強く思ったこと|桜井 想多(FIRST CLASS)|写メ日記

FIRST CLASS

東京/出張ホスト/東京

"女性向け風俗ポータル『Kaikan』を見た"とお伝え下さい!
03-5244-4250

桜井 想多@写メ日記

桜井 想多

桜井 想多  (24)

プロフィールを表示

37 件中 1 - 20 件目表示
  • そうして秋が来て冬が来る
    桜井 想多

    眠たいのに疲れてるのに、寝付けないので日記を書くことにする。


    寝る時は部屋は真っ暗にして、睡眠の導入の条件としてはおおよそいいと言われていそうな状態にする。


    雑念が嫌いだから、ある程度の片付けもした状態で、何も気にならないようにして、目を瞑る。


    それなのに、今日は眠れない。


    多分疲れ過ぎている。


    たまにそういうこともあるけど、本当に迷惑だ。


    明日の起きる時間は決まっているし、だけどお腹も空いてきたし、食べたら余計寝るのは遅くなるし。


     


    そうこうしてるうちに、秋が来て、冬が来るのだろうか。


    寒いのは嫌いだ。


    この前の冬がどんなだったか覚えていない。


    雪は降ったのだろうか。


    全く思い出せない。


    みんなは覚えている?


    思い出したら教えてほしい。


     


    では。


     


     

  • 僕にはわからないこと
    桜井 想多

    今世の中は明るいのか暗いのか僕にはわからない。


    たった今土砂降りだったけど、もう眩しいほどの日差しだ。


    いつかに比べれば悲観的なニュースより、それぞれの道を見つけはじめたようなニュースが多くなったのではないだろうか。


    僕はどうだろう、と当事者なのに他人事のように考える。


     


    日記を書くようになって、沢山の言葉をもらった。


    主にTwitterでだったんだけど、ログインできなくなってしまった。 


    理由は登録した電話番号が、ショートメールを受け取れない番号なので、認証コードが受け取れないから。


    携帯電話じゃないといけないならそう書いておいて欲しかった。


     


    代わりにInstagram(リンク)を作ってあるので、よかったらそこに連絡をもらえたら嬉しいです。 


    たまにストーリーズ投稿をしています。


     


    雑音が多いとなかなか思うように書けない。


    昼休みを長めに取って美容室に来たのだけれど。


    家のベランダやベッドで書くのが1番すらすら書ける。


     


    音楽を聴きながらの方が仕事が捗るという人も中にはいるときくけれど、僕はその人の勘違いだと思っている。 


    作業は音楽があってもいいけど、思考は静寂こそ集中できる。


     


    では。


     


     

  • 突き刺さって見て見ぬ振りをしたままで
    桜井 想多

    人がいいと言ってるものを、自分がいいと思えない。


    僕たちはしばしばそういうことがあると思う。


    でもそんなの当たり前で、りんごが好きかパイナップルが好きかみたいなもの。


    人と価値観が違うからこそ、自分の価値観に意味がある、確かにそれはそうだと思うんだよね。


     


    良さがわからないものを批判し始めたら、自分の心が疲れてるのかもしれない。


    疲れてる原因は色々あるだろう。


    きっとひとつやふたつ明確にわかるものじゃなく、日々の積み重ね。


    ちょっとした一言が突き刺さって、見て見ぬ振りをしたままの、それかもしれない。


     


    友達が胃潰瘍になった。


    ちょっとしたことで悩んで悩んで、もう数ヶ月経ってた。


    体を壊して初めて悩みの深さに気付く。


    友達は悩みも解決して、あとは薬を飲んで治るのを待つだけみたいだけど、


    心を壊したらもっと時間がかかっただろう。


     


    何かを批判してしまうのは、心のが壊れ始めるサインだと僕は思う。


    心に波風立たずに生きてるつもりだけど、僕も気をつけないとと思う。


    みんなも考えてみて欲しい。


     


    では。


     

  • ずぶ濡れの記憶
    桜井 想多

    雨でずぶ濡れに、なったことない人はいるだろうか。


    みんな、傘がない、という体験を少なくとも1度はしているだろう。


    僕はよくある。


    傘を持つのが嫌いだから。


     


