猫様〜|藍沢 優作(TACIT)|写メ日記

TACIT

東京/性感マッサージ/東京、神奈川、大阪、関西

"女性向け風俗ポータル『Kaikan』を見た"とお伝え下さい!

藍沢 優作@写メ日記

藍沢 優作

藍沢 優作  (27)

プロフィールを表示

93 件中 1 - 20 件目表示
  • 初めて漫画買いました
    藍沢 優作

    こんにちは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。


    27年間生きてきて、買ったことのある漫画はドラえもんだけです。
    ワンピースも、ナルトも、ドラゴンボールも(他に何があります?)、何にも知らないまま生きてきました。

    漫画が嫌いな訳ではなく、ただただ機会がなかっただけなんですが。
    これだけ長く買わなかった為、漫画を買ったことがない、と言えなくなってしまうから、
    みたいなしょうもない意地が出てきてしまい、さらに買えなくなっていたのもあります。笑


    鬼滅の刃、アニメを見て当たり前のようにどハマりし、先日映画も観に行きました。
    このペースではアニメが完結するのは何千年かかるのか、と思い、勢いで買ってしまいました。

    仕事のある前日に読み始めてしまったのが悪いんですが、お陰様で大寝不足です。


    皆さんはどの柱がお好きですか?

  • のんべえ
    藍沢 優作

    こんばんは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。


    飲みに行くのが大好きです。
    飲み会がある日の仕事はとても捗ります。

    お酒を飲みながら人とお話しするって、何であんなに楽しいんでしょう。


    でも、1人で飲む方がもっと好きです。
    赤提灯の個人店みたいなとこも行くし、トリキも行くし、ちょっといい感じのバーにも行きます。

    ボケーっとしたり、ちょっとした考え事をしたり、読書をしたり、お酒をじっと見つめたり。
    でも1人で飲んでるときは、なるべくスマホはいじりません。

    写真は、渋谷にある小さな居酒屋で、こないだ行ってきました。
    このおばんざいの盛り合わせ、見た目も味も素晴らしかったです。

    カウンターで日本酒を飲みながら、とても良い時間でした。


    都内でおすすめバーや居酒屋、ぜひ教えてください。
    もちろん一緒に行くのも喜んで。

  • キスという言語
    藍沢 優作

    「この世界で唯一の本当の言葉は、キスである。」


    こんばんは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。


    キスはある意味言語と言える思います。
    それだけ沢山のことを伝え、受け取ることができます。


    初対面で挨拶をする様に、最初は軽く触れるくらいのキスをする。

    今度は少し長い時間唇を重ね合わせ、お互いの自己紹介をする。

    そこから少しずつ相手に質問をする様に、探り探り色んなキスをしてみる。
    聞かれたくない質問だったかな、と思ったら、また一歩引いてみる。

    そうやって徐々に距離を縮めていって、最後にはお互いの素の姿をさらけ出せる関係になる。
     


    言葉で行うコミュニケーションと、キスによるそれは、とても似ていると思います。 

    好きじゃない人に、自分の深い姿は見せたくないのと同様に、深いキスはできませんよね。



    ましてや、キスで伝えられる情報量、というか感情量?は言葉よりも大きいこともあります。

    もしかしたら言葉よりキスの方が素直に気持ちを伝えられることもあるかもしれません。

    言葉で嘘はつけても、キスは嘘つけませんから。



    初めて会って、まだお互いに少し距離がある状態から、自分を受け入れてくれたんだな、と感じられるキスをされると、幸せな気持ちになりませんか?

    僕はものすごく嬉しい気持ちになります。 
    だから僕からもそういうキスをしたいです。


    ということで、今日から一つ言語が増えてマルチリンガルセラピストに昇格しました。



    【出勤日時】
    変更の場合もありますが、下記が基本の出勤予定です。

    火、金の19:30〜23:00
    土、日、祝日の14:00〜23:00
    (平日の前日以外お泊りも可)

    それ以外でも事前にご連絡頂ければ調整可能な場合もあります。
    Twitter: @TaCIT_yusaku
    もしくはお店までお気軽にお問い合わせください。

