日本人のこういうところ好きです。(2021年04月10日)馨(santuario)|写メ日記

santuario

東京/性感マッサージ/東京千葉埼玉神奈川始め全国対応

"女性用風俗ポータル『Kaikan』を見た"とお伝え下さい!

馨@写メ日記

372 件中 151 - 160 件目表示
  • 生茶包囲網!!!!!

    伝令 「馨少佐!!!!大変です!」
    馨  「む、どうした。早く報告したまえ。」

    伝令 「我軍が完全に包囲されています!非常事態です!」
    馨  「こ、これは、どうしたことだ!生茶以外の値段が全て129円になっているではないか!」
    伝令 「そうなんです。これはどのように対処すれば…」

    キリン推しの馨は140円の生茶を購入しました。キリンの社員さん、馨はキリン推しですよー(笑) 入るなら今ですよー!

    それではまた。
    馨でした。

  • 日曜の朝は、、、

    おはようございます。
    santuarioの馨です。

    日曜の朝はちょっと近くの公園を散歩しています。緑が多くてとてもいいところですね。以前は山手線のターミナル駅にに住んでいたためかなり煩かったのですが、ちょっと郊外に引っ越してから、かなり街の感じは落ち着きがあって気に入っています。

    猫たちもこころなしか、暮らしやすそうな気がしていますが、それは僕の錯覚かもしれません(笑)そろそろコーヒーを買って家に戻り、午後からの仕事に備えてゆっくり猫と遊びながら体力を回復したいと思います。

    それでは皆さん。
    良い一日を!
    馨でした。

  • 馨の深夜の独り言 -春眠暁を覚えず-

    こんばんは。
    santuarioの馨です。

    春 眠 不 覚 暁
    処 処 聞 啼 鳥
    夜 来 風 雨 声
    花 落 知 多 少

    春の眠りは心地がよく、夜が明けるのも気づかないほどです。あちらこちらから鳥のさえずりが聞こえてきます。そういえば昨夜は風雨の音がしていたな。いったいどれほどの花が散ったことでしょうか。

    明日起きたとき、こんなふうな春の変化を感じてみたいなと思います。つい寝すぎてしまう春だからこそ、いろいろな変化に気付いて、それを共有できたらいいですね。

    それじゃあおやすみなさい。
    馨でした。

  • こういうお店って……

    こんばんは。
    santuarioの馨です。

    こういうお店ってなんか惹かれるものがないですか?
    そこはかとなく漂ってくる場末感。
    とてもそそられます。

    こういうお店で、どうしょうもなく安い日本酒(二級酒とか書いてあるやつ)を飲んで、焼き鳥とモツ煮込みを食べる。そんなデートもまた良いですよね。

    たしかに高級なホテル、レストラン。キラキラした世界も非日常を演出してくれますが、僕はこうした下町の居酒屋で飲んだくれている人に混じってちびちびやるのも好きです。

    それじゃあまた。
    馨でした。

  • 二人三脚

    こんにちは。
    santuarioの馨です。

    ちょっとだけ踏み込んだ話をしたいと思います。セラピストと運営の関係について。

    セラピストは基本的に業務委託契約を結んでおり、運営サイド(経営層)と対等の関係です。個人事業主の集まりなので働き方は基本的に自由です。

    ただフリーランス経験が長くなると、そうした契約関係として割り切れるものをベースとして、経営層とフリーランスたちは契約を超えた主従関係を結ぶようになります。信頼できる指揮官の下では傭兵は凄まじい力を出すようになるのです。これをロイヤリティ、つまり忠誠心といいます。

    では、どうすれば傭兵部隊の忠誠心を高めることができるのか?これは一概に言えません。ただ一つ言えることはどのような組織であっても信頼できる仲間を選別することが欠かせません。互いに信頼できる仲間意識があれば、自ずと組織に対するロイヤリティは高くなり、結果組織は強くなるからです。

    傭兵部隊のコマンダーに対するロイヤリティが高くなれば、自ずとコマンダーの手間を省くように傭兵も動くようになります。信頼する指揮官に手間を掛けさせないようにやれることはやろう、こうしてモチベーションは一層高くなり、チームは強くなるのです。

    個人とチーム、どちらが強いのかは歴史が証明しています。コマンダーは傭兵部隊の指揮官として、彼らのロイヤリティを意識し、傭兵は傭兵らしく、指揮官に尽くす。そうした二人三脚こそが理想の組織かなと僕は思います。