    子供の頃も、よくずぶ濡れで帰っていた。


    傘をもたないから。


    ずぶ濡れは、惨めな感じをよく演出してくれる。


    この世に雨がなければ、あらゆる表現が消えてしまうのだろう。


    あらゆる暗喩がなくなってしまうのだろう。


     


    相変わらず、今日は筆が進まない。


    フリックだけど。


     


    では。


     


     

  • 自分しか知らない自分
    桜井 想多

    もう9月、だとみんなと同じように思う僕がいる。


     


    人は時に自分しか知らない自分を、人に知ってもらいたいと思ったりするらしい。


    自分しか知らない自分を、誰にも話さず死んでいったら、


    なかったのと同じになってしまうのか。


    こういうことを考える時、人は孤独だと感じてみたりするのかもしれない。


     


    目覚める時はいつも、寝過ぎたかもしれないと焦って起きる。


    だいたいの場合、思ったほど時間は経ってない。


     


    最近は雨、部屋の中から外を眺めたり、カーテン越しに音で雨を感じたり


    そういうのは情緒的な気持ちになれる。


    きっとそういう人は他にもいると思う。


     


    今日は筆が進まない。


    筆じゃないけど、フリックだけど。


     


    では。


     

  • なんとなく憂鬱
    桜井 想多

    なんとなく憂鬱、そんな日もある。
    なんとなく、と言っていてもそれは問題を直視したくないだけで、実は原因はわかっていたりする。
    憂鬱な時は、その課題を済ませるか、済ますことができないものなら、人に話す、それしか憂鬱さを晴らす方法はないのではないだろうか。


    向き合わず、リフレッシュしようとしても、なんだか心の中には気がかりが残る。
    考えても仕方ないこと、どうにもできないことなら、人に話すのがいいだろう。
    そんな時のために女性向け風俗を利用してもらってもいいと思う。
    コミニュケーション抜きにこのサービスを利用したい人って今まで僕は会ったことがない。
    自分から言わなくても、何かしら伝えたいことや、わかってほしいことがある人が多いんじゃないかな。
    そんな人との巡り合いの場というのがあってもいいと思う。



    ところで、Twitterがログインできなくなってしまったのだけど、応急処置でInstagramというのをつくってあります。
    なれないから投稿はしてないのだけど、ストーリーズという機能がTwitterみたいに使えるので、徐々にやっていきたいなと思ってます。


    Instagram
    https://instagram.com/sohtasakurai


    では。

  • 僕らは事実を無視して解釈に溺れる
    桜井 想多

    生きやすくするための第一歩は「事実」と「解釈」を分けて考えることだと思う。

    これを一緒にしてしまうと、すごく生き辛い。

    事実は「現状○○さんからLINEが来ていない」なのに
    「僕は○○さんに嫌われているから、○○さんは僕にLINEを送りたくない」と解釈してしまったり、ということを僕たちの脳は容易に考え過ぎてしまうのでしばしば起こりうること。

    世の中には「事実」しかなくて、「解釈」というのは僕たちの頭の中で作り出しているもの。

    だけど勝手に「解釈」して自分を苦しめる。

    「事実」と「解釈」を分けて考えるには訓練がいるけれど、繰り返していれば身についていく。

    もし苦しんでいる人がいるなら、無駄に自分の作り出した「解釈」に溺れて苦しむことのないように、考え方の訓練をしておくといい。

    なんか僕らしくないことを書いたような気がするんだけど、事実僕が思ってることなので、こうやって記録に残しておこうと思った。

    僕が消えてしまったら、僕の思ってることなんて消えて無くなるけど、誰かがこの文章を見たら、そこにはたしかに残ってると言えるだろう。

    今日は雑音が多いところで書いているので、まとまりにくい。
    僕はこんなにも雑音に弱かったのか。
    いつも部屋やベランダで書いているから、静かなんだよね。

    今日はカフェ。
    カフェで仕事するのが好きな人もいると思う、僕は気が散るけど。

    考えを深めるには静かであるに越したことはないと思っている。
    カフェで考えられる人はすごいな。

    人間はつくづくいろんな種類がいるなと思う。

    みんなはどう?
    自分が集中できる環境ってどんな環境だろうか。
    考えてみて欲しい。

    では。

  • こうやって金曜は来る
    桜井 想多

    今日は早く帰った。
    こうやってまた週末が来る。
    ああ、金曜なんだとスマホを確認して初めて気付く。
    特に予定もない人生を過ごしてきたはずなのに、金曜なのに早く帰ってしまったと思ってしまう。
    金曜でも早く帰ったてなんの問題もないのに。
    あたかも週末は忙しい人間かのような思考を無意識の内にしていた。