  • チャームポイント
    藍沢 優作

    こんにちは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。


    今日はチャームポイント、というか僕の身体の特徴をいくつか紹介してみようと思います。
    ウザいアピールみたいになってしまったら大変恐縮ですが、顔出しもできないので少しだけお付き合い頂けたら嬉しいです。

    お客様から褒めて頂いたところもあれば、自分で勝手にチャーミングだと思っているだけのところもあります。

    ●手
    手、というか体全体が温かいです。
    マッサージの時の手が温かいので、冷えた手足もすぐに暖まっちゃいます。
    指も結構長くて、あとちょっとでドからファまでギリギリ届くくらいです。

    ●唇
    よく柔らかいと言われます。カサカサにならないようにワセリンを常備して常に塗りまくってます。

    ●身長
    タシットNo. 1、では残念ながらないです。
    こないだ会社の健康診断で測ったら、2ミリ伸びてて、180.2、でした。
    まだ伸びると信じて沢山睡眠をとります。

    ●筋肉
    ゴリマッチョではないですが、締まってはいます。特に胸筋と腹筋と肩幅は自信あります。腕相撲はゴリさん以外には負けたことありません。


    ここで書ける事はこのくらいです。
    ちなみに顔はベビーフェイスと言われます。
    どちらかといえば薄い顔です。
    本当は竹野内豊のような顔になりたいのですが、、



    【出勤日時】
    変更の場合もありますが、下記が基本の出勤予定です。

    火、金の19:30〜23:00
    土、日、祝日の14:00〜23:00
    (平日の前日以外お泊りも可)

    それ以外でも事前にご連絡頂ければ調整可能な場合もあります。
    Twitter: @TaCIT_yusaku
    もしくはお店までお気軽にお問い合わせください。

    画像:pixabay

  • 一緒にお風呂に入る幸せ
    藍沢 優作

    こんばんは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。


    寒いですね。
    僕は365日湯船に浸かる派です。
    浸かってる時間は基本読書をしています。
    風呂の湿気と汗で大体本がびしょびしょになってしまうんです。


    そんなことはどうでもいいんですが、特に寒い季節に一緒にお風呂に入るのって、とても幸せじゃないですか?

    僕はとても幸せに感じるので、お会いした時は、もし嫌でなければ一緒に湯船に浸かりたいです。

    向かい合うのも、僕が後ろに回ってハグする感じもどっちも好きです。

    お風呂で肌をくっつけながらお話するのって、なんかいいですよね。
    やったことないんですが、ワインかシャンパンをグラスに入れて飲みながら、とかやってみたいです。
    (まさに写真の感じ!)


    とは言ったものの、実は明るいところで一緒にお風呂に入るのは結構恥ずかしいです。
    なのでできれば少し暗くさせて貰えるとありがたいですが、明るくしてと言われたら頑張ります。



    画像:pixabay

  • 人の気持ちがわかる?
    藍沢 優作

    こんばんは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。



    これをしたら、これを言ったら、相手はどう感じるか。
    を想像することって、コミュニケーションの基本ですよね。

    セラピストの仕事だけでなく、すべての仕事において、相手の気持ちを想像する力がない人=仕事が出来ない人、と言っても過言ではないと思います。

    なーんて偉そうに言いましたが、僕は自分の想像力が優れているなんて1ミリも思っていません。

    年齢を重ねるほど、人の感情って難しいし、色んな価値観がありすぎて、ますますよくわからなくなってきたようにも思います。

    何度か言っていますが、他人のことなんて正しく理解できる訳ないと僕は思っています。



    でも、人の気持ちを想像して、理解しようという姿勢は、良い人間関係には絶対に必要です。

    このお仕事を始めてから、人の気持ちを想像する力、その姿勢の大切さを日に日に強く感じています。

    同じ言動でも、人によって感じ方は当然異なります。
    ある人には喜んでもらえたことでも、別の人からは逆に嫌悪感を抱かれてしまうことだってあります。

    だったら何でもかんでも、「これはどう思う?」って聞けばいいかと言うと、そういうわけにもいきません。


    だから、時には間違ってしまうかもしれませんが、
    こうしたら相手はこう思うかもしれない、っていう想像力を常に働かせながら、
    一人一人全く違う人間に対して向き合っていきたいと思います。



