衝動的な感情をコントロールする話(2021年09月12日)馨(santuario)|写メ日記

santuario

東京/性感マッサージ/東京千葉埼玉神奈川始め全国対応

"女性用風俗ポータル『Kaikan』を見た"とお伝え下さい!

馨@写メ日記

379 件中 1 - 10 件目表示
  • をかしきもの ~解答編~

    皆さん、こんにちは。
    santuarioの馨です。 



    今は昔、をかしく月の澄みわたる夜、馨、雅、アレックスの集まりて、キャスしけり。その趣あはれなりしに、「女の感じるさまいとをかし。そのうるはしきさまにていかに」と雅の言ひしに、馨「さもありなん」とてかく詠みけり。


           謝感ニ態変
           罪じヤ度化
           すたつをす
           る姿く捉る
           のにもへ
           み


    雅、したりがほにて「いとよき歌かな。ありがたきことのありける。我も感謝せり。」と言ひけるに、アレックス「つくももありけり」とおどろき騒ぎ、うち笑みつつ見奉る。
    (宇治拾遺物語より) 


    問 アレックスのセリフに「つくももありけり」とあるが、「も」は並列の意味を持つ言葉である。なぜアレックスは「も」という語を使ったのか。直前の雅のセリフを踏まえて説明せよ。


    ネコはギブアップしたんだよ~


    さてさて、先日の問題ですが、皆さん解答できたでしょうか?日本人は昔から言葉遊びが好きで、歌の文脈を完全に無視して、ふざけるネタ遊びを行ってきました。これを「物名(もののな)の歌」といいます。


    和歌や俳諧で、歌や句の意味に関係なく物の名を詠みこんだもの。「古今‐物名」の「山高み 常にあらしの ふくさとは にほひもあへず 花ぞちりける」に「しのぶぐさ」を詠みこんだ類。もののな。隠し題。(日本国語大辞典「物名歌」の解説)


    今回の問題ですが、アレックスのセリフが最大のヒントとなっています。彼は歌の中に「つくももありけり」と言っているわけですから、別の何かに加えて、つくも「も」ある(=詠みこまれている)という意味で解釈することができますね。つまり、解答は、「つくも(九十九)以外に何が詠みこまれているのか」を中心にしてまとめればいいことがわかります。


    では、方針が決まったところで、つくも以外に何が詠みこまれているのか考えてみましょう。答えを見つけやすくするために、歌を横書きにしてみましょう。


            化する


            度を捉へ


            ヤつくも


            じた姿に


            罪するのみ


    そうですね。「変態に感謝」という馨のメッセージが詠みこまれていることがわかります。ここに気づくことができると、直前の雅が、


    したりがほにて「いとよき歌かな。ありがたきことのありける。我も感謝せり。」と言ひけるに、


    なぜ感謝しているのかがわかると思います。雅は馨のメッセージを受け、自分も馨に対して感謝するといっているわけですね。こうした雅の返事を受け、アレックスはこの歌に「変態に感謝」するというメッセージだけでなく「つくも(九十九)」だって詠みこまれているよと指摘しているのです。



    ネコも詠みこめよ!!!!


    以上の解説を踏まえ、解答例を提示するとこのような形になるでしょうか。


    馨が作成した和歌に詠みこまれた「もののな」が「変態に感謝」だけでなく「つくも(九十九)」も含まれていることを示すため。


    いかがだったでしょうか?
    たまにはこういう日記も楽しんでいただけたら嬉しく思います。

    それではまた。
    馨でした。


    ※現代語訳
    今となっては昔のことだが、美しく月が澄み渡る夜に、馨、雅、アレックスの三人がキャスをしたそうだ。その雰囲気はとても優美であり、「女性が感じる姿ってめっちゃ萌えますよね。その美しい様子を歌に詠んでくださいな」と雅がいったところ、馨は「そういうこともありますね」といい、こう詠んだ。

    変わっていく貴女の態度をしっかり捕まえてニヤついても、エクスタシーを感じる姿にはただ謝ることしかできません。

    雅は満足そうな顔で「とてもいい歌ですね。めったにないほど素晴らしい歌がここに詠まれました。私も感謝します」と言うと、アレックスは「つくももあったことだよ」とびっくりして騒いだものの、ちょっと微笑んで様子をみておりました。

