つながる、心と心(2021年04月21日)ゆう(女性向け性感マッサージKa Rent )|写メ日記

"女性用風俗ポータル『Kaikan』を見た"とお伝え下さい!
050-1216-6171

ゆう@写メ日記

3 件中 1 - 3 件目表示
  • つながる、心と心
    ゆう

    南半球から北半球まで世界各国にお住まいの女風ユーザーの皆さん。
    また、KaRentに入店を検討している2,3人のメンズの皆さん。
    こんばんは、ゆうです。
     
    毎週水曜の22時半に写メ日記を書かせて頂いてます。
    もしかすると僕の文才が認められ、媒体側からライターとしてデビューを持ちかけられるかもと思っていましたが、そんなこともありませんでした(2回目)
     
    前回は2回目の写メ日記ということでセラピストの過去について触れさせて頂きました。
    真剣なようでネタのような記事を書かせていただきました。
    もしご覧になられていない方がいれば、こちらどうぞ。
    https://kaikan.co/shop/tokyo/seikan/327/therapist/4793/diary/63364/
     
     
    さて、今回は「つながる、心と心」と題しています。
    コミュニケーションについてのお話をしたいと思います。
    コミュニケーションとはなんなんでしょう。
     
    コミュニケーション(英: communication)とは、「伝達」「通信」「意思疎通」などの意味の表現。「交流を図る」「意思を伝え合う」といった行動を指す意味合いで用いられることも多い。言葉を使った意思疎通だけでなく、文字を使った伝達、身振り手振りによる意思表示などもコミュニケーションに該当する。
     
    なるほど?
     
    文面的にあくまでも表面的な意思疎通に留まっているようにも感じます。
    仕事や友達とのやりとりであれば、意思を正しく伝達することを目的としたコミュニケーションが求められます。
    また、そうあるべきかと思います。
     
    ただ、女風ではどうでしょうか。
    女風におけるコミュニケーションは決して表面的な意思疎通に留まらないはずです。
    もっと深度の深い、心と心を通じさせるコミュニケーションが求められます。
    相手の考えていることを知りたい、相手の話をもっと聞きたい、真摯に受け止めたい。
    僕は、そういった丁寧な感情を言葉に添えてコミュニケーションをとるようにしています。
     
    また、女風ではコミュニケーションは言葉を使った意思疎通のみではなく、セックスコミュニケーションもあるでしょう。肌を重ねることで相手を深く知る。
    別に、手を繋ぐ、それだけでも十分です。
    相手に触れることでしか理解できないこともあります。
    僕は、触れて分かったことを咀嚼して相手に伝えるようにしています。
    触れて、伝えて、噛み締めて。
     
    ※こんなご時世なので、触れる前にしっかりと消毒は忘れずに
     
    些か抽象的な内容になってしまいましたが、今日はここまで。
    あなたとコミュニケーション、とらせてくださいね?
     
    Twitterやってます。
    しっかりフォローしといてください。
    僕が喜びます。
    DMでイチャイチャしましょう
    https://twitter.com/y_karent
     
    動いてる僕も置いておきます。
    見てね。
    https://youtu.be/nWKRSRZE3oc
    https://youtu.be/4vl2wvLhSmA
    それでは、ばいちゃ。

  • セラピストの過去
    ゆう

    日本全国津々浦々、北は北海道、南は沖縄にお住いの女風ユーザーの皆さん。


    また、KaRentに入店を検討している5,6人のメンズの皆さん。


    こんばんは、ゆうです。


     


    毎週水曜の22時半に写メ日記を書かせて頂いてます。


    もしかすると僕の文才が認められ、媒体側からライターとしてデビューを持ちかけられるかもと思っていましたが、そんなこともありませんでした。


     


    前回は初の写メ日記ということで自己紹介をさせて頂きました。


    有難いことに記事は多くの方々に見て頂いたようで、KaRent初のランキング掲載とのこと。


    ありがとうございます。


    もしご覧になられていない方がいれば、こちらどうぞ。


    https://kaikan.co/shop/tokyo/seikan/327/therapist/4793/diary/62584/


     


     


    さて、前置きが長くなりました。


    タイトルは「セラピストの過去」。


    なんだか、重そうなテーマですね。


    それでは聞いてください。


    過去のバイト遍歴(重くない)


     