    画像:pixabay







  • 髪切りました!
    藍沢 優作

    こんばんは。
    藍沢優作です。

    いや、元の髪型を知らんわ、って思いますよね。
    しかも特に変わった髪型でもないし。

    でも一応報告だけさせてください。

    ちなみに、何事もクラシック志向な僕は、パーマをかける時以外は、美容院ではなく、バーバーに行きます。
    すみません格好つけました、床屋に行きます。

    最近は本当にお洒落な床屋が増えてきて、嬉しい限りです。


    髪型は会社に出勤する時は七三分けかセンター分けがほとんどです。
    セラピストのお仕事の時も大体同じです。
    (もちろんリクエスト有ればお応えします)


    27年間黒髪一筋できましたが、もしなんでも許されるなら、金髪ベリーショートにしてみたいです。


    それでは明日からまた1週間頑張りましょう!



    【出勤日時】
    変更の場合もありますが、下記が基本の出勤予定です。

    火、金の19:30〜23:00
    土、日、祝日の14:00〜23:00
    (平日の前日以外お泊りも可)

    それ以外でも事前にご連絡頂ければ調整可能な場合もあります。
    Twitter: @TaCIT_yusaku
    もしくはお店までお気軽にお問い合わせください。

  • 猫様〜
    藍沢 優作

    こんにちは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。


    やっぱり僕は完全なる猫派です。

    夏に見つけて撮って、誰にも見せずに秘めていた、とってもお気に入りの写真をお見せします。

    めちゃくちゃ暑い日だったからだと思うんですが、油断してゴロゴロしてて可愛すぎませんか?

    猫ならどんな姿でもいいんですが、こういうだらーっとしてる姿が1番好きです。



    ちなみに女性に対しても似たような感覚で、気を抜いてベッドの上とかでゴロンとしたり、寝ている姿がとても好きです。
    無防備な姿に癒されます。

    外ではビシッとしてる人ほど、そのギャップに尚更かわいく見えてしまうんです。

  • 価値ある無駄遣い
    藍沢 優作

    こんばんは。
    藍沢優作です。

    最近読んだ面白いエッセイをまた紹介させて下さい。

    編集者、エッセイスト、バーマンである島地勝彦という人の著者です。

    毎日シングルモルトウイスキーを飲みながら、葉巻を燻らせている、僕の好きなタイプのおじさんです。笑


    一部引用します。
    ——————————————————-
    「節約」「貯金」だけの人生でいいのか?
    思い切り無駄遣いして、センスを磨け。
    お金は使ってこそ、はじめて「武器」となるのだ。

    人生の肥やしとなる無駄遣いは、自ら進んでするべきだ。
    無駄遣いの喜びと、”知る悲しみ”を知ることで、センスは確実に磨かれる。
    そしてセンスよく使ったお金は、必ず何倍にもなって手元に戻ってくる。
    その繰り返しこそが、豊かな人生を築く礎となる。
    ———————————————————

    とても共感します。
    特に若いうちは、ちょろちょろと貯金するくらいなら、お金を使って得られる経験の方がずっと大事です。


    僕はこれまで、身につける「モノ」と「勉強」にはお金を沢山使ってきました。
     
    モノに関しては、大学生の頃、少ないバイト代で服、靴、時計、スーツととにかく沢山買いました。
    その為に昼ご飯を抜いたり、飲み会も殆ど行きませんでした。笑



    勉強については、読書にもかなり投資しましたが、1番お金をかけたのは留学です。

    自慢のようで大変恐縮ですが、勉強は沢山してたので、給付型の奨学金の選抜試験を受け、留学先の国からある程度のお金を貰う事が出来ました。

    ですがそれだけでは家賃や食費までは賄えないので、それまでの自分の貯金を全部使ってやりくりしました。
    自分のお金で勉強しているわけなので、より一層身が入る、という効果もありました。


