深い孤独感②|滝沢 蓮介(FIRST CLASS)|写メ日記

FIRST CLASS

東京/出張ホスト/東京

"女性向け風俗ポータル『Kaikan』を見た"とお伝え下さい!
03-5244-4250

滝沢 蓮介@写メ日記

滝沢 蓮介

滝沢 蓮介  (30)

プロフィールを表示

640 件中 21 - 40 件目表示
  • 愚か者
    滝沢 蓮介


    アップル社設立者の一人、故スティーブ・ジョブズの言葉を再び。



    ___________


    Stay hungry. Stay foolish.
    ハングリーであれ。愚か者であれ。


    ___________




    たとえ愚か者でも、後ろ指さされても、誰かに評価されなくても、自分の魂の声に耳を傾け、実現させたいと思うことに対して、ハングリーに進もう。




    愚か者と言われるぐらいに夢中になって、自分のできることややりたいことに、力を注ごう。




    その情熱が、現実世界を少しずつ変えていくと信じて。




    だから、今がどんなに道の途中でも大丈夫なんだ。




    目的地に到達することだけじゃなくて、その過程の全てに意味があるから。





    僕はあなたの歩いているいかなる道をも、心から応援したい。

  • 女風セラピストは
    滝沢 蓮介




    女風セラピストや同じ出張ホストの方々にDMをたくさんいただくようになった。



    僕のTwitterをフォローしてくださる方もいるし、応援してくださる方もいる。大変嬉しいことだ。



    最近はありがたいことに「滝沢さんをお手本にしています」と言っていただくことも少なくない。僕はまだまだだけれど、同じ立場の方々に、そう言ってもらえることをとても光栄に思っている。




    時々、良いセラピストになるために、アドバイスしてください、何か教えてくださいというメッセージをいただく。




    伝えたいことは沢山あるけれど、ひとつ、僕が言えるとすれば



    「女風セラピストは、思ったことは、手当たり次第でも、とにかくやったほうがいい」



    ということだ。



    なぜならば、女風セラピストとは、新しい仕事だし、ということはつまり、まだまだ誰もが発展途上であり、確立されている絶対的な何かは決まっているわけではなく、現在も研究されて追求されていることだと思うからだ。




    だから、まずは、自分が信じたことややってみるといいと思う。どんなことでも。やらなければわからないから。




    僕自身もそう思っているし、DMをくださる皆さんと切磋琢磨しながら、これからも学び成長し続けたいと思っている。




    これからもお互いに、お客様の幸せと喜びのために、頑張っていきましょう!







  • 幸せは変装上手
    滝沢 蓮介


    幸せは、変装がうまい。



    色んな変装をして、自分の目の前にやってくる。




    幸せは、時に



    悲しみ
    辛さ
    孤独
    寂しさ
    虚無感
    怖さ
    むくわれなさ
    やりきれなさ




    こんな服装を纏って、目の前に現れる。
    だから、その本当の正体が、幸せだなんて、その時は絶対に思えないこともある。




    だけど、それらは、実は、変装した姿。
    実はそれらは、反転すれば、幸せや成長や癒しの種だったと気づく。





    一枚一枚、変装している服を剥いでいって、それと同時に、自分の心を覆っている何かを一枚一枚剥いでいくと、本物の姿が見えてくる。






    もしあなたが、上に書いたようなネガティブな感情を感じることがあったら、一緒にいろんな話をして、お互いに心がじんわりするような優しい時間を過ごそう。





    だから、どんなあなたのことも否定しないで、どんなあなたのことも優しく認めてあげて欲しい。




    あなたのその一生懸命な頑張りを、僕が思いきり抱きしめてあげたい。



  • 悩んだ時は
    滝沢 蓮介


    何かに悩んだり、考え事をしたりしている時は、そんな自分が情けないなと感じやすいのかもしれない。



    だが、悩んだり考えたりしている時は、そんな自分がダメなのではなくて。



    その反対で、表面的には何も起きていないように見えているとしても、地中では、大地に深い根を、力強く張り巡らせているタイミングなのだろう。



    大地に深く根が張れば、何が起きても心揺るがない、もしくは心揺れてもしなやかにいられる自分になれる。



    悩んだりネガティブな気持ちになった時は、そんな大切なことが地中で起きているのだとイメージして、自分で自分に優しくしてあげよう。




    その木の根っこが、これからのあなたを柔らかくいついかなる時も支えてくれる。








  • くだらねぇ!③
    滝沢 蓮介




    人生は尊い。



    くだらねぇ!ことに時間を割くならば、自分の心が満足することを積み重ねていきたい。




    ぼーっとすることや休息することは、くだらなくはない。自分を回復させたり、ありのままの自分を取り戻す大切な時間だから。





    もし、自分が自覚している、くだらねぇ!があるとしたら、それを、ほんの少しだけでも、ほんのちょっとずう今とは違うことに変換していけたら、ほんの少しずつ、自分の進みたい方向性へと向かっていける。