  • をかしきもの

    皆さん、こんにちは。
    santuarioの馨です。


    今は昔、をかしく月の澄みわたる夜、馨、雅、アレックスの集まりて、キャスしけり。その趣あはれなりしに、「女の感じるさまいとをかし。そのうるはしきさまにていかに」と雅の言ひしに、馨「さもありなん」とてかく詠みけり。 


         謝感ニ態変
         罪じヤ度化
         すたつをす
         る姿く捉る
         のにもへ
         み


    雅、したりがほにて「いとよき歌かな。ありがたきことのありける。我も感謝せり。」と言ひけるに、アレックス「つくももありけり」とおどろき騒ぎ、うち笑みつつ見奉る。
    (宇治拾遺物語より)


    問 アレックスのセリフに「つくももありけり」とあるが、「も」は並列の意味を持つ言葉である。なぜアレックスは「も」という語を使ったのか。直前の雅のセリフを踏まえて説明せよ。


     



    主さん、とうとう気が狂ってしまったのか!!!


    昨日のキャスとても楽しかったです。馨のような謎な存在とコラボをしてくれた雅さん、アレックスに大変感謝しております。昨日のようなゆるゆるトークでもいいですが、どうせやるならテーマを決めて深堀していくのも楽しそうだなと感じた夜でした。


    さて、女性の美に関して、昨日のキャスでもお話ししましたが、どちらかというと、「あはれ」なものとして崇拝するより、昨日のそれは「をかし」なものとして語ったように思います。対象を知的・批評的に観察し、鋭い感覚で対象をとらえることによって起こる情趣を「をかし」といいますが、これは「あはれ」の深く心に染み入ってくる感覚とは異なります。


    えっと、その話って長くなるやつ?ワインのうんちくくらい要らないよん。


    をかし(形容詞シク活用)


    ①こっけいだ。おかしい。変だ。                       ②興味深い。心が引かれる。おもしろい。


    ③趣がある。風情がある。                                ④美しい。優美だ。愛らしい。


    ⑤すぐれている。見事だ。すばらしい。


    (weblio古語辞典より)


    繰り返しになりますが、「をかし」は「対象を知的・批評的に観察し、鋭い感覚で対象をとらえることによって起こる情趣」を指します。そのため、ちょっと客観的というか、「感動する」ような心の動きではないことが分かります。そのため、昨日のキャスのように、自分の好みの感覚を分析する場合、「あはれ」な女性像をイメージするのではなく。「をかし」き女性像をイメージすることになるわけです。


    この言葉には色々と学説があってはっきりしない部分も多いのですが、僕は語源にあるのは、「招く」(をく)であると思っています。つまり「手元に招き寄せたくなるような素敵な物」を「をかし」と呼んでいたのではないかと思うのです。



    僕はチュールが欲しいのである。


    その意味では、「萌え」に近い感覚なんじゃないかなって思うんですよね。


    僕は昔からハルヒが大好きで、ミクルちゃんをずっと推しているのですが、やっぱり可愛い彼女を手元に置いておきたい気持ちがするんですよね。その時の感覚って「萌え萌えきゅん!」って感じるんですが、それはミクルちゃんが「可愛く」て、「素晴らしく」て、「尊い」からなんですよね。


    「ああ、推し~~~~。尊い~~~。愛しい!」って感覚は「萌え」だと思いますが、自分の推しがどれだけ尊いのか、これって客観的に説明可能だと思いませんか?


     



    ネコのをかしさも説明可能?


    まさに「をかし」という言葉を「対象を知的・批評的に観察し、鋭い感覚で対象をとらえることによって起こる情趣」として考えた場合、「推しの尊さに悶えつつも、その推しのすばらしさを冷静に説明できる感覚」が「をかし」の説明としてしっくりくるように僕は思います。


    では、なぜ「をかし」に滑稽なイメージがついたのか?これは僕の推測ですが、「推しを愛でている姿」って他人から見たら失笑しちゃうからじゃないでしょうか?