    さて、サントは信頼に足る指揮官がいるのか?当然います。そうでないなら多くの人間はついていきません。

    さてさて、また仕事に戻りますね。
    それではまた。
    馨でした。

  • 日本人のこういうところ好きです。

    こんにちは。 santuarioの馨です。 すごーく細かくてどうでもいいんですが、シミュレーションをシュミレーションという文化がすごく日本的だなと感じます(笑)根底にあるのは、言葉に対する感覚なんですよね。 日本人にありがちですが、島国だからでしょうか、よくガラパゴス化すると言われています。要するに、モノの進化の過程がとても独自性を持ちやすく、ガラケーの独特な発展の歴史なんかを考えるとイメージしやすいです。 じゃあなんでガラパゴス化しやすいのか?これは自分たちの使いやすさが元々の文脈よりも優先されるからだと思います。漢字を崩してひらがなやカタカナを作るが、使えそうな漢字だけは残した日本人はガラパゴス化の天才なんですね。 元々の英語で、シミュレーションはsimulationと書きます。その為、siの音をシュと読むこと自体が間違いなんですが、ほとんどの日本人はそんなことにこだわりません。本来の文脈から切り離しカスタマイズする天才は、そんな音がどうかなんかどうでもいいわけです。それが伝わるなら。 僕はこういう合理性は大好きです。細かい音さえも気にしてしまう僕には、こんな大胆な合理化はできないからです。 こんなくだらない話をしてデートするのも悪くないと思いません?ふとした日常の光景も、ちょっと考えてみるとたくさん面白さが詰まっていると僕は思います。え?こういうところが変態ですか?はい、僕もそう思います。 それではまたあとで。 馨でした。

  • マクシミリアン、ご機嫌です(笑)

    こんにちは。
    santuarioの馨です。

    相変わらず金〜日はクソ忙しいスケジュールです。本業の合間に予約を入れているため、リアルに休む時間がないのですが、(移動時間は日記を書いたり、ネタの準備をしているため)充実しています。かなりワーカホリックなところがあって、仕事≫プライベートとなっているため、ほぼ友人たちとは会っていません。音楽活動もしばらくやっていないので、もうそろそろ復帰したいのですが、現状それもままならない状況です。

    とりあえず昨日はいっぱいナデナデして、チュールあげて、お気に入りのおもちゃで遊びました。ゴロゴロ言ってて可愛いやつです。お腹も空いたようなので、たくさんカリカリもあげました。また、ダイエットの日々だぞ!

    さて、1430から仕事なので、向かわないとね。今日は24時まで!さて仕事モードに切り替えて頑張りまーす!

    それじゃあまたね!
    馨でした。

  • ようやく一位を取りました。

    おはようございます。
    santuarioの馨です。

    とうとう、店舗で一位を取ることができました。以前に宇治薫として所属していたTaCITさんを抜くことを一つ目標にして毎日コツコツと日記を書いてきたので、本当に嬉しく思います。

    これからも馨、並びにsantuarioのみんなで、ランキングトップを維持できるように頑張ろうと思います。今回の一位は代表個人の影響力が強いため、次は現役セラピストだけの力で十分戦えることを証明していきます。

    僕の力はとても小さく、戦力としてはまだまだ火力不足は否めませんので、個人としてもしっかり力を付けていけるようにがんばります。

    それではまた。
    馨でした。

  • マクシミリアンから抗議を受けました(泣)

    こんにちは。
    santuarioの馨です。

    先ほどマクシミリアンから猛烈な抗議を受けました。最近、遊ぶ時間が少なく、扱いがぞんざいになっているのでは?と彼は主張しています。

    たしかにここ数日、というより今月は全体的に仕事のスケジュールが詰まっており、マクシミリアンにも寂しい思いをさせてしまったのかもしれません。ちなみに彼にはお詫びにチュールをあげているのですが、日記に貢献するという彼の仕事に対し、遊んであげることは正当な対価といえ、ボーナスとしてのチュールでは足りなかったようです。

    ちょっとマクシミリアンとの時間を増やすために、仕事のスケジュール等の連絡を除き、レスポンスが悪くなることが予想されます。マクシミリアンの機嫌が治るまで少しお待ち下さい。

    おっと、ご飯の要求です。
    それではまた。
    馨でした。

  • 午前の業務終了!

    こんにちは。
    santuarioの馨です。

    今日は朝から打ち合わせが2件入っており、クライアントを待たせないように朝から資料準備に追われていたので、遅めのランチです。とりあえずしんどいなと感じるときもあるけれど、なんだかんだ本業は好きなんだなぁと、こういう休憩時間に感じたりします。

    昨日もちょっと書いたけれど、女風の世界はとても閉鎖的なところがあるから、本業を辞めてしまうと、楽しい馨がいなくなってしまうと思います。僕のキャラを面白いと褒めてくれる人はいるけれど、これは間違いなく本業で得た経験あってのことだからね。 

    午後は納品間近のコンテンツ作成にがっつり取り掛かろうと思います!さーて、頑張るぞ!

    これを乗り越えたら楽しい週末ですよ!
    あと少しだけ頑張りましょ!
    それじゃあまた後でね。
    馨でした。