    Twitterを眺めていると、時々、誰かへの批判や文句が大量に流れてくるので、それを見て、ここに書いたようなことを感じた今日だった。




  • くだらねぇ!②
    滝沢 蓮介




    毎日があっという間だと感じることがある。



    気がつけば年末に近づき、スピーディーに日々が過ぎ去っていく。




    僕たち人間は、時に、自分でも後から考えると「くだらない」と思うようなことに時間を費やしてしまうことが往々にしてある。




    過去に、くだらないと思って過ごした時間を思い出してみて欲しい。もしくは、自分のことではなくても、誰か他者がくだらないと思う時間を過ごしていることを考えてみて欲しい。




    例えば、居酒屋で飲みながら誰かの悪口を言うとする。




    それは、くだらねぇ!時間だ。誰かの悪口を言ったところでそこから何も生み出さないし時間だけが過ぎていく。マイナスな言葉を口にしている時点で、悪口を言う相手ではなく、自分が負のエネルギーを受けてしまっている。





    くだらねぇ!その時間は、何も生産性がなかった。その時間に断捨離や何かの勉強をしていれば、何かしらは確実に変わった。






  • くだらねぇ!①
    滝沢 蓮介




    アップル設立者の故スティーブ・ジョブズはこう言った。




    「もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか?」










    「他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい。


    そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持ちなさい。



    それはどういうわけかあなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。


    それ以外のことは、全部二の次の意味しかない。」



  • 泣きそうな夜に
    滝沢 蓮介


    そういえば、子供の頃、泣きそうになりながら眠った夜があったことを思い出した。


    いつ頃か忘れたが、小学生の頃に、何かが悔しくて悲しくて、そのまま布団に入ったことを覚えている。



    子供ながらに、そんな辛い夜を乗り越えていたのだなぁと、ふと思った。



    きっと、泣きそうな夜や眠れぬ夜を過ごしたことが、過去に一度や二度と誰にでもあるだろう。



    つまりそうやって、過去の辛かった日々があったとしても、その全てを、一日ずつ乗り越えてきてくれた自分がいたということになる。



    過去の全部の日々があって、今がある。



    だから、どんな過去があったとしても、後悔しなくていいし、その出来事があったからこそ、成長できた自分がここにいるのだ。






    もし、読んでくださっているあなたが、過去の何かに後悔しているとしたら、会えた時にそんな話しも僕に聞かせてくれたら嬉しいです。その後悔は、決してダメな出来事ではなくて、今のあなたの素晴らしさの糧になっているはずだから。




    どんなあなたのことも知れたら、僕は嬉しいです。




  • 自分を大嫌いな時
    滝沢 蓮介


    もし、読んでくださっているあなたが、自分を大嫌いだと思ったり。



    自分なんてダメだと思ったり、自分に自信を持てなくなったら。




    そのまま、飾らなくていいし隠さなくていいので、ありのままのあなたで会いに来てください。



    完璧なあなたに会いたいわけじゃなくて、人間は誰もが不完全なものだから。




    もしあなたが自分を大嫌いだなんて思ってしまったら、僕が全力でそのまのあなたを抱きしめます。




  • セラピストだって
    滝沢 蓮介


    ホストやセラピストだって、迷ったり不安に思ったりすることだってあるよ。

    どんなに強そうに見える男だって、同じだよ。


    そんな時に、女性のさりげない温かさや優しさに触れると、心が救われるし助けられるんだ。



  • 自分を責めた時は
    滝沢 蓮介


    もしあなたが、自分のしたことを責めたり否定したとする。



    自己否定や自分を責めることは辛いものだ。



    だけど、自分で自分を責めてしまうことや否定してしまうことと、実際にあなたが責められるべき、否定されるべき存在かどうかは、別問題なのだ。




    あなたは、責められるべき、否定されるべき女性ではない。誰もが、不完全なものであり、どんな自分にも価値があるからだ。




    もし、あなたが自分を責めたり、否定したり、ありのままの自分に自信をもてないとしたら。





    それはあなたのせいではなく、あなたが子供時代に、あなたを否定したり責めたりした大人が身近にいたということなのだ。もしくは、あなたの身近に、あなたを受容しない、あなたの話を聞かない、あなたを認めない大人(親や親戚や先生や近所の人)がいたはずだ。