    可愛くて愛しくて仕方のない推し…


    それを愛でる感情を「萌え」=「をかし」とするなら、愛しそうに対象を愛でつつも、推しのすばらしさを冷静に説ける姿もまた「滑稽」なものだったのかもしれませんね!そんなぼくらの「をかし」なトークは第二回が企画されておりますので、続報をお待ちくださいませ。


    それではまた。
    馨でした。


     

  • モードの誘惑

    みなさん、こんにちは。
    santuarioの馨です。


    流行り・廃りという言葉があります。僕らはいつも時代の変化についていけるように急かされているように思います。そうだな、別のだれかの欲望にそそのかされ続けている。それこそ僕らが生きる時代なのかもしれません。


    哲学者ロラン・バルトによると、「モード」とは「定期的に現れる新作の集団的模倣」のことを指しています。


    「今日のお前は昨日の私。明日のお前は今日の私」ロラン・バルト『モード論集』-「シャネル vs クレージュ」p.49


     そうやって日々僕らの周りは少しでも他人との変化を示したいという欲望にそそのかされた「モード」をまとったモノで溢れ、日々その差異を追い求めることを止まないという病気が僕らを包み込んでいるようです。



    セラピストの動きを見ていると、こうした欲望に追われ、疲弊している方が多いような気がします。少しでも目立つようにと、キャラクター設定を考え、ツイートし、日記を書く。セラピストとして模範的な行動ですが(さて、「まともなツイート・日記を書かなくなった僕はセラピストとしてどうなのかという問い」は、一旦避けておくことにします)、ここで再現されているものは、どことなく似通った、オリジナリティに欠けたものであるように見えるのです。


    でも、売れてる人ってちょっと違いませんか?ニーズの変化には敏感だけど、ちゃんとコンセプトを変えないで接客をやり続けている人が売れているように思います。少しでも変化を見せようと周囲を見渡し、少しばかり差をつけて新しいものとして提示する。現代らしい感覚といえばそれまでですが、やっぱりそれはちょっと違和感を覚えるのです。



    セラピストはファストファッションではありません。同じプロトタイプの色違いが並び、流行に合わせてカスタマイズされた商品を購買するわけではないと思うのです。それは、本当に求められているものが、他人の欲望(=ほかの人に良く思われたいという見栄)ではなく、自分の欲望だからです。


    自分の欲望に正直に生きる。意外と簡単そうで難しいものですよね。ありきたりの言葉になりますが、僕は僕の欲望を肯定して生きていますし、そういう生き方をしている以上、貴女の欲望を否定することはありません(もちろん肉体的な限界を超えたものはお受けできませんが)。迷っているなら一度女風の門をたたいてみるのもいいと思いますし、このセラピストなのかと疑問を抱くであろう「馨」と遊んでみるのも面白いかもしれませんね。ご予約をお待ちしております。


    それではまた。
    馨でした。

  • 自分語りをしてもいいですか?

    みなさんこんにちは。
    santuarioの馨です。


    午後の仕事の前、ふと思い出したように本棚から「東浩紀『動物化するポストモダン』(講談社/2001)」を取り出し、読み始めた。読書の秋だからだろうか。無性にこの本を読みたいという衝動に駆られた。本の内容を要約すると、「サブカルチャーが流行ると、人間性もまた変わる。」といえるだろうか。東の考察は嫌いじゃない。「まあそんなもんだろう」と思いつつも、彼の思考を追体験する自分がいた。20年前の本を懸命に読む自分がかわいらしくも感じた。




    20年前、初めてこの本を読んだとき、僕はまだ子供だった。いわゆる青春というものに背を向けて、周囲に馴染めず、じっと自分の殻の中に閉じこもっていた。常に絶望という二文字が僕の背中には張り付いていて、その苦しみを誰かにぶつけたいと願っていた。でも、そのことを分かち合える人は誰もいなかった。


    一人でいることの心地よさ。多分この感覚を手に入れたのは、この時期なんだろう。20年前。あのとき一人でいることを選択しなかったら、たぶん僕は違う人生を歩んでいたように思う。それほど、あの頃の僕は一人をただ好んでいた。そんな自分がいまでも嫌いじゃない。



    一人でいるのはなぜ心地よいのだろう。僕の中で理由があって、端的に言うと、自分の物語の中で生きていけるからだ。もし誰かに干渉されても、自分の世界が明確に構築されていたら、相手にする必要さえない。だって、その人は自分の生涯に何も影響を与えないのだから。僕はただ自分の「物語」の中で生き、自分の世界に意味を与えている。オタクたちが、さまざまなアニメやゲームの、魅力的な登場人物や背景設定をいつでも取り出して、そこから「萌え」を誘う要素を取り出し、それを複製したり組み合わせたりして生きるように。


    ポストモダンの時代に生きる人間は、世界の意味、自分が生きる意味・目的を誰かと交流する形で満たすことができなくなったのかもしれない。女風のセラピストをやって常々これは実感している。ユーザー様のニーズ・背景は本当に様々だ。セラピストも同様。始めた理由・目的なんかもみんなバラバラ。何一つとして同じものは存在していない。つまり、すべてが個人的なものであり、本来何一つとして共感できるものなど存在しないはずだ。