    ベッドから窓の方に目をやると、空が見える、カーテンが閉まりきってないから。
    そういうところには神経質な方ではない。
    それよりも、たまたまその隙間から月が見えたりしたらその方が、いい。

    人生の余白が多いと心配になったりするかもしれない。
    何も進んでないんじゃないかと思ったり、自分だけ頑張ってないんじゃないかと思ったり。
    でも世の芸術はその余白がある人が生み出しているんじゃないかと僕は思う。

    僕は芸術を生み出せるなんて大層なことは言えないけど、そういう余白に悩む人がいたら、それは芸術の始まりかもしれないよと言いたい。

    では。

  • 結局真面目な僕達は
    桜井 想多

    おはよう。

    夜中に目が覚めたから、久しぶりに日記書くよ。

    結局さ、真面目なんだよね、僕含め。
    だから悩むし、傷ついたり、落ち込んだりする、多分。
    僕はもうわりと悩むのをやめてるけどね。
    だって、悩んでも悩まなくても、周りは変わらないしね。
    朝はくるし、雨も降るし、どこかで誰かが生まれたり、死んだりしてる。

    苦しいことや、知りたくなかった事実を知るとか、そんな場面もあるけど、空眺めてたら考えなくて済む。
    天井眺めてると、考えちゃう。

    僕は今も、ベランダに出て、曇り空を眺めてる。
    曇り空はいいよ。
    晴れた空もいいんだけど、曇り空は、雲があるから。
    雲があると、雲が流れるのを、無になって目で追える。

    曇ってシンプルなのに同じものは二つとないし、今この時を見てるって感じがする。
    1秒1秒今しか見えないものをみてる。
    見る角度によっても違うから、全く同じ空の景色を見てる人は、この世にひとりもいない。

    でも、もし同じ時間に空を眺めれば、同じ雲を追ってるかもしれない。
    Wi-Fiつながず、地上波でもなく、同じものをみられるなんてすごい発見かも。

    遠くの空が赤くなってきた。
    朝焼けはいいよ。
    夕焼けと全く違う。

    小学生のころ、初めて朝焼けを見た時の情景を今でも覚えている。
    よかったら見てみて欲しい。

    では。

  • どんな人間
    桜井 想多

    おはよう。
    もう、おはようの時間になってしまった。
    いつものことだけど、通常勤務が始まってるので少々辛い。
    僕はこの後寝るのだろうか。

    自分のこだわりって何かあるだろうか。
    僕はどんな人間だろうかと考えた時に、何か生活に特徴はあるのだろうか。

    朝は起きたらベランダに出る。
    時間ギリギリならベランダに行かず、シャワーを浴びる。
    朝ごはんは食べないことが多い。
    寝るときは暗くしたい。
    目覚ましはスマホ。
    本はなるべくKindleで買いたい。
    筆箱を持ちたくない。
    荷物を減らしたい。
    バスタオルが好きではない。
    (仕事では使うけど)
    柄のある服を着たくない。
    眼鏡買ってもすぐ無くす。
    コンビニに寄らずに帰宅した日は勝ったと思ってる。
    家の鍵はなくしたことがない。


    たいしたこと思いつかなかった。
    そんなに特徴がないのであれば自分の同じような人間は沢山いるのだろうか。
    ちょっとずつ違うけど、大きくみたらみんな一緒って感じだろうか。
    僕たちが、あれは犬だ、あれは猫だと大きく同じ種類として括ってみるように、僕たち人間もそんなに変わらないのかもしれない。

    みんなはどんな人間?