    その影響で、あなたが自分に自信を持てなくなってしまっているだけなのだ。





    もう自分を責めたり否定しないでほしい。




    あなたは、どんなに不完全な姿であっても、そのありのままの姿が唯一無二であり、美しくて尊いのだから。

  • 深い孤独感③
    滝沢 蓮介


    深い孤独の中でしか
    感じられない
    美しい凛とした空間があり




    そこでの独特の
    柔らかな悲しみと
    爽やかな喜びと
    それらの両方を丁寧に味わうために
      



    一人で過ごす喜びと
    誰かと過ごす喜びとを
    どちらからも
    それぞれ両方の幸せを感じるために




    この尊い生命と人生と
    地球上での光と影という現実が
    あるのではなかろうか

  • 深い孤独感②
    滝沢 蓮介


    だから一人で過ごす時は
    孤独感から逃げるのではなく




    その孤独感の中に、勇敢に
    身を置くことを恐れず




    孤独感が伝えてくれる
    メッセージを受け取り




    その静寂さの中で
    一人を心で満喫してみる





    孤独感を嫌わない自分になると
    世界は一変し




    日常に散りばめられている
    色んなゆるやかな幸せに
    出会えるようになる

  • 深い孤独感①
    滝沢 蓮介


    僕たち人間の心の奥底には
    深い孤独が横たわっているのかもしれない



    どんなに誰かと一緒に過ごしても
    誰かと幸せを実感しても




    孤独感は人間の本質として
    なくならないものではないかと
    僕は思う




    なぜならば
    人は誰もが
    生まれてくる時もこの世を去る時も
    一人だから





    深いとろこにあるその孤独は
    敵ではないし憎むべきものでもない





    自分が自分であるために
    自分が自分を生きるために





    自分を支えてくれる
    大切な仲間

  • 一年間を振り返って
    滝沢 蓮介


    この一年、本当に色々なことがあった。
    関わってくれたすべての方のお陰で、今の僕がある。


    ここに書ききれないが、全ての経験から学ぶことばかりだ。



    また、今までのことをゆっくり振り返りたいと思っている。
    そして今後の写メ日記にも書いていきたい。




  • 当店一周年です
    滝沢 蓮介


    本日FIRSTCLASSの一周年です。




    奇跡的に出逢えた優しくて思いやりあるお客様のお陰で、こうして活動してくることができました。



    僕のお客様は、優しすぎるぐらい優しい方ばかりで、そんな皆様に指名していただき、僕は本当に恵まれています。




    皆様お一人お一人に会うことが毎日楽しみでなりません。





    一年間の皆様からの指名と応援に深く感謝いたします。




    これからも、頑張りますのでよろしくお願いいたします。






    なお、現在、本業多忙につき、申し訳ございませんが、DM.LINE.メールの返信が遅くなることがございます。今後、この状況が続くことがあるかもしれませんが、ご理解いただけますと幸いです。

  • 人生のスピード
    滝沢 蓮介


    今年ももう11月。この季節になると、毎年一年があっという間に感じる方も多いのではないだろうか。


    年々、一年が過ぎ去るスピードが早くなっているような…



    その理由は、脳は、前と同じことを繰り返すと、時間が早く時間が過ぎていると感じやすいそうだ。



    逆に、今までとは違った、何か新しいこと、まだやったことのないこと、未経験なことをすると、時間のスピードは遅く感じるそうだ。




    もし、今日が昨日までの生活と、同じようなことを繰り返していたら、あっという間に人生の日々が、過ぎ去るように感じるのだろう。



    もし、昨日までとは、何かしら違ったことをしていけるなら、時間のスピードは遅くなるのだろう。




    あっという間に過ぎ去るよりも、その時々を、じっくりと感じながら、過ごしていけたらなと思う。



    これから、新しいこと、まだしたことのないこと、未知なこと、未経験なことも、たくさん選んで実践してみたい。




    子供の頃、時間が長く感じたあの感覚のように、好奇心旺盛に、新しいことにもこれからチャレンジして、人生のスピードをゆっくりにしてみたいと感じた。




  • 男の美肌
    滝沢 蓮介



    最近、お客様に肌が綺麗と褒めていただくことが多く、嬉しかったので…
    またこの写真、投稿してみます。



    この写真の肌感が、一番褒められます…




    この写真、僕の全部は写っていませんが、どうですか?




  • セラピストの後悔
    滝沢 蓮介


    女風セラピストだって出張ホストだって、一人の人間だ。


    誰も完璧な人はおらず、僕だって完璧ではなく、過去のことで後悔しそうになりそうなこともあった。



    だが、過去の出来事は、もっと〇〇すれば良かったと思うようなことでも、すべてが、点と点で繋がっていて、今の学びと成長に繋がっているのだと僕はいつも信じている。



    だから、後悔しそうな過去ほど、そこから学びの種を見つけて、自分の向上へと繋げよう。




    すべてに意味があると信じて少しずつ前進しよう。







  • なぜ手を繋ぐのか
    滝沢 蓮介


    なぜ人は手を繋ぎたくなるのか。



    それは、お互いに離れないようにするためだけではなくて。




    お互いを、強く、そして深く感じるため。




    お互いに、指先から伝わってくる相手の体温と、相手の心の中の、言葉にならない何かを、じっくりと繊細に指先で実感するため。




    指先からだからこそ、お互いに伝わることがあるから。




    あなたの声なき言葉を、しっかりと聞き逃さずに、静かに聴いて感じたいから。