    それにもかかわらず、Twitterでは、女風体験の交換が日々行われている。セラピストも情報発信に努め、両者のせめぎあいが日々起こっている。誰にも共感してもらえない。そんな時代、社会だからこそ、せめてものよりどころとして「共感」を人は求めているのだろうか。いや、僕はちょっと違う気がする。「共感」ではなく「否定されないアジール」を人は求めているのだろう。どんな欲望も「否定されず存在を肯定される」そんな時間があってもいいじゃないか。僕はあなたの世界を否定しない。だから僕の世界も否定しないでほしい。そんな関係があってもいい。僕はそんな世界を肯定していきたい。本とコーヒーを手に、僕はそんなことを考えていた。


    それじゃあまた。
    馨でした。

  • しとねで乱れる

    みなさんこんにちは。
    santuarioの馨です。



    今度キャスをやりますテオドールです!(`・ω・´)


    これも今となっては昔の話であるが、京極の源大納言雅俊という方がいらっしゃいました。法事の際、仏前で僧に鐘を打たせるにあたって、一生不犯の者(一生セックスしない人)から選んで講を行いました。ある僧が礼盤(本尊の前で導師が礼拝しお経を読むための高座)に上ったところ、少し妙な顔つきになり、撞木(仏具の一種。鐘などを打ち鳴らす丁字形の棒)を取って振り回し、打つこともしないで、しばらくそのままでいるのです。大納言は「いったいどうしたのだろう?」と思い、何も言わないでいることも手伝って、周りの人々も状況を呑み込めない様子です。

    そんな最中、この僧が声を震わせて「あの……オ、オナニーはどうでしょうか?」と言ったので、みんな顎が外れるほど大爆笑です。みんなが笑っている中で一人の侍が、「ちなみに、オナニーは何歳くらいでやったんですか?」と尋ねたところ、僧は、首をひねり「えっと、昨夜もしました(笑)」と言ったので、みんな大笑いしたとさ。


    ちなみにその僧は、そのどさくさに紛れて早々と逃げてしまったということだよ。
    (宇治拾遺物語より)


    オナニー、、、気持ちいいのは分かりますけど、公衆の面前でこのセリフを言う羽目になった僧侶が哀れです( ゚Д゚) 男性もですが、女性の場合、マスターベーションをすることがさまざまな点で有効だといわれるようになってきましたよね。僕の知り合いは、自分が愛されるにふさわしい女なんだと自己肯定するためにマスターベーションをすると言っていました。深いなぁ。




    今日はせっかくなのでオナニーの効用をまとめてみようと思います。たかがオナニー、されどオナニー。奥が深いものですね(笑)


    1)気分を高めるホルモンが放出される
    マスターベーションによってさまざまな脳内物質が放出されますが、もっとも重要なものは幸せホルモンの異名を持つ「ドーパミン」です。こうしたホルモンの働きにより、ストレス軽減や免疫機能の改善が期待できるとのこと!



    2)痛みを防いだり和らげたりする
    慢性的な頭痛に悩まされている患者の中には、一種の頭痛治療としてセックスをしていると答えた人もいることが、ある調査から判明しました。オーガズムの経験が痛みを和らげる効果をもたらすとすれば、頭痛や腹痛など、身体に何らかの異常を感じた際に、マスターベーションをすることは非常に有意義なことといえます。



    3)睡眠導入剤となる
    「就寝前にマスターベーションをすると寝付きがいい」という人がいます。実際に、マスターベーションにより分泌されるオキシトシン、セロトニン、ノルエピネフリンは、ストレス軽減やリラックスと関係が深いため、眠りに入りやすくなるというメリットもあるとのこと。



    こうして考えてみると、マスターベーション、またそれに伴うオーガズム体験は自身の進退にプラスの効果をもたらすことが間違いなさそうですね。女性用風俗を利用し、自分好みのイケメンに施術してもらうことで、思いっきりオーガズム体験を経験してみてもいいのではないでしょうか?