    外が明るくなってきた。
    この後2時間くらい寝られるのだろうか。
    起きたくないな。


    では。

  • 消えた僕
    桜井 想多

    もうさ、あるあるなんだけどさ、書いた日記が全部消えた。
    絶望しつつも書き直しするよ。

    久しぶりだね。
    消えたかと思った?
    うん、半分消えてたよね。
    在宅ワークが減って最近出社してる。
    在宅ワークよかったな。僕に合ってた。
    そういう人は多いと思う。
    早朝、ベランダに出て、街を眺めるのを気に入ってたんだけど、最近それもできない。
    時間が自由じゃなくなってしまった。
    残念。

    東京は梅雨入り。
    家にいるしかない時の雨はいいよね。
    逆に出かけないといけない時の雨は好きじゃない。

    仕事で街に出るけど、もうだいぶ賑わってるよね。
    あの、誰もいない静かな街が幻だったんじゃないかと思うくらいに。
    今は自粛の反動で出かける人も多いだろうから、僕はまだなるべく家にいようと思う。
    もともと暗い人間だから出かける予定なんてないんだけどね。

    日記いいよね、やっぱり。
    久しぶりだから、過去の日記読み直してみて、やっぱりつまんない奴だなとは思ったけど。
    それでも忘れてしまうから、なんでも書いておいたらいいと思う。
    おすすめだよ。

    大したこと書けないけど、今日はそろそろ寝ようと思う。
    さっき日記消たから今2度目だからさ。
    おやすみ。

    では。

  • 強く思ったこと
    桜井 想多

    みんなは今の生活好き?
    僕はわりと好きになってきたかもしれない。
    自分のペースができてきた気がする。
    不安要素はもちろん無くなって欲しいけどね。
    ライフスタイルとしては悪くない。

    好きな飲食店がテイクアウトを始めてたので買って帰った。
    通りかかったのでたまたま知ることができた。
    この店は本当に好きなので、無くなって欲しくないなと強く思った。
    エールを送るには言葉だけじゃなく、利用しないといけないんだってリアルに感じた。

    この店がオープンした時から知ってるし、何よりも味が美味しい。
    他にない味なんだ。
    社交的じゃない僕も、ここの店主とは話す。
    小さな店だし、ずっと続いて欲しいと願うなら、利用するのが1番いい。
    応援してるって思うだけじゃ言うだけじゃだめなんだって感じた。

    買って帰って、すぐに以前一緒に行った友人に連絡した。
    テイクアウトしてるよって。
    もし出かける機会があれば、利用して欲しいな。

    僕の一回の購入がどれだけの力になれるかわからないけど、
    そういうひとりひとりの行動が積み重なっていくんだと思う。

    いつまでも当たり前にあるものじゃないなということを感じた。
    今は外出自体ほどんどしてないけれど、また出かけた時には必ず買って帰りたい。


    半年後ってどんな生活してるんだろう。
    なかなか想像つかない。
    きっと今しかできないことがある。
    思い立ったことはすぐやってみるのがいい。
    でも何もできなくて寝ててもいい、もちろん。
    やらなきゃいけない、から解放されたのが今の生活の良いところだと思う。
    何をするにも自分の意思次第。


    では。

  • 目立ちたくない
    桜井 想多

    最近日記を書くときはいつも朝だ。

    実は知ってる人だけ知ってる僕のチャットサービスがある。
    他のキャストのみんなは通話サービスをしてるんだけど、僕と話しても面白くないことが予想されるので通話サービスには参加しなかった。

    それでも話してみたいといってくれる方がいて、チャットならということで、
    僕はチャットサービスをすることになった。
    あ、一応そういうのがあるってことは書くけど、全く利用を勧めるつもりはない。
    僕のチャットより、ぜひ通話サービスをしているキャストさんのサービスを使ってみて欲しい。
    きっと楽しいから。

    僕でもリクエストがくるくらいだから、人気な人達はさぞ色んな対応におわれてるんじゃないかなと思う。
    求められるってすごいことだと思う。


    僕はそんなに目立ちたくない。
    僕の過去の日記を読んだ人ならなんとなくわかってくれてると思う。
    でも、やったものについては、確認している。
    日記もどれだけの人が見てくれているのか、ちゃんとみている。

    Twitterフォロワー50人に対して毎投稿大体200人〜300人くらいの人が僕の日記を開いてみてくれているようだ。
    不思議だ。
    みんなもツイートしたらインプレッションというのをチェックするといい。
    見方がわからなければ、調べて欲しい。
    「Twitter インプレッション 表示」とかで出てくるんじゃないかな。