    その結果、お金を使った分野に関しては、沢山の知識も得られたし、本当に価値のあるものを見分ける選球眼が備わったと思います。

    でもまだまだ僕にはわからない世界が、世の中には沢山あります。
    中でも、これからの人生でお金を使って経験したいのは、「食」と「芸術」です。

    食べてみたいもの、飲みたいお酒は沢山ありすぎるので、渡部建目指して頑張ります。

    芸術に関しては、特に日本文化に疎く、あまり触れてこなかったので、歌舞伎、能、落語はとりあえず見てみたいです。
    あと着物と茶道にとても興味があります。



    ある人が何にお金を使ってきたかを知ると、その人の事を少し知れるような気がします。

    貴女がお金をかけてきたもの、そしてその世界をぜひ僕にも教えて下さい。




    【出勤日時】
    変更の場合もありますが、下記が基本の出勤予定です。

    火、金の19:30〜23:00
    土、日、祝日の14:00〜23:00
    (平日の前日以外お泊りも可)

    それ以外でも事前にご連絡頂ければ調整可能な場合もあります。
    Twitter: @TaCIT_yusaku
    もしくはお店までお気軽にお問い合わせください。

  • ギリシャ旅行記
    藍沢 優作

    こんにちは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。

    こんな雨の日には、明るい気分になって頂ければと思って、昔した旅行の思い出話をさせて下さい。

    これまでに行った国の中で、特に印象に残っているギリシャでの思い出です。

    留学中に知り合った友達と二人で行ったんですが、多分結構変わった楽しみ方だったと思います。


    ギリシャといえば、パルテノン神殿をはじめとする有名な世界遺産も沢山ありますが、2人とも皆が行くような所には全然興味のない人間でした。
    なのでそういう観光地には一切寄らず、アテネに着いてすぐにマイナーな島に船で行きました。

    そこで1週間程エアビーで宿を取ってたんですが、マイナーなので何にも見るところもなく、毎日やる事がありません。なので、

    昼前まで寝て、
    起きてすぐギリシャ風のケバブを食べに行き、
    デザートでピスタチオのアイスを食べ、
    午後はビールを飲みながらビーチで寝っ転がり、
    ウニや貝をそこら辺で取って、
    魚や野菜は市場で調達して、
    帰ったらそれらを調理をして、(料理がプロ並みにうまい友達でした)
    スーパーで買った現地の安い白ワインを飲みながらご飯を食べ、
    夜は散歩したり飲んだりして、おやすみなさい。

    って言うめちゃくちゃ優雅な楽しみ方をしてました。
    (ちなみにウニはほぼ身がなくて激マズでした)

    今考えると、仕事も勉強も考えなくていい、なんて幸せな時間だったんだろうなと思います。


    コロナでお預けになってますが、早くまた海外に行きたいですね。
    南米は行ったことがないので、ウユニ塩湖とかに行ってみたいです。



    写真はその島で撮った民家です。
    白と青のまさにギリシャ!って感じの色合いですね。

  • 性病検査結果【陰性】
    藍沢 優作

    こんばんは。
    藍沢です。

    検査結果をご報告致します。
    全て陰性です。

    ところで免疫って大事ですよね。
    性病も、コロナも、インフルも、結局免疫力が優れていればかかりません。

    僕は免疫力にはそこそこ自信があります。
    ちゃんとご飯を食べて、筋トレもして、発酵食品食べて、サウナも行って、そしてしっかり睡眠をとってます

    あとは小さなことに幸せを感じて、ストレス少なく生きられるよう意識しているので、それも大きいと思います。


    なんですが、冬用の布団をかけて寝ていると、毎晩100%の確率で汗だくになって一回は目覚めてしまいます。
    代謝が良すぎるのか、悪夢を見ているのか。

    そして布団をはだけて涼しくなりながらまた寝てしまって、翌朝風邪を引いてしまう、ってことが時々あります。


    自分が出来ないからなんですが、睡眠をとってない方は本当に心配になってしまうので、どうかしっかりと寝てくださいね。

  • ホスピタリティとは
    藍沢 優作

    こんにちは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。

    先日、タシットの長瀬さん、黛さんと会ってきました。
    (右から黛、長瀬、藍沢)


    身内自慢は程々にしたいのですが、少しだけ。
    テクニシャンと言われる2人ですが、その根底には本物のホスピタリティがあるんだと思います。
    話をしているだけでそれを感じます。