    僕はこうした性の外注化は大切であると考えています。というのも、人間のメンタルバランスを保つためには、性愛による癒しが必要だからです。自分ひとりでやるくらいなら、たまにはイケメンとエロを楽しむのも悪くないのではないでしょう。



    寝つきが悪い人、頭痛に最近悩まされている人、自粛生活にもううんざりしている人、仕事のストレス負荷が大きすぎる人。そんなときは思いっきり自分の性欲を解放してみるのも楽しいものですよ。


    それじゃあまた。
    馨でした。

  • 泡沫夢幻

    みなさんこんにちは。
    santuarioの馨です。



    みんなのアイドル、マクシミリアンもおるで!


    タイトルにもある「泡沫夢幻(ほうまつむげん)」とは、水のあわと夢まぼろしの意味からきた人生のはかなさを表す言葉です。

    おい、馨。相変わらず変な言葉使ってんな!そんなこと説明されんでもわかっとるわ!
    なんて突っ込みが画面の向こう側から聞こえてきそうですが、まあまあ、僕の話を聞いてください。みなさん、「夢」といえば何を想像しますか?そう、イケメンです!イケメンは絶滅危惧種であり、現在地球上からその存在が消えつつあることを国連が発表したことは記憶に新しいですね。ですが、イケメンとお手軽に出会える手段もまた現代社会では拡散しています。そう、それは【マッチングアプリ】です。



    出会いの手段としてすっかり浸透したマッチングアプリ。Tinder、Omiai、タップル誕生。数え上げたらきりがありません。スマホで手軽に出会いを見つけられるのはとても便利なことです。時代に感謝しないと。でも、ちょっとだけ待ってください。職業的なものかもしれませんけど、実はマッチングアプリを利用してトラウマを得たなんて話もよく聞きます。ということで、今日はそんなマッチングアプリにまつわるお話を書いてみようと思います。

    写真詐欺編


    【速報】〇〇ちゃん、マッチングアプリのマジクソの写真詐欺にあって1時間で解散。窪田正孝だと思ってたら三四郎の小宮が来た模様【悲報】(Twitterより引用)


    これはなかなかの事案ですね。男女問わずこうした写真詐欺問題は起こりえることかと思います。特に注意すべき点は【横顔】!!!!!マッチングアプリの横顔詐欺は別人を通り越して、異空間へと飛ばされてしまうほどの衝撃を受けてしまいますよね!


    ローズマリーさん(仮名)のケース ※以下、ユーザー様の体験談をもとに創作した話です。


    イケメンが大好きな私は、とうとう運命の人に出会いました。素敵な【横顔写真】と身長185cmというステータスに惹かれて即マッチングしちゃったんです。だってこんな素敵な人、他の女にとられるなんて絶対に嫌でしたから。


    思い返してみると、メッセージのやり取りもすごくいい感じでした。テンプレート感のない文章だけじゃなく、私のプロフィールまでしっかり読んでメッセージを送ってくれたりして、すごく嬉しかった。本当に理想の王子様じゃないかなってドキドキ胸が高鳴っていったのを覚えています。



    2週間くらい、毎日毎日、「おはよう」「おやすみ」って挨拶から始まって、毎日いろいろなことを話したりしました。その流れで、相手の趣味や仕事の話なんかを話していたときに、【好きな食べ物】について話題が出たんです。それで彼の方から、「美味しいお店を知っているからさ、マリーちゃん、よかったらエスコートさせてよ!」って誘ってきたんです!


    本当にびっくりして、顔がニヤけてしまいました。ちょっとだけ答えを焦らして、相手に「オッケー」と伝えたあと、私はドキドキしすぎてしばらくスマホを手放せませんでした。そして、ワクワクしながら当日を楽しみに待っていたんです。



    ウキウキ気分で迎えたデート当日。張り切りすぎて待ち合わせ場所には約束の20分前に到着して待っていました。


    そんなとき、彼から連絡がきたんです!もう彼も到着してるんだって!!!喜んで周囲を見渡してみても、ええ??ええ??思い描いていた王子さまはどこにもいません。でも高身長の男性は一人いて、、、、



    私に「○○さんですか?」と声をかけてきた彼。えっと、どちらさまですか?と聞きたくなるようなブ〇〇クな男性がそこにポツンと立っていたんです。えっと、そのあごは加工頑張ったのでしょうか?顔も全体的に一回り大きいし、目と鼻と口の顔の中における比率がおかしいのかもしれませんね!うんうん。あと、たらこ唇を隠すなら【横顔】って最高の一枚になるんですね!こんな分析をしてしまうくらいサッと気持ちが冷めてしまったのは、この体験が初めてでした。


    期待していた分、がっかりも大きくてそのまま、知らない人のふりをして帰ってしまったローズマリーさん。こんな悲しいケースからトラウマにならないようにしたいですよね!