    その数字をみてしまうと、読んで意味のあるものを書きたいなとか思ってしまう。
    でも、自分らしくするのが、きっといいのだろう。
    僕の記録なのだから。

    この先もダラダラ日記を書いてたらすごく長くなってしまった。
    まとまりもないから、二つに分けることにする。

    すぐにこの後の文を投稿するね。

    まぁ続けて読んでもいいし、読まなくてもいい。
    とくにつながりがあるわけじゃないから。

    では。

  • 安全地帯から見る雨は
    桜井 想多

    ログインがね、本当に面倒。
    でもあんまり間を空けたくないので頑張ってログインした。

    GWが終わろうとしている。
    ほとんど何もせずに、終わる。

    流石に髪を切りに行きたいなとか、無頓着な僕でも思うようになってきた。
    街はどんな様子だろう。
    本当のことを知ってる人は誰もいない。
    みんな自分の見えているところだけ、見たいところだけを、見たいように見ている。
    まぁ、いいんだけどね。そういうものだし。


    口内炎が治った。
    すごくすごく痛かったのに、もうどんなだったか忘れた。
    もうなりたくないと思ったということは覚えている。
    栄養をとろう、睡眠をとろう、ストレスをためないようにしよう、そう思ったということは記憶にある。
    これが学習か。


    暖かくなってきた、と思ったら寒くなったり、大雨、地震、雷。
    起こせる現象一気に起こしました、みたいな感じだね。

    僕は外にいなければ雨は好き。
    部屋の中で、安全地帯から見る雨は好き。
    物事をすすめられなくても、今は止まってるからいいや、という気がする。
    別に雨が降ったからって、時が止まるわけじゃないんだけど。


    天気予報を確認する習慣がないから、今日の天気も気温もわからないけど、これから寝るから別にいいや。
    不規則万歳。でも昼には起きたいな。

    では。

  • 自殺
    桜井 想多

    自殺の理由として圧倒的に多いのは、健康問題なんだって。
    理由の約半数を占める。

    次いで経済問題と家庭問題。
    この2つを合わせても、健康問題で自殺する人の数には及ばない。

    今、令和元年の自殺者のデータを見ていた。
    興味があればネットで検索するとすぐ出てくるので見てみて欲しい。

    圧倒的に多いのは無職者。
    これも半数以上。

    このデータから、病気で働けない状態の人が、将来を悲観して。
    ということかどうかわからないけれど。そうかもしれない。

    データを元に語り出すと止まらないからこの辺にしよう。
    とくに興味がない人でも、グラフを眺めれば色々思うことはあると思う。

    ひとつよかったのは、この10年自殺者の数は右肩下がりで減少傾向。
    医療の発達なのか、選択肢が増えたのか。


    健康は大事だ。あたりまえではあるんだけど。
    歳をとるにつれて、人は健康の大事さに気づくらしい。

    各年代に「大切なものは何か」というアンケートをとると、年齢の高い人ほど、とにかく健康を切望するようになる。
    若い頃は人は大切なものはそれぞれ、歳をとると、みんな健康が何より大切だ、というアンケート結果になるんだって。

    つまり健康を損なわないと、その大事さ貴重さには気づかないということらしい。
    若い頃はお金とか自由とか愛とか、そういうものが大切と考えるそうだ。
    健康を損なうと、とにかく健康じゃないと何もできないということに気づくらしい。
    稼ぐのも自分の時間が欲しいと思うのも、愛することも、健康あってこそだと。
    理屈ではわかるけど、実際なってみないと、本当に心から健康を切望することに気づくのは難しいらしい。

    今、危機感がない人も、とにかく自分が苦しくなったら健康を切望するだろう。
    想像力が乏しかったり、自分を過信してる人が、苦しくならないと気づけないのはしょうがないと思う。
    だから僕は、今自粛しろと言われる中、しょうがないと動く人を、自業自得とは思わない。
    人はなってみないとわからないことって沢山ある。

    ちょっと喉が痛いとか、指先を切ったとか、それだけでもすごく煩わしいし、辛いし、不便だ。
    でも治るとその辛さを忘れてしまう。
    人はそういうものだから、想像力や学ぶことが必要だ。

    死は怖くない、特段やりたいこともないし、そうなったらそうなった時だ、受け入れる。
    なんて言ってた人も、いざ死を目の前にしたら、死にたく無いと言ったりするらしい。


