも色々と工夫していこうと思います。


    画像:pixabay