    これは、ひどいのである、、、、、


    そんなときとても有効な方法があります!えっ?そんな魔法があるんですか?と思ったそこのあなた!実はあるんですよ!今日は最後まで読んでくださった皆さんに、こっそりこうした悲劇を生まないようにするコツを教えちゃいますね!


    答えは簡単!【santuarioを利用する】ことです。イケメンと楽しく会話とデートを楽しみたいなら、運営さんにイケメンはだれかをしっかり聞いちゃいましょう。安心してください、santuarioにはイケメンが揃っています。代表を中心に、【売れるセラピストしか採用しない】方針を貫いてきた審美眼を信じてみてください。


    そのうえで、女性用風俗のいいところは、自分のわがままをしっかり聞いてもらえるところです。だったらどんな男性と遊んでみたいのか、しっかりと自分の希望を伝えることが大切です。もちろん、自分の希望がわからないケースも多いと思います。なんとなく利用してみたってやつです。それも気にする必要はまったくありません。一回で成功しようと思うから、がっかりするわけです。それなら、【とりあえず試してみて、違うと思った部分を正直に運営サイドに伝えてみる】というのはどうでしょうか?当店の優秀な運営様は、お客様のニーズにピッタリのセラピスト、デートプランを提案してくれることでしょう。


    というわけで今日はおしまい。
    馨でした。

  • 心を殺す前に

    みなさんこんにちは。
    santuarioの馨です。



    みんなお久しぶり!アシスタントのマクシミリアンだよ!


    週末は、雨が降って気持ちが落ちていますが、仕事があるので体を奮い立たせて準備をしていたんですが、気づいたら本を読んでいました(笑)
    雨の日はどうしても体が言うことを聞かないようです。困ったものです、、、


    そんな日はちょっと昔のことを思い出してしまいます。今日はそのあたりのことを思い出しながら話をしてみようかなと思います。マクシミリアン、準備はいいかい?


    合点承知の助!


    著名な社会学者の土井隆義は現代の若者特有の関係性を分析し、「優しい関係」と名前を付けました。これは、相手との対立を最大限に回避し、お互いの関係性が破綻しないようにする手法と考えればいいと思います。「繊細に配慮しあって葛藤の要素を徹底的に抑圧し、ガラス細工のように緊迫した関係性を営んでいかざるをえない」(土井)というわけです。人との距離感を見誤って、近づきすぎたら「ノリがおかしい」と怒られたり、そういう「空気」に合わない言動や行動・態度をとったときに、白い目で見られてしまう。こんな経験をしたことがある人は多いと思います。



    僕の日記を読みなれている賢い読者の皆様でしたらすでにお気づきかもしれませんが、土井先生がご指摘されている「優しい関係」が作り出す何とも言えない「気持ち悪さ」は、若者に特有のものではありません。だって、日々僕らはこの「気持ち悪さ」「居心地の悪さ」を感じて生きているんですから。職場や家庭にだって、この「優しい関係」は根深くゆっくりと浸透してきているのです。こうやって僕らの生活空間が「優しい関係」で満たされていくと、「言いたいことを好きだから言えない」という奇妙な苦しさが僕らの周りを包み込んでいくような気がしますね。



    夫との関係に悩まれている女性からの相談を受けることがセラピストになってから増えてきました。夫婦関係を維持していく中で大きな問題となるのが「セックスレス」ですが、「優しい関係」によって「性生活」の本音が隠されているケースがほとんどであるように僕は思います。


    旦那とは付き合ってからそろそろ8年になるけど、セックスレスは6年半。
    【元々お互いにやって欲しいことを言えない、聞けない関係】だから自然なことかもしれない。諦めてきてるから前より怒らないから。断られた後しばらく落ち込んでいて目を見たくないのは許して。(twitterより引用) 


    本音を言うことがすべてではないですが、なぜ本音が言えないのかという構造に目を向ける必要があるように思います。「言わないという優しさ」を自分に課して、その結果自分の心を自傷しているなら、それはきっと我慢するべきではないのだと思います。



    ネコは自分の気持ちを我慢しないのである!