    お客様に喜んでもらいたい、という気持ちが強いからこそ、
    その為にはどうすればいいかを常に考えて、それがテクニックの高さや、お客様からの人気、信頼に繋がるのだと思います。



    トップクラスのセラピストで、人生の先輩でもある2人ですが、今後も時々会えれば、良いところを色々盗ませて貰いたいと思います。

    色んなお話して、自分に足りない部分は何か、逆に自分にしか提供出来ない価値は何か、改めて考える良い機会にもなりました。



    P.S.
    ちなみにミシュランデビューをしようと思ったのも2人の影響です。
    一流のサービスを受けてきたからこそ、それを提供できるんだなと感じました。

    あと、黛さんの青髪は予想以上に洗練された雰囲気で良かったです。




    【出勤日時】
    変更の場合もありますが、下記が基本の出勤予定です。

    火、金の19:30〜23:00
    土、日、祝日の14:00〜23:00
    (平日の前日以外お泊りも可)

    それ以外でも事前にご連絡頂ければ調整可能な場合もあります。
    Twitter: @TaCIT_yusaku
    もしくはお店までお気軽にお問い合わせください。

  • 脱毛行ってきました
    藍沢 優作

    こんばんは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。

    全身脱毛検討中、とこないだ日記に書きましたが、早速第一回目行ってきました。


    やってみて初めて脱毛の苦労がわかりました。
    脱毛している人に対する見方も変わりました。
    甘くみていてすみませんって感じです。

    まず自分で全身シェービングするのが大変です。
    難しい箇所も多く、何回か肌を切ってしまいました。

    施術は、あんなところやこんなところも見られて、かなり恥ずかしいです。
    僕の行ったところは、女性の施術師の方だったので尚更というのもありますが。

    そして思っていたより遥かに痛かったです。
    産毛の箇所はいいんですが、太い毛の部分は冷や汗が止まらないくらいの痛みでした。

    また行くのが少し億劫ですが、貴女とお会いした際にちょっとでも滑らかな肌を感じて貰えるよう、早めに完了させたいと思います。



    最初は全体的に薄くなるくらいでいいかなと思ってましたが、全身ツルツルにする男性も結構いるらしく、それもありかなと思ってきました。
    毛がある方が男らしい、なんてもう古いかもしれませんね。

    女性の皆様、ぜひDM等でご意見聞かせてください。



    画像:pixabay

  • 奇跡のトンカツ
    藍沢 優作

    こんばんは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。


    ベストオブトンカツ決定。

    先日の日記で「孤独のグルメ」というドラマをご紹介しましたが、そこで登場した、埼玉県上尾のトンカツ屋さん。
    「キセキ食堂」という名前のお店です。

    ドラマを見てからずーっと頭から離れず、ついにこないだ行ってきました。

    予約をして行ったから入れたのですが、行列ができていてすごい人気です。


    圧倒的な見た目ですよね。
    グルメリポート難しいんですが、めちゃめちゃ柔らかいハムみたいな感じ?
    美味しすぎてひとかじりでご飯一杯は食べられます。

    調子に乗ってご飯おかわりしすぎたので、歩けないくらいお腹パンパンになりました。

    トンカツの概念をひっくり返したい方、是非行ってみてください。

  • ソリッドスタイル
    藍沢 優作

    こんばんは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。


    ソリッドとか気取った形容詞を使ってますが、要するに色使いの少ない地味というか、お堅い感じのことです。

    ネイビーのスーツは大体なんでも合いますが、イタリアのオヤジっぽくブラウンと合わせるのが僕は好きです。
    茶色の革靴を合わせたり、ブラウンの入ったネクタイをしたり。
    あとはネイビージャケットの裏地はブラウンにすることが多いです。


    とブラウン推しですが、今日は黒で行きたい気分でした。
    靴やベルトはもちろん、ネクタイも黒で、かなりお堅い感じです。
    でも、普通に黒のシルクタイだと、礼服と同じになっちゃうので、僕はニットタイを多用してます。
    遠くからだとわかりませんが、近くで見ると、ニットらしい凸凹した表情が出てて、少し柔らかい印象になるんです。



