【手塚物語】1章-5 「はじめてのラブレター」

greed

東京/出張ホスト/全国出張有り

"女性用風俗ポータル『Kaikan』を見た"とお伝え下さい!

手塚 翼@写メ日記

手塚 翼

手塚 翼  (30)

プロフィールを表示

37 件中 11 - 20 件目表示
  • リスクとリターン
    手塚 翼
    手塚 翼|リスクとリターン

    日記閲覧いただきありがとうございます♪
    greedの翼です。


    ”リスクとリターン”と言われると


    「投資の話かな?」


    と思う方も居るかもしれませんが違います。


    人生のリスクとリターンのお話です。


    生きていると様々な選択を迫られますよね。


    その時、無意識にリスクとリターンを天秤に乗せて判断しているのだと思います。


    女風でもリスクとリターンはあります。


    女風をはじめて利用しようと思った時、環境によっていろいろ考えたのではないでしょうか?


    「癒しが欲しい」
    「性欲を発散したい」
    「日々に刺激が欲しい」
    「非日常を味わいたい」
    「イケメンに会いたい」
    「プロのテクニックを味わってみたい」


    利用しようと思った目的がリターンなのだと思います。


    でも・・・


    「余計に傷ついてしまうかも」
    「沼にハマっってしまうかも」
    「パネル詐欺じゃないかな」
    「利用バレするかも」
    「性病にかかるかも」


    リスクを考えてたくさん悩まれたのだと思います。


    悩んだ結果リスクをとって行動した方も居れば、まだ悩まれている方も居るでしょう。


    行動した方は、いろいろなリターンがあったことと思います。


    幸せな思い出、辛い思い出、長い時間を過ごすほど増えてくると思います。


    僕は仮に辛い出来事だったとしても、それは人生において経験という大きなリターンだと思っています。


    はじめてのセラピストさんが最高の人も居れば、何か違うと感じた方も居るでしょう。


    理想的なセラピストさんに出会ってからも悩みは尽きません。


    「他の人とはどんなことしているんだろう」
    「私の事どう思っているんだろう」
    「今何しているんだろう」
    「嫌われてないかな」
    「返事遅いな」


    楽しさの裏にはこのような不安もあるかと思います。


    一緒に過ごした時間が長くなると誤解やすれ違いも出てきます。


    「誤解だと思うけど誤解じゃなかったらどうしよう」
    「直接聞きたいけど面倒だと思われないかな」
    「話しても無駄だしやめておこう」


    話したくてもリスクを考えてやめることもあるでしょう。


    ときには状況をありのまま受け止めることも大切だと思いますが、誤解やすれ違いを解消するには話し合うことが一番だと思います。


    僕は勇気を出して話してくれたことには、誠意をもって応えたいと思っています。


    話してもどうしようもないと思う事でも、思いを共有することで出来る限り配慮することはできます。


    だからリスクを、傷つくことを恐れないで下さい。


    勇気を出して話してみて下さい。


    僕はあなたの全部を受け止めます。


    一緒に素敵なリターンを探しましょう。


    それではまた次の日記で(^^)ノ

  • 【手塚物語】1章-5 「はじめてのラブレター」
    手塚 翼
    手塚 翼|【手塚物語】1章-5 「はじめてのラブレター」

    前回の手塚物語!
    「文化祭で学ランを着て踊ったことから、モテ期に突入した手塚青年。しかし女性への免疫がなかった手塚青年はそのチャンスを活かせないのでした・・・」


    1章-5 「はじめてのラブレター」


    時は流れて中学3年生の1月。


    高校受験に向けて授業は自主学習となっていました。


    手塚青年は、兄が全寮制の高校に通って実家を出ていたことに憧れがあり、実家を出るために全寮制の高校を志願していました。


    手塚青年が志願した高校は特殊な学校だったため、受験は12月中に終わり1月の初旬には合格発表がありました。


    手塚青年は運よく合格していたので、滑り止めの受験もキャンセルして夜遅くまでメイプルストーリー(というネットゲーム)をして学校では寝たり、早めに合格が決まった推薦組と遊ぶ日々を過ごしていました。