    自分の心を殺す。
    そうやって自分を殺していくと、いつか何も感じなくなる日が訪れます。それはとてもとてもつらい日々です。


    そうなる前に一人で抱え込まないで、誰かに相談してみませんか?santuarioには、こうした悩みを受け止めることができる優秀なセラピストがそろっています。その中でも僕に相談するメリットがあるとすれば、あなたの心の様子を言語化するお手伝いができるということでしょうか。自分の心の内をちょっとだけ開示してみて、そこから流れ出る感情を一緒に見つめてみませんか。さらけ出す感情の動きって皆さんが想像している以上にセクシーなものです。そこにエロスを見出すことができる方でしたら、きっと面白い時間を過ごすことができると思います。

    笑顔を忘れないで!


    さてそれでは今日はこのあたりで。
    馨でした。

  • 衝動的な感情をコントロールする話

    みなさんこんにちは。
    santuarioの馨です。


    池袋で起こった悲惨な事故の判決(被告に対し執行猶予がつかず実刑が言い渡された)からもわかるように、交通事故に対する僕らの認識は変わりつつあると思います。そこで今回僕が取り上げてみたいなと思ったのは、「あおり運転」です。そこで、「あおり運転」をやってしまう人の心理状況を心理学者に聞いてみたという記事を見つけたのでリンクを張っておこうと思います。


    人はなぜ「あおり運転」をしてしまうのか? その心理状況と原因について心理学者に聞いてみた


     記事によると、人が「あおり運転」をしてしまう理由は、【運転中は顔が見られにくいため人間の本性が出やすいから】だそうです。



    運転をしているときは、相手から顔が見えにくく、車内という「個室」のような環境では、職場や学校のように常識的な振る舞いをする必要もないため、その人本来の性格に近い心理状況になってしまうのですね。その結果、理性で自分の衝動を抑えることができなくなってしまう。加えて、自分に自信がない場合、相手が悪意を持っているのではないかと、過度に疑い深くなり、弱い者を迫害する心理状態にもとらわれてしまうのかもしれません。


    この心理状況って、あおり運転に限った話ではないように思います。Twitterに目を向けてみると、ちょっと自分の意にそぐわない投稿を見つけると執拗に投稿者へとリプを飛ばしたり、DMを送ったりといった過激な行動に出てしまう人が一定数いるように思います。



    自分の意にそぐわないという理由で、匿名であることを隠れ蓑に掲示板へと憶測を書く行為も同様のメンタリティであると僕は思います。顔が見えないというだけで、本能の赴くまま他人に対して残酷な行為をいとも簡単にやってしまうのが人間です。2chをはじめとする掲示板が登場して、便所の落書きが減ったと指摘した心理学者がいましたが、匿名であるということ=顔がみえないということが、残忍な人の本性を引きだすファクターになっているのかもしれません。



    では、どうすることが望ましいのか。答えは簡単だと思います。セラピスト側もユーザー側も、相手にしているのは一人の人間であると自覚することです。目の前には感情を持った人間がいて、なんとなく気に食わない発言があったという理由で相手を否定する権利は本来ないはずです。そのことを一度冷静になって思い出すだけで、衝動的な感情をコントロールすることができるようになるのではないでしょうか。


    過度な攻撃性は自分も相手も傷つけるってことね


    それでは今日はこのあたりで失礼します。
    馨でした。

  • 鼻詰まりに悩んでいる方はぜひお読みください!

    みなさんこんにちは。
    santuarioの馨です。



    マクシミリアンも参戦しているのだ!


    今日はイグノーベル賞2021が発表されましたね。日本人は15年連続で受賞していることが話題になりましたが、皆さんはイグノーベル賞の関連記事はもうお読みになりましたか?


    ※イグノーベル賞
    1991年にマークによって創設された「人々を笑わせ考えさせた業績」に与えられる賞である。ノーベル賞に対するパロディー。


     【「歩きスマホ」研究にイグ・ノーベル賞 日本人15年連続


     なぜ「歩きスマホ」で歩行者同士がぶつかりそうになるのかを実験で調べた京都工芸繊維大の村上久助教ら日本の研究チームが「動力学賞」を受賞したそうです。村上助教らのチームは、横断歩道のような場所で二つの歩行者集団が向かい合ってすれ違う際、一部が「歩きスマホ」をしているだけで本人だけでなく周りの人も歩行が乱れ、ぶつかる直前に大きくかわすようになることを実証する研究を進めたそうです。



    そんな研究あるんだぁぁぁぁ!


    今回注目すべき研究がイグノーベル医学賞を受賞しました。それはこちら!【オーガズムが点鼻薬と同じくらい鼻づまりに有効なことを示した研究】です!オーガズムに達することで体内のホルモン量に変化が生じ、点鼻薬と同じくらい鼻づまりに効果的である可能性を示した研究をドイツのオルケイ・ジェム・ブルト氏らが主導し実証したとのこと!