    さて今回も撮ってくれる人はいないので、自撮りです。
    通行人の白い眼差しにめった刺しにされ、ものすごい恥ずかしかったですが、知ったこっちゃありません。

    小さい子が立ち止まってしばらくガン見してきたんですが、後からお母さんが来て、見ちゃダメ、って感じで去って行ってくれました。

    なのでもう懲り懲りですが、また恥さらしを受ける気になったら、スーツの写真をあげたいと思います。

  • 叶恭子という人
    藍沢 優作

    こんばんは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。


    昨日の日記でも触れましたが、叶恭子のエッセイ「3P トリオリズム」読んだことがある方はいらっしゃいますでしょうか?

    まずタイトルから惹かれますよね。

    読んでみると、世の中に本当にこんな世界があるのか、と信じられないような内容ばかりで、とても面白かったです。


    一部引用します。
    ———————————————————
    『そのとき私は彼の自家用ジェットでカリブ海上空を飛んでいました。

    行き先は彼が持つ島、ヴィラでの数日間の滞在にご招待されたのです。

    世界にはジェットセッターと呼ばれる人たちがいます。

    ガルフストリーム社製の自家用の飛行機はもとより、個人専用の滑走路までも持ち、気の向くままに世界を移動して、愛しい人たちに会うために生きることが出来る、富と時間を持つ人たちです。

    ただし彼らがいつも幸せかと言えば、そうではありません。

    彼らは決まって退屈に怯え、孤独に苦しんでいます。

    ニューヨークのラガーディア空港を出て4時間、ふと窓から下を見下ろすと、セルリアンブルーの海にぽつんと浮かぶ小さな点を見つけました。

    もしかしてあの島かしら?

    機長のアナウンスがシートベルトを締めるように告げると、機体はやがて高度を下げ、彼の個人用滑走路に近づきます。

    滑走路には2本のピンクの線が引かれています。

    すると、機体が着陸しようとした瞬間、そのピンク色が飛び散り、宙を舞うではありませんか。

    それはバラの花弁でした。

    彼は私を出迎えるため、滑走路一面にピンクのバラを敷き詰めていたのです。』

    ———————————————————


    すごすぎませんか?


    セックスの描写も多いのですが、そっちはもっとすごいです。
    なのに、エロというより、芸術作品を見たかのような気分になります。


    小金持ちの成金ではなく、本物のセレブがどのような生活(性活)をし、どのような不安や悩みを抱え、何故彼女とのロマンスを求めるのか、が少し垣間見えるような本です。


    またとても良い出会いができて、自分の価値観も広がって嬉しいです。
    ぜひ興味のある方は読んでみて下さい。 

  • 本を読む意味
    藍沢 優作

    こんばんは。
    藍沢優作です。


    あなたにとって、人生で最も楽しい瞬間って何ですか?
    僕にとっては、「出会ったことのない、他人の考えや価値観に出会えた時」がその一つです。


    読書は元々ほとんどしませんでした。
    でも、高校の頃通っていた予備校の英語の先生で、誰よりも尊敬してた先生が、「大学に入ったら勉強しなくても授業に出なくてもいい、とにかく本を読め」と繰り返し言っていました。

    その教えを守って、はじめは嫌々ながら、とにかく本を読みまくりました。
    今でも続けていますが、その先生の教えは間違ってなかったと、心から思えます。


    読書は人と出会う事と同じだと思うんです。
    著者の考えが本には詰まっています。
    読みながら著者と会話をし、色んな発見を得られます。
    小説も大好きですが、特にエッセイが好きです。
    より著者の偏見が詰まっていて面白いです。