    手塚青年が進路に決めた高校は愛知県にある全寮制の高校だったため、中学卒業後に鹿児島を出て愛知に住むことが決まっていました。


    過去になかった進路に進んだことや、中卒で実家を出るといった噂が学年中に知れ渡り、目立つ方ではなかった手塚青年でしたがちょっとした有名人になってしまいました。


    卒業文集の「将来大物になりそうな人ランキング」という選考基準がいまいち分からないランキングで1位を取ったことは、進路が一因なのかも知れません。


    それはさておき、卒業を1か月後に控えた2月初旬ごろ。


    放課後の教室で掃き掃除をしていた時のことでした。


    「これ、あとで読んで」


    手塚青年は同じクラスの女の子から小さく折りたたまれた紙を渡されたのでした。


    女の子は手塚青年に紙を渡すとすぐに帰宅してしまいました。


    手塚「これってもしかして・・・ラブレター?」


    すぐに中身を確認したかった手塚青年ですが、学校で広げたら卒業までの1ヵ月間晒し者にされるに決まっています。


    掃き掃除を手塚史上最速で済ませて、帰路を急ぎました。


    家に帰り冷蔵庫から牛乳を取り出して喉に流しこんで気持ちを落ち着かせます。


    そして自室に入り、小さく折り畳まれた紙を広げました。


    手紙にはこう書かれていました。


    「翼くんへ。文化祭の学ラン姿を見た時から翼くんのことが気になって、見つめているうちに、いつの間にか好きになっていました。高校から離れ離れになるけど、愛知県でも頑張ってね。成人式で再開した時に、お互いに結婚していなかったら結婚して下さい。○○より」


    手塚青年は人生ではじめてラブレターを貰ったのでした。


    その女の子は、手塚青年の斜め前の席の女の子でした。


    同じ班になるので、たまに話すことはありましたが好意などは感じたことがありませんでした。


    単に手塚青年が鈍感だっただけなのかもしれません。


    その女の子は授業中、怠そうに机に突っ伏して授業を聞いていることがありました。


    机に突っ伏した時の背中の曲線が女性らしい柔らかい曲線を描いていて、思春期の手塚青年は斜め後ろの席からスケベな目で見ていました。


    「まさかあの子からラブレターを貰うなんて・・・」


    その女の子になんと返事をしようか考えるとなかなか寝付けず、いつも通りメイプルストーリーで夜更かしをしました。


    翌日、その女の子は学校に来ませんでした。


    それ以降、手塚青年と女の子が再会することはなかったのです。


    ※この作品はフィクションですが、登場人物は実在するかも知れません。


    -------------------------------------
    土日は休載します。


    次回更新は11/29(月)を予定しています。


    お楽しみに(^^)ノ

  • 12月のイベントのお知らせ
    手塚 翼
    手塚 翼|12月のイベントのお知らせ

    日記閲覧いただきありがとうございます♪
    greedの翼です。


    12月はイベントやるか迷ってましたが、やることにしました!


    というのも、先日質問箱で電話コースについてご質問いただきました。


    ご質問頂いた方ありがとうございます♪


    その返答を見て、早速電話コースご利用頂きました(^^)


    ご利用頂きありがとうございました♪


    その時に思ったのです。


    「やっぱり電話で話すっていいな・・・」って。


    ということでっ!


    12月のイベントは電話コース30分無料キャンペーンです!!


    イベント利用の条件は、12月中にデート3時間もしくは性感2時間以上のご予約です。


    予約日の前に、電話で声を聞いてみたいという方は


    「明日楽しみにしてるね。おやすみ」


    なーんて会話を楽しめちゃいます。


    もちろん予約後の電話もOK!


    お見送りの際に


    「あとで電話するね♪」


    ってバイバイすれば、別れ際の寂しさも楽しみに変わるかもしれません。


    電話をご希望のタイミングはご予約の際にお知らせ下さい。


    ご都合の合うタイミングで電話しましょう♪


    12月のスケジュールはTwitterで追って掲載します。


    ご予約お待ちしております!