    ・叙●苑ホールスタッフ


    やはりマナーや知識を多く求められますが、裏側は飲食店と変わりません。


    たまに食事をしに行っても原価●●円やしな~と1mmも面白くない事を考えてしまいます。


    けど、肉の旨さはチェーン内では圧倒的なので足を運んでしまいます。


    賄いがうまかったです。


     


    ・アニメショップ店員


    エロゲとアニメ円盤(DVD)とフィギュア触ってました。


    趣味を仕事にするのは辛いと言いますが、僕は苦じゃなかったです。


    あと店舗は秋葉原にあったんですが、


    秋葉原のアニメショップで働いているエリート感を感じていました。


    歌舞伎町のホスト的な。実際はただ店舗多いだけでエリート要素皆無です。


     


    ・個人経営の高級割烹料理店


    店主に殴られて2日で辞めた。


     


    ・ブ●クオフ店員


    本好きにはたまらない環境でした。


    社割もあって幸せだったなあ...


    ただ破棄だけは心の底から辛い時間でした。


    あと、万引き捕まえようとしたけど非力すぎて捕まえられなかったのはナイショです。


     


    ・派遣


    ・警備員


    多くは語らないけど、すごい(意味深)


     


    こうしてみるとキラキラ系のバイト一切してこなかったんですよね。


    Ap●leのスタッフに申し込んで二次面接で人格否定して萎えちゃったよね。


    (バイトの面接に二次面接あるのよく考えたらすごい)


     


    それに対してセラピストの仕事は毎日が刺激的だしキラキラしてる。


    それもこれも今この記事を読んでくれている貴女のおかげ。


    これはマジ。


    ありがとな。


     


     


    Twitterやってます。


    しっかりフォローしといてください。


    僕が喜びます。


    DMでニャンニャンしましょう(?)


    https://twitter.com/y_karent


     


     


    動いてる僕も置いておきます。


    見てね。


    https://youtu.be/nWKRSRZE3oc


    https://youtu.be/4vl2wvLhSmA


     


     


    それでは、ばいちゃ。

  • 第一声、大きな声ではじめまして
    ゆう

    全世界に60億人いると言われている女風ユーザーの皆さん。
    また、KaRentに入店を検討している10人ぐらいのメンズの皆さん。
    はじめまして、ゆうです。
     
    今後、毎週水曜の22時に写メ日記を書かせて頂きます。
    もしかすると僕の文才が認められ、媒体側からライターとしてデビューを持ちかけられるかもしれませんが、その際はその限りではありません(冗談です)
     
     
    今回は初の写メ日記ということで、ベタで(不本意ですが)自己紹介をしたいと思います。
     
    名前:ゆう
    年齢:27
    身長:180cm
    体重:56kg
    体型:BMI18(細身)
    声:高め
    手:大きめ
     
    こんな人間です。
    もう少し踏み込んで書いてみます。
     
    趣味:カメラ,読書,お酒(の場)
    好き:夜景,夜の住宅街,黒,スマートなモノ・ヒト,僕のことが好きな人
    嫌い:割り込みする人,虫,僕のことが嫌いな人
     
    厨二病というかスカしてるというか、なんだかそんな印象ですよね。
    実際は全くそんなことないんです。
    (セラピストのブランディングって大変なんです。僕は迷走するのでもう諦めて素でいます)
     
    あと手は無限に褒められます。
    掌が大きいです。
    撫でられ甲斐も掴まれ甲斐も締められ甲斐もあると思います。
    評判いいです。
     
    (調子に乗って)毎日Twitterに手撮りをあげています。
    #yuhandでタグ検索すれば過去の写真をすべて見ることが出来ます。
    是非見てみてください。
    https://twitter.com/hashtag/YuHand
     
     
    今日の記事であまり書きすぎると次回以降ネタ不足に苦しみそうなので締めに入ります。
    一応、店のYoutubeとかで動いている僕を見ることが出来ます。
    声とかぬるぬる動く僕は是非こちらで見てください。
    https://youtu.be/nWKRSRZE3oc
    https://youtu.be/4vl2wvLhSmA
     
    それと僕のTwitterアカウントも。
    まさかフォローしてない方はいないかと思いますが、もし万が一ミスや何かの手違いでフォローできてなかった方がいるかもしれないので。
    (すいません、冗談です。切実にお願いします)
    https://twitter.com/y_KaRent
    id:@y_KaRent
     
     
    それでは、ばいちゃ。