    人は幸い、経験者から学ぶことができる。
    本に書いてあったり、人から聞いたりして。

    経験してからはじめてわかる、はそうなんだけれども。
    人は学べるのだから、先回りして、なるべく後悔しない道を選びたいものだ。


    実は今、口内炎が痛い。
    僕はそんなに贅沢しないタイプだけど、もう今すぐにでもなんとかしたくて、金額度外視で高いユンケルを買っている。
    医者曰く、なかなかストレスが多いらしく、免疫力も落ちているらしい。
    自分では全く気付けないんだけどね。
    怪我もしてなければ、大病を患っているわけでもない。
    熱もないし、喉も痛くない。
    だけど口内炎という、わずかな点に翻弄されるくらい、人は弱い。
    そういうものだ。

    日々健康に気をつけて、気を付けすぎだということはない。
    身体は大事。

    みんなもビタミンB2B6とってね。
    本当は他のこと書きたかったけど、たまたま自殺者データをみてたらこんな内容になってしまった。

    4月が終わる。
    みんなにとってもこの1ヶ月は記憶に残る月になったと思う。
    振り返ってみて欲しい。
    これからの人生の分岐点かもしれない。

    では。

  • 甘い。
    桜井 想多

    僕は書き始めればいくらでも書ける。この日記をね。
    だけどみんなと同じように、書き始めるのが面倒だ。
    ここにログインするのがちょっとね。

    なんでもそう。掃除だって、仕事だって、お風呂だって。
    取り掛かりさえすればそんなに難しいことではない。
    でもはじめだけ大変。
    みんなそうだと思う。
    それを乗り越えた人だけが、こうやって日記を残してる。
    みんなすごいね。

    さて、言いたいことはたまってる。
    自粛続きで、不安定な毎日。
    人によっては、自粛しない人にも事情があって、だれもそれは咎めることができない。どのような選択をするかはその人の自由だ。という人がいるが、本当にそうだろうか。
    今、個人の生き方の自由を語れるような状況ではない。
    人の命が目の前で失われてはじめて気づくのでは、後悔してもしきれないと思う。

    ニュースを見ていて、「パチンコ屋が空いているからいく。もう何十年もやってるから、やっぱり行きたいね。閉めてくれれば行かないのに」というコメントをしている男性がいた。
    なんでも人のせいにして生きているとこうなるのか。
    強制してくれないからなんて文句を言い続けている奴は、世の中どうなっても文句を言い続けるだろう。
    自分の頭で考えろ。

    甘いやつがいたら、いつまでもこの状況から抜け出せない。
    抜け出せないどころか、経済的な死、精神的な死、全てが闇になってしまう。

    自粛しろと言われてもこの仕事しかできないと言っているのは甘くないか?
    そういう人を咎めないと善人ぶるのは甘くないか?
    それよりも経済的な救済制度を調べもせず、知識を与えようともせず、しょうがないしょうがないって言い続けている人は、現状を無理に変えて足並み揃えてお互いを守ろうとしている人のことは考えたことがあるのだろうか。
    出来る人はいいよね、くらいに思ってはいないか。
    今はみんな苦しいよ。
    それでも、もっと辛い人がいると思って、耐えている。
    きっと、そうだと思う。

    でもこんなに全国民が全世界が、一つの出来事について共有して考えられるなんてそうそうない。
    この機会をどう捉えて、どう過ごすか。
    ひとりひとりが世の中の運命を握っている。
    ちょっとうまくいってなかった人も、これからの人生をリスタートできる、またとないチャンスとも言えると思う。
    うまく利用してほしい。

    また、長くなってしまった。
    僕は自分のストレスに気づきにくいタイプで、知らぬ間に限界を超えていたりする。
    僕の日記を読んでくれている人は、似たタイプかもしれない。
    今はどうせみんな身動きできないから、と言い訳作って息抜きして欲しい。
    僕もそうする。

