すごい人がいる|滝沢 蓮介(FIRST CLASS)|写メ日記

FIRST CLASS

東京/出張ホスト/東京

"女性向け風俗ポータル『Kaikan』を見た"とお伝え下さい!
03-5244-4250

滝沢 蓮介@写メ日記

滝沢 蓮介

滝沢 蓮介  (30)

プロフィールを表示

320 件中 41 - 60 件目表示
  • 僕が叶えたい夢②
    滝沢 蓮介


    日常生活で叶えたいのは、富士山に登ることと語学を学ぶこと。




    富士山は今年はおそらくコロナで閉鎖されていて登れなくて。語学を話せるようになるのもすぐにいきなりペラペラになるわけじゃないけれど。



    富士山のために、今からさらに体力を向上させて。



    語学は少しずつの勉強を積み重ねて。




    どちらも実現できるようにがんばっていきたい。

  • 僕が叶えたい夢①
    滝沢 蓮介


    僕が叶えたい夢。



    まず、本業で叶えたい夢がある。




    ずっと目標にしてきたことだ。自分が目指してきた事業を軌道に乗せて、同僚や働く仲間たちと一緒に、企画してきたことを形にすること。




    そうすることで、この社会に心豊かで幸せな人が増えていくこと。




    この目標が達成できたら同僚たちとある外国へ旅に行くと決めている。

  • もうすぐ!!!
    滝沢 蓮介


    最近新しい写真を撮影しました。




    僕も満足いく素敵な写真になりました。




    公開を楽しみにしていてくださいね!


  • 謎はすべてとけた
    滝沢 蓮介


    謎はすべてとけた。




    色んな本を読み続けていると、そんな瞬間に出会うから面白い。





    すべてというとすごく大袈裟だけど(笑)