  • 【手塚物語】1章-4 「はじめてのモテ期」
    手塚 翼
    手塚 翼|【手塚物語】1章-4 「はじめてのモテ期」

    前回の手塚物語!
    「手塚少年から手塚青年になりました。おまけに、特殊な性癖までできました。本当にありがとうございます」


    1章-4 「はじめてのモテ期」


    月日は流れて手塚青年が中学3年生の頃。


    手塚青年のクラスでは、文化祭でミュージカルをすることになりました。


    ミュージカルの内容は「白雪姫×ピーターパン×ピノキオ」


    有名作品を掛け合わせた不思議なストーリーでした。


    中学時代は目立つ方ではなかった手塚青年は、名前のある役ではなく裏方を担当していました。


    劇の終盤では、クラス全員でダンスを踊る見せ場がありました。


    衣装は各自自由ということになっていました。


    何を着るか悩んだ手塚青年は、兄の学ランを着ることにしました。


    手塚青年の中学校の制服はブレザーでした。


    そのため、学ランへのあこがれがあったのです。


    文化祭当日、ダンスのために学ランに着替えて文化祭準備期間に練習した簡単なダンスを踊りました。


    小学2年生の頃から母親の趣味で日本舞踊を習っていたおかげか、大恥をかくことはありませんでした。


    劇が終わり、クラスに引き上げるとクラスの女子に囲まれました。


    JC「(学ランが)かっこいいー!」


    今まで女性に囲まれたことのなかった手塚青年に免疫があるはずもなく、恥ずかしさと照れくささでその場から逃走しました。


    それからというもの、クラスの女性から話しかけられる機会が増えたのです。


    それまで部活と男友達と遊ぶことしかしなかった手塚青年です。


    急に女子に話しかけられてもまともに対応できません。


    まして当時の中学校では、中良さそうに男女が話しているだけで「ふたりは付き合っている」と噂されるような雰囲気がありました。


    そういった話題が苦手だった手塚青年は、愛想よく話すことができずぶっきらぼうな対応しかできませんでした。


    そんな対応が続くと、せっかくのモテ期も長くは続きません。


    しばらくすると、元の平穏な日常が戻ってくるのでした・・・


    ※この作品はフィクションですが、登場人物は実在するかも知れません。

  • 【手塚物語】1章-3 「青年になった日」
    手塚 翼
    手塚 翼|【手塚物語】1章-3 「青年になった日」

    前回の手塚物語!
    「手塚少年はAVに夢中になり、タイミングさえあれば視聴する日々。AVを見る度に膨張する自分のモノに触れてみると快楽が込み上げてきたのでした。そしてついに手塚少年は“その時”を迎えます・・・」


    1章-3 「青年になった日」


    「なんだこれ、もしかしてちーが言ってたあれか?」


    手塚少年が手塚青年になった瞬間でした。


    それから、こーが観終わったおさがりを借りて視聴しては自慰にふける日々が続きました。


    そして何本か観てるうちに、こーのお父さんの好みが分かってきます。


    なんと、ほとんどの作品が「パイパン×無修正」ものだったのです。


    どんなおかずで自慰を行うかは、性癖の形成に十分な影響を与えます。


    手塚青年の性癖はこうして形成されていきました。


    ※この作品はフィクションですが、登場人物は実在するかも知れません。

  • 【手塚物語】1章-2 「男の絆」
    手塚 翼
    手塚 翼|【手塚物語】1章-2 「男の絆」

    前回の手塚物語!

    「思春期真っ只中の手塚少年は覚えたての性知識に興味深々。休日に友達の家で遊んでいると、大量のVHSを発見します。そのVHSの中身とは・・・」


    1章-2 「男の絆」


    手塚「これってちーが言ってたAVじゃない?」


    こー「そうかも、ちょっと見てみよう」


    この日、こーの家には母親が居ました。


    何となくこーの家で観るのは躊躇われたため、誰もいない手塚少年の家に場所を移してVHSの中身を確認することにしました。


    手塚の家に移動し、ビデオデッキにVHSを入れてTVの前でふたりして正座で待機します。


    再生ボタンを押して画面に映ったのは・・・


    なんと、モザイクなしの裏物AVでした。


    ふたりの中学生はTV画面に映る見たこともない光景にくぎ付けとなりました。


    動画が終わった時、手塚少年は何とも言えない気持ちになっていました。


    これが初めて味わった、ムラムラでした。


    手塚「このAV借りてもいい?」


    こー「他にもたくさんあったからいいいよ、他のも観たら貸すね」


    手塚「ありがとう。これは二人のひみつね」


    中学生ながらに、見てはいけないものを見てしまった感覚があったのでしょう。


    こんな時、男の絆の固さは信頼できます。


    それ以降、手塚少年は家に人がいないタイミングがあればAVを見るようになりました。


    そして毎回見る度に何とも言えない気持ちになるとともに、股間にも変化が起こることに気が付きます。


    画面の中の男性のように膨張した自分のモノを、画面の中の女性が触るように触れてみると快楽が押し寄せてきて、尿意に似たものを感じました。


    「やばい、漏れるっ」


    急いでトイレに駆け込み我慢していた物を解放すると、尿ではない“なにか”が出たのでした。


    ※この作品はフィクションですが、登場人物は実在するかも知れません。

  • トマトうめ
    手塚 翼
    手塚 翼|トマトうめ

    日記閲覧いただきありがとうございます♪
    greedの翼です。


    今日近所の商店でこんなもの見つけました。


    「トマトうめ」


    ん?


    トマトを梅干し風に漬けたのかな?


    それとも梅干しにトマトエキスをプラスしたのかな?


