セラピストとお客様の関係性 その2(santuario)

お店ニュース

セラピストとお客様の関係性 その2

お店ニュース:セラピストとお客様の関係性 その2

santuario 代表、海沙です



前回のコラムでは

お店の代表って立ち位置からの
考えを書かせていただきました

沢山の方に見ていただけて感謝しております



あのコラムを書いて
そして、読み直してみて


「あぁ…僕はもう完全に
代表ってフェーズなんだな…」と
しみじみ実感したな




もちろん
自分自身が現役としてやってた時期は
また違う思いだった




帰り際、駅でお客様とハグ

「またね」とバイバイしてさ



自分自身も名残惜しさを感じつつ

姿が見えなくなるまで手を振り続け
家路につく



「帰る場所がある貴女のこと
好きになってはいけない~♪」って

頭の中で流れてるのは
EXILEの「Ti amo」だったりさ(笑)




帰りの電車内で上げるツイートは
妙に色を感じさせることを
書いちゃってたかな


ある意味その人への
ラブレター的な

忘れたくなくて
何か留めておきたかったのかもしれない

その時の思いを




家に帰って
お風呂に入って
ハイボールをひと缶開けて
アフメを送る



あまり仕事って感覚じゃなかったかもな




ただただその時
帰って来ないその過ぎた時が
愛しいって感覚だった


きっとそれだけ気持ちを入れてたんだと思う
今思い返すと




翌朝
お客様からいただくメールに
「これでまた日常を頑張れます、ありがとう」って




その時が僕の
スイッチが切り替わる瞬間だった




「あぁ、これは仕事なんだ…」ってね
目が覚める瞬間というか




セラピストだって
お客様に酔う時もあるんだよ

恋心に近いようなね



でもそうした感謝を糧に
セラピスト側もスイッチを切り替えて
日々を頑張っているんだと思います



独占欲とか所有欲とか嫉妬とか
そういうの抜きにして

先ずはお互いに感謝から
始まる関係性




そんな感謝の良循環って
素敵じゃん?





santuario代表、海沙でした
それじゃ、またね



santuarioのお店ニュース一覧