    ずっと疑問として持っていたテーマについて、今まで経験してきたことや知識を得てきたことが、一本の糸で繋がって、過去のことが一気に繋がる瞬間が面白い。






    そこを通過すると、目の前に広がる世界がまた違って見えてくる。





    現実世界は、見方によって大きく変わる。





    ということは、自分が幸せを感じるような見方をできるだけ意識することが大事なので、改めてそうしていきたいと思った。





  • ものすごい感動
    滝沢 蓮介


    前の仕事で海外に何回か行ったことがあるけど、また海外に行って色んな風景を見たくなった。



    今の現状では、なかなか渡航できない状況だけど。




    また行けるようになったら海の向こうへ旅したいな。





    前に海外に滞在した時に、ありとあらゆるものが新鮮に目に移り、大袈裟ではなく僕は毎分感動するような心境だった。




    空の色も違う。雲のかたちも違う。花の匂いも木々の葉のつき具合も、大地のかたさも、海のリズムも、日本で見たのとはどれも違って見えた。心から感動した。




    夕陽の壮大さに感動し、朝の黎明の美しさに胸を打たれた。ものすごい生命エネルギーを感じた日々だった。






    海外に行けることも目標の一つとして、今できることをがんばっていきたい。


  • 本気出す!!!
    滝沢 蓮介


    本業で新たな仕事を任された。




    ずっとやりたかった仕事なのでやりがいがあってワクワクしている。




    長年の経験が生かされる仕事内容だ。協力してくれるありがたい仲間も多く恵まれている環境に感謝だ。




    本気出す!!!と自分に決意。

  • 短所とダメな自分
    滝沢 蓮介


    自分の短所と思うことや自分の嫌いなところ、認めたくないところ。誰にでもありますよね。



    ネットを見てたら短所について書いてあって、なるほどなと思いました。




    短所とは、親や先生がそれを短所と捉えただけで、本当は短所というのはあってないようなものだと説明されていました。




    例えば、親や先生に、あなたはすぐに洋服を汚すわね!!!だらしない!!と怒られたとします。



    そうすると、子供は、自分はだらしないのだな、それが短所だなと思うようになります。



    でも、もしそれが別の大人だったら、だらしないと捉えずに、服を汚すほど元気いっぱいだと褒めてくれたかもしれません。




    そしたら子供は、それを短所と思わずに、元気である自分に誇りを持てますよね。




    自分が短所と思うところや、自分がダメだと思うところは、周りから見れば、それが可愛らしさだったり、本当はその人の良さであったりということもあると僕は思っています。




    短所という不完全さが、本当は人間を支えてくれている美しさの一部なのかもしれません。




    そんな話も一緒にできたらいいですね。



  • パトカーが来た!
    滝沢 蓮介



    雨の日に道を歩いていたら、道路のど真ん中に一台の車が止まっていた。立ち往生している様子だった。中には2人いるのが見えて、慌てているような様子だった。




    後続車がストップしてしまっているその車をよけて次々と走っていく。僕も、そのまま歩いて通り過ぎようとした。




    歩いても気になって後ろを振り返ると、まだその車は止まったままだ。しかもハザードランプ(緊急を知らせるランプ)も着いていない。






    僕はその車の方に向かった。そして、助手席側から車のドアを叩いた。



    80歳ぐらいのご夫婦が乗っていた。突然車のエンジンが止まってしまい、車が動かなくなったらしい。慌てた様子だったので、まずはハザードランプを着けて、これをすれば大丈夫と伝えた。




    そして、僕が車を見てもエンジンは動きそうになかったし、後続車が次々と来て危ないので、近くの車の会社か警察に電話しようと思っとスマホを手にしたら…




    なんと!その瞬間に、対向車からパトカーが走ってきた。僕はタイミングの良さにビックリしたがかなり幸運だと思った。



    僕はそのパトカーに向かって合図をしたら、パトカーがすぐに車を横付けしてくれて、あとはその車についてお願いすることができた。





    ちょうどその日は突然雨が降ってきて、傘もささずに歩いていたので、その間びしょ濡れになった僕だけど、ご夫婦が安心するような顔を見せてくれて僕はそれがとても嬉しかった。




    パトカーが来てくれたその時のタイミングの凄さに感謝の気持ちでいっぱいになった。



    ある日の出来事である。



  • 思考グルグルの時
    滝沢 蓮介


    爽やかな風が心地よく、新緑が美しい季節になりましたね!



    僕は時々頭を空っぽにするために瞑想をするのですが、この季節は心地よい風に包まれて静かな場所で座って静かな時間を過ごすことが心のリラックスになると思っています。





    瞑想をすると、日頃、いかに頭の中が思考でいっぱいになっているのか気づかされます。本業でも考えることがどうしても多いので、自分でも知らないうちに脳の中が色々な考えが蓄積されています。





    脳の疲れが取れると、身体の凝りや緊張が同時に解れることもあるようです。





    瞑想と言っても修行のようなガチガチの瞑想ではなく、静かに座っているだけでも脳を休めるそうです。





    脳をゆるやかに休ませながら過ごしていこうと思います。






    ぜひ皆さんも機会があればやってみてくださいね!