    糖度10度以上のトマト使用って書いてあるし、パッケージモロにトマトだし梅干し味のトマトなのかな?


    POPにマツコの知らない世界で紹介されました!って書いてあるし上手いんだろうなーって感じで買ってみました。


    僕、基本的に「〇〇の権威」とかが言ってることは信用しないようにしてます。


    ですがマツコのことはかなり信用してます。


    特に食べ物に関しては。


    ということで食べてみた結果は…


    甘口の梅干しでした。


    マツコが言うだけあって美味しいですが、梅干し味のトマトじゃなかったのは残念でした。


    また面白いもの見つけたら紹介します。


    それではまた次の日記で(^^)ノ

  • 【手塚物語】第1章-1 「性の芽生え」
    手塚 翼
    手塚 翼|【手塚物語】第1章-1 「性の芽生え」

    手塚少年は鹿児島県○○○市のごく平凡な家庭の3兄弟の末っ子として生を受けた。


    家庭は決して裕福とは言えず、両親は共働き。


    両親の帰りは19時以降のため、夕食作りは兄弟で当番制でした。


    手塚少年は4歳上の兄と1歳上の姉にこき使われながらもすくすくと育っていきました。


    家訓は「自分のことは自分でする」


    そんな家庭環境だったからか、自立心は同年代より強くなっていきました。


    手塚少年が性に興味を持ったのは、中学1年生のころ。


    中学生になり、友達に誘われてハンドボール部に入りました。


    中学1年生の部活メニューといえば、とりあえずランニング。ひたすらランニング。


    学校の周りをとにかく走ります。


    毎日のように走っていると退屈なので、お喋りしながら走るのが常です。


    ちー「ねぇ、クリトリスって知ってる?」


    手塚「なにそれ?はじめて聞いた」


    部活動で仲良くなった「ちーくん」は、とても性にオープンな家庭で育ったようでたくさんの性の知識をランニング中に教えてくれました。


    中学生の手塚少年は思春期真っ只中です。


    今まで知らなかった性の知識は刺激的で、知識欲と性欲を同時に刺激してくれました。


    退屈だったランニングも、刺激的なお喋りがあるとあっという間でした。


    そんな中学生活を過ごしていたある日のこと。


    休日に小学校からの親友「こーくん」の家で遊んでいると、倉庫で大量のVHSを発見しました。


    「なんだこれ?」


    大量のVHSにはタイトルやラベルが貼られていました。


    そこにはランニング中に学んだ性的な言葉とともに、裸の女性の写真が写っていたのです。


    ※この作品はフィクションですが、登場人物は実在するかも知れません。

  • 新連載のお知らせ
    手塚 翼
    手塚 翼|新連載のお知らせ

    日記閲覧いただきありがとうございます♪
    greedの翼です。


    突然ですが、明日の朝から小説の投稿を始めます!


    タイトルは「手塚物語」です!


    なぜ小説を書くことにしたのかをご説明します。


    以前からよく


    「どうしてそんなに優しいの?」


    「どうしたらそんなになんでも受け入れられるの?」


    などの性格面のご質問を頂くことがありました。


    もともと優しかった訳ではありませんし、物事をありのままに受け止められる心の広さも持ち合わせていませんでした。


    気が付いたらこうなっていました。


    なので聞かれても上手く答えられなかったんです。


    そこで過去の自分を振り返ってみて、何がどうしてこんな風になったのか考えていました。


    そして何気なく文字に起こしてみたら読み物として面白いんじゃないかと思ったんです。


    さらに過去を知ることで、僕のことをより深く知ってもらえるのではないか?と思いました。


    そもそも写メ日記で小説書いてる人居るんですかね?


    居たら2番煎じでごめんなさい。


    居なければ新しい可能性が広がるかもしれません。


    ど素人の作文なので、構成や言葉遣いは温かい目で見ていただけると嬉しいです。


    更新は平日の朝7時ごろを予定しています。


    よかったら読んでください♪


    感想などもDMにいただけると嬉しいです!


    それでは明日の朝の更新をお楽しみに(^^)

  • 謝罪
    手塚 翼
    手塚 翼|謝罪

    日記閲覧いただきありがとうございます♪
    greedの翼です。


    先日、自己紹介動画を今週中に配信すると言ってましたが出来ませんでした(T-T)


    撮ろうと思ってた日に、友達の誕生日だったり天体ショーだったりが重なって気が付いたら1週間終わってました。


    楽しみにしていた方申し訳ありませんm(_ _)m


    来週中にはできたらいいな・・・と思ってます。


    もうしばらくお時間下さい。