    9組・18人の実験参加者がセックスを行い、オーガズムに達した直後1分以内、30分後、1時間後、3時間後に、鼻腔通気度計を用いて鼻腔抵抗などを測定したところ、オーガズムが鼻づまりを最大60分間効果的に改善し、3時間かけて通常の状態に戻っていくことが明らかになったとのことです。ちなみに、実験に参加したカップルはすべて片方または両方が医療従事者で、実験はそれぞれの自宅で実施したそうです。データはカップルの両方がオーガズムに達したときにのみ取得されたとのことです。



    この研究を通し、ブルト氏らは「今後マスターベーションでも同様の効果が示されるのか確認したい。もし効果があることが証明されれば、場合によっては点鼻薬の代わりに使えるかもしれない」と結論付けています。


    これ、女風は鼻炎に効果があると宣伝できるんじゃないですかね!慢性的な鼻炎で悩んでいらっしゃる方、ぜひ女風を利用してみませんか?これからブタクサなどによる花粉症で悩まされる方も多いと思います!ぜひ、女風で鼻炎を撃退しましょう!現場からは以上です。


    それではまた。
    馨でした

  • 自信をもてない貴女へ書いたラブレター  ~自信のなかった頃の僕の話~

    みなさん、こんにちは。
    santuarioの馨です。


    マクシミリアンも馳せ参じたのだ!


    自分に自信が持てない。こういう感覚を持っていらっしゃるユーザーさんは多いように思います。これはセラピストにも当てはまる部分もあると思いますが、「自信がなくどこか暗い雰囲気を醸し出してしまう。そして一層自己嫌悪に陥ってしまう」といった負のスパイラルを繰り返してはいませんか?


    他人の言動に敏感な人ほど自分に自信を持てなくなってしまうものです。その大きな原因は敏感すぎる感受性です。いろいろと感じ取ってしまうからこそ、自分の繊細な感受性にそっとふたをしてしまうのです。敏感に感じ取ってしまいやすい性質があるからこそ、ちょっとした他人の言動も必要以上に解釈してしまい、疲れてしまう。それが嫌で感じることをやめてしまっている人って実はかなりいらっしゃるように思います。



    猫は自信がないときに手を舐めるのさ♪


    これってたしかに防御には向いているんですけど一方で、「自分が本当にやりたいこと」「ワクワクしてしょうがないこと」も感じられなくなってしまいます。もちろん「性を楽しむ」なんて夢のまた夢。せっかく敏感な感性を持っているのに、生きづらさのためにふたをすることで、人生を楽しめなくなってしまう。その結果自分のやりたいことさえ見失ってしまうのはちょっともったいないように思います。 



    ちなみに僕自身も、「感じる」ことにフタをして、人生の迷子になってしまった一人でした。そんな僕を救ってくれたのは間違いなく「肌に触れる」の体験だったように思います。自分を見失っていたころ、ふと気になっていたマッサージ店に入ったことがあります。そこはハンドセラピーを主とするお店でただ手を握ってもらってゆっくりと話をするだけの場所でした。ですけど、たったこれだけの体験が「感じる」ことを忘れていた自分をちょっと思い出させてくれたんですね。人肌のぬくもりを感じるだけで、理性ばかりを重視して、具体的な質感を忘れていた自分に気付くことができた。これが、僕がマッサージと出会った瞬間でした。



    理性が重要視される社会に生きていると、感性って忘れ去られてしまうように思います。そして、この忘却が自分の自信喪失につながってしまう。「こうしなきゃいけない」「こうするべき」という理性で自分を押さえつける生き方を洗脳されたように自分から選んでしまうのは悲劇以外の何物でもありません。


    僕が理想とする施術は、僕の施術を通じて新しい自分に気付いてもらうことです。こんな自分もいたんだ。こんな自分も否定しないでいいんだ。そうやって自分の価値の再評価をしてもらいたい。心からそう思います。



    無理に性感にこだわる必要もありません。無理にロングコースで予約する必要もありません。自分にとって必要な時間を僕と一緒に過ごしていただけたら、それがなによりも嬉しいものです。セラピスト冥利に尽きるというやつでしょうか。



    主さん、主さん!お仕事終わった?あしょぼ~!


    それでは長くなったので今日はこのあたりで。
    馨でした。