  • 公園で思ったこと
    滝沢 蓮介



    公園のベンチに座っていたら
    小さなアリが数匹見えて



    あっちに行ったり
    こっちにきたり
    アリたちは大忙しで



    そんなにも
    小さなアリから見たら
    この地球は
    どれほど大きく
    見えているのだろう





    本当はそこに在るはずの
    アリぐらいの小さな日常を
    僕たち人間はどれぐらい
    見逃してしまっているんだろう





    大きなもの
    小さなもの
    目に見えるもの
    目に見えないもの




    それらが混在している
    混沌としたこの社会で




    スピーディに過ぎていく
    今ここにある
    大切な尊い今日を
    じっくりと心で味わって
    過ごしていきたい




  • 優しさのカタマリ
    滝沢 蓮介

    少しずつ普段通りの生活が戻り、穏やかさが戻ってきた。




    不要不急という概念をもとに日本全国が一つになって同じ目的のもとに頑張ることは、近年稀に見る出来事だったと思う。





    大変な日々だったし今もこれからも気をつけなければならないが、その大変さの裏側には、沢山の優しさがあった。




    人の優しさについて、様々な報道を見た。





    マスクを手作りして届けてくれた人。役所の職員に手紙とプレゼントを届けた高校生。ゴミ袋にゴミ袋収集スタッフに対して感謝のメモ書き。動画で歌を歌ったりお笑いを届けたり。みんなで医療従事者の方に拍手したり。ホテルのライトアップ、ホテルのライティングを使った応援メッセージ。





    日本も海外でも、こんなにも優しさに溢れていた。この出来事で改めて気付かされた。そして感動した。





    一日も早い事態の収束を願いつつ。色んなことに気付かされた4月5月だった。











    僕も皆さんにいつもかかえきれないほどの優しい言葉、優しい気持ち、優しい時間を与えていただいています。いつも本当にどうもありがとう。


  • ビジネスホテルで
    滝沢 蓮介


    本業の出張で久しぶりにビジネスホテルに泊まった時のこと。




    今のビジネスホテルはすごいと思う。工夫がいっぱいだ。




    昨今は、駅前にビジネスホテルが乱立しているので、お客様の獲得のためにどのホテルも思考を凝らしているのだろう。




    その時のビジネスホテルは、チェックイン時に入浴剤とボディクリームがたくさんの種類から選べて驚かされた。選ぶだけでも楽しかった。アメニティというと女性用だと思っていたけど、今は男性向けにもアメニティが豊富なのだなと感じられた。




    ホテルによっては枕を数種類の中から選べたり、コーヒーを部屋にテイクアウトできたり、部屋に雑誌や本が置かれていたり、様々なアイディアが面白い。





    工夫することについての可能性の凄さや着眼点の多様性を、色々と学ばされたホテルでの滞在になった。



  • 絶対に諦めない
    滝沢 蓮介



    筋トレをしていて改めて気付いたのが、やはり筋トレをやれば、その分、ちゃんと成果が出ると言うこと。



    すぐに思うような筋力や体型にならなくても、たとえ停滞期があってもそこで諦めてしまわずに、その時期でストップせずに一つ一つやり続けられたら、それが花開く時が来る。



    今までどんなに挫折しそうになっても、どんなに辞めたくなっても、前に進んできて今がある。




    これからも一つ一つ、コツコツと積み上げていきたい。




    花開くことに希望を持って進もうと思う。




    好きな言葉

    Perseverance will win in the end.




  • 薬にも刃にもなる
    滝沢 蓮介


    TwitterDMやLINEやメールから、写メ日記の感想をたくさんいただいています。読んでくださっている皆さん、ありがとうございます。



    僕たちが何気なく使っている毎日の言葉は、その人の生活、生き方を支えていると僕は思っています。




    言葉によって気分が晴れたり、言葉によって気分が落ち込んだり。




    言葉ってすごいですよね。




    僕の知り合いにブロガーがいるのですが、毎日大量の文章を書いていると、文字を見るだけで音楽のようにリズムを波打っていることを感じるそうです。




    無機質に感じられる文字であっても独特のリズムがあるのかもしれませんね。知り合いブロガーは、文字を書きながら、まるで音楽のメロディに浸っているような気分になることもあるそうです。