    では。

  • 業界震撼の事件
    桜井 想多

    これは業界震撼の事件だと思う。
    今まで書いてきた僕たちの写メ日記の改行が、全部詰まってしまった。

    ショック…当たり前だった改行が、どれほど大切だったのか身に染みた。
    1日も早く元通りの写メ日記になる事を願っている。

    この日記はちゃんと改行できるだろうか。
    今は改行を入れながら書いているけど、努力虚しく詰まってしまうのだろうか。

    ひとつ解決策があって、投稿後に編集で改行し直すといいらしい。
    さすがにそれはだるい。
    いくら仕事が早い僕でもだるい。
    はやく元に戻りますように。
    でも1番慌ててるのはKaikanさんだと思うので、Kaikanさんにエールを送りたい。
    信じて待ってます。

    最近は昼夜逆転も当たり前になってきて、朝まで仕事して、ベランダに出て早朝の街を眺めるのが日課。
    誰も僕に見られるなんて思ってないんだろう、と思いながら眺めてる。
    誰かに日常を僕の日常に取り入れたみたい。

    僕が映画をつくるなら、この朝のシーンは入れたいと思う。
    みんなは映画に入れたいような日常はある?
    ちょっと考えてみて欲しい。

    では

  • 望んで飲む水
    桜井 想多

    久しぶりに電車にのったけど、空いてた。
    半端なく空いてて、1車両2人くらい。
    土曜の夜とは思えない空きっぷりだった。
    みんな自粛頑張ってるんだね。ほっとした。
    と同時に、なかなか辛い人も多いだろうなと思う。

    僕は最近体力を消費することがなく、お腹もすかなくて困っているという状況。
    いや、困ってないんだけど、食べるなら、食べたいと思って食べたいよねって思った。

    同じ事象でも、望んでやるのとなんとなくするのでは、全く価値が違う。
    飲みたいと望んで飲んだ水は美味しい。
    きっと心の持っていき方がうまいと幸せも大きく感じるのかもしれない。
    僕は感情の起伏はそんなにないし、わりといつもニュートラルだけど、どうせなら美味しい水が飲みたいね。
    同じ水でも無理やり飲まされたら、さぞ苦しいだろうと思う。

    何かを望んでするなら、まず何かを望まないといけない。
    それって自分を知ることになるね、たぶん。
    僕は自分がわからない。
    けど、そう言うとみんな言うだろう。
    わからなくていいと。
    でもわかることって進むことに繋がるから、僕は進みたい気がするよ。
    みんなはどう?


    では

  • 待たせたな
    桜井 想多

    昨日は全然更新できず。

    きっと今は雨降ってるかな。
    カーテン閉まってるし音もしないけど、わかる。

    雨の日に家で過ごせるっていいよね、なんか。
    安全地帯にいる感じがして。

    そういえば、先日からひっそりと通話サービスしない代わりに、僕のチャットサービスができたって。
    買ってもらった時間内は、チャットの会話に専念します、という感じ。
    僕と同じで通話が苦手という方はいいかもしれない。

    全然やるつもりなかったんだけど、ご要望があったと店からきいたので。
    そういうことなら、僕としても応えたいな、と思っている。
    チャットのレスのスピードははやいので、安心して使ってもらえたら。

    こうも家にいると何が食べたいのかわからなくなったりしない?
    僕はわからない。
    今何のモードなのかわからないまま冷蔵庫をあける。
    閉める。
    考える。
    わからないからとりあえず水を飲む。
    そんな感じ。



    では。

  • 元の自分に戻ります。
    桜井 想多

    ここのところ、日記に感情を出しすぎたので、もっと穏やかにいこうかなんて思ってます。

    でも色々みてたら出てきちゃうよね。
    みんなもそういうことってあると思う。
    自分の思想がある証拠じゃないかな。

    と言っても、それっぽい意見に影響されやすかったり、表面だけ見て批判しちゃうというのは思想とは言えないよね。
    自分って一貫した人間なんだろうかって謎は深まるばかり。
    まぁいいよね、それで。思うのは自由。
    でも人に伝えるなら、ちょっと考えてから言うのがいいと思う。

    最近は早朝にベランダに出るようにしてる。
    まぁ起きたまま早朝を迎えてしまってるんだけども。

    東向きなので眩しいけど、寒すぎないし空気が気持ちいい。
    時間あるしベランダに椅子置いて過ごしやすくしたいという願望がある。

    街を見るのが好きで、オフィスビルの窓や、朝から地下鉄へ向かう人、走り出した車なんかずっと眺めていられる。
    何も生まないけど、わざわざ生きてる感じがするからわりとおすすめ。

    では。