    人生を変えるような人との出会いがあるように、人生を変える本との出会いもあると思います。
    たった一冊の本で人生が変わった人なんて沢山います。

    実際に、僕の価値観を180度変えた本もいくつかあります。
    そんな本は、読んでて涙が出そうになります。


    読書だろうが、実際に人と会おうが、新たな出会い、発見があると思うとこれからの人生が楽しみです。



    P.S.
    最近だと、叶恭子さんのエッセイ「3P トリオリズム」を読んで心が震えました。
    後日レビューを書きたいと思います。



    画像:pixabay



  • 予約後の期待と不安
    藍沢 優作

    こんにちは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。



    女性向けの風俗というサービスを利用しようと考え、じっくり時間をかけてセラピストを選び、勇気を出して予約する。

    ここまでするのも大きな決断だと思いますが、いざ予約をしても、実際に会うまでは緊張しまくりで、不安もいっぱい。

    僕も自分がお客さんの立場だったこともあるので、多少は理解できるつもりです。

    でも、自分がサービスを提供する立場になってから、この気持ちはしばらく味わっていませんでした。




    先日の日記で触れましたが、近々ミシュランデビューをすることになりました。

    ミシュランという箔が付いていて、クオリティーは保証されているかもしれませんが、自分にとって満足出来るものかはわかりません。

    期待通りならいいけど、期待外れだったらどうしよう、でも期待を上回ってくるかもしれないな。

    何か気になることがあったら遠慮せずお願いできるかな。 

    初めてだからショボい客と思われて馬鹿にされないかな。

    など色んな心配が出てきます。




    ミシュランですら心配があるのに、僕はタシットというお店に所属しているだけで、何かちゃんとした機関から審査を受けて箔が付いているわけではありません。

    女性向け風俗を利用されるお客様からしたら、僕が感じてる心配なんかより、ずっと大きな不安があると思います。




    レストランに入ってからが、今回のミシュラン体験の目的だと思っていましたが、予約した時点で色々な気づきを得られました。 


    お客様によって、不安と期待の種類も、度合いも違うと思いますが、それを想像して、解消し、叶える為にはどうすべきか、などにも考えが至ります。



    まだ体験する前ですが、やっぱり一流に触れることで、少しでも良いサービスの提供に繋がると実感できたので、今後もこういう機会を増やしていこうと思います。


    画像:pixabay

  • ミシュランデビューへ
    藍沢 優作

    こんばんは。
    藍沢優作です。

    今日の昼頃の日記で、一流のサービスを提供出来るようになる為に、一流に沢山触れていこう、という決意表明のようなものをしました。

    まずはミシュランの星付きレストランに行こうと思ったのですが、恥ずかしながら行ったことがありません。

    そこで、タシットの頼れるソムリエ、黛さんに相談したところ、

    六本木のRyuzuという二つ星のフレンチを紹介して貰いました。

    時計の竜頭から取っている名前らしく、機械式腕時計大好き人間としてはちょっとした運命すら感じています。


    思ったら即行動する派なので、早速今日予約しました。
    もちろん1人で行くんですが、カウンターもあるみたいなので良かったです。

    コースが2つあり、これまでの自分なら、安い方を選んでしまっていたかもしれませんが、今回は迷わず上のコースにしました。


    コース内容を見ても、アヴァンデセールってなんやねん、って感じですが、ワクワクドキドキです。

    近々行ってきます。存分に楽しんで来たいと思います。



    画像:pixabay

  • お金の使い道
    藍沢 優作

    こんにちは。
    トリリンガルセラピストの藍沢優作です。

    セラピストのお仕事は、サービス業中のサービス業であり、求められるサービスのレベルはとても高いと思います。

    僕自身、完璧であるとは一切思っておらず、これからもっともっと良いサービスを提供出来るようにならなければいけないと思っています。

    その為の1つの方法として、まず自分自身が一流のサービスに沢山触れる、というのが必要だと感じています。


    良いものに触れていないと、本当の良いものを見極めることが出来ないし、ましてや自分がその良いものを造り出すことだって出来るはずがありません。


    ということで、これからは少しずつそういう体験にお金を使っていこうと思います。
    ミシュランの星付きのレストランに行ったり、5つ星ホテルに泊まってみたり、ファーストクラス(は無理なので頑張ってビジネスクラス)に乗ったり、高級なマッサージを受けたり。


    お客様から頂いた貴重なお金を、自分の好きなことだけに使うのが許されるレベルの人間であれば良いですが、僕にはまだまだ早いです。

    とりあえず始められることからやってみようと思うので、後日ご報告できればと思います。
    まずは食からかな。




    画像:pixabay