    特に文字として残るネットやSNS上には、優しい言葉、人が喜ぶ言葉、幸せになる言葉が溢れるといいですよね。





    まるで心に響くクラシック音楽を聴いているみたいに。



  • すごい人がいる
    滝沢 蓮介


    僕は小さな頃からずっとサッカーをしてきた。気がついたときにはボールを蹴っていた。



    サッカーにおいて、僕が好きなストーリーがある。



    サッカーには、世界中の選手が目指すワールドカップという大会がある。




    簡単には出場できないワールドカップだが、海外の劣悪なスラム街などの環境で育ったにも関わらず、ワールドカップに出場した選手がいる。



    そのストーリーは、どんなに大変な環境からでも、人は夢を叶えられるのだということに気づかせてくれる。





    今はコロナで誰もが大変な状況だけど、またここから再スタートできる。




    未来になってから、今を振り返って、コロナの時に自分の生活や仕事内容を見つめ直し、あの頃があって今があるよね、と思えたら。これまでの自粛生活には大きな意味がある。





    また、今からが新しいスタートなのだ。

  • 採点してみるか
    滝沢 蓮介


    Twitterのトレンドで、#男子力何点、という言葉を見た。



    それぞれ、以下の項目で点数化されていて。(Twitter見てみてください!)





    仕事:
    生活:
    性格:
    趣味:
    エロ:
    肉体:
    家事:



    それぞれ100点満点で計算して350点以上が合格とのこと。




    僕はそれぞれ何点ぐらいだろう…笑





    まずは肉体という項目が限りなく100点になるように、筋トレをこれからもがんばって続けたいと思います!

  • 丁寧かつ大胆に
    滝沢 蓮介


    地方にいる会社の同僚と電話で打ち合わせしたけれど、地方も自粛が解除されて徐々に元の生活に戻っているそうだ。


    今日からまた新しい事業を開始したので、目標に向かってこれからやるべきことを話し合った。




    事業目標の達成に向けてやるべきことが見えてきた。




    一つ一つ丁寧に、かつ大胆に事業を展開していきたいと思う。





    もちろん、のんびり過ごす休息をとりながら、バランスよい生活を送りたい。





    皆さんも、自粛明けの生活でこれから新しく始めようとしていること、ありますか?


    ぜひ会った時に聞かせてくださいね!皆さんの夢や目標も応援しています。


  • 文句と批判
    滝沢 蓮介



    今日も深い言葉を発見した。



    ___________


    あなたの心が正しいと思うことをしなさい。どっちにしたって批判されるのだから。

    Do what you feel in your heart to be right – for you’ll be criticized anyway.


    エレノア・ルーズベルト
    (米国のファーストレディ、人権活動家 / 1884~1962)


    ___________




    僕たちは誰もがどちらにしろ批判される可能性があるのだから、それを気にせずに自分のしたいことしよう。





    たった一度の今日を、
    自分らしく生きよう。

  • ワクワクしてます
    滝沢 蓮介


    緊急事態宣言が解除されましたね。




    僕も明日から本業でまた新しい事業が一つ始まります。



    前から温めてきたアイディアをこれから形にしていくと思うとワクワクします。




    その事業が形になったら、同僚たちと達成のための旅行に行こうと企画しています!




    現状では、旅行に行けるかどうかは分かりませんが、目標をもって進んでいくというこの過程がすでに楽しくなっています。





    皆さんの自粛明けの生活も、心穏やかな生活になりますように願っています。

  • 負けてもいいんだ
    滝沢 蓮介


    ネットを見ていたら、心に響く「現代の名言ランキング」というサイトがあった。




    その中の、第8位の言葉が印象に残った。



    ___________

    8位 「負けたことがある」というのが いつか 大きな財産になる 


    マンガ「SLAM DUNK」(井上雄彦著) 

    ___________






    僕たちは、何かに負けたり失敗したり、思う様にならなかったことがあると、それがあたかも自分にとってダメな事として捉えてしまう様なところがある。





    だけど、過去に負けた事、失敗したこと、間違えたこと、誤解されたこと、うまくいかなったこと、こんな一見ネガティブに見える出来事が、後から考えれば、それによって学んだり成長できていたりすることもある。





    むしろ、そういう経験をしたからこそ得られるものも大きいものだ。





    負けの経験が財産だと思えたら、元気が湧いてくる。




    どんな経験も捉え方一つで自分の血肉になるのだと改めて思った。





    引用)

    https://style.nikkei.com/article/DGXZZO50494620R10C13A1000000/