焦らない焦らない。(2021年07月25日)三浦 拓斗(FIRST CLASS)|写メ日記

FIRST CLASS

東京/出張ホスト/東京から日本全国どこへでも出張致します。

"女性用風俗ポータル『Kaikan』を見た"とお伝え下さい!
03-5244-4250

三浦 拓斗@写メ日記

三浦 拓斗

三浦 拓斗  (28)

プロフィールを表示

91 件中 41 - 50 件目表示
  • 裸の自分
    三浦 拓斗

    あらゆる飾りを取っ払った時に果たして自分に何が残るのだろうか

    自分は何を持っているのだろう

    開き直りとはまた違う、悟りの境地

    着飾ってる装飾品を全て捨てて、真っ裸で歩けるのが本当の強さなのかも知れない

    その意味で僕は弱い

    自分の強みを伸ばそうと意識してる

    悪いことではないけど

    全て取っ払って

    何もかも無くなった自分に自信が持てない

    今ですら何もないのに

    せめてもの悪あがきをしてるだけなのかも

    初めから何もなかったんだ

    生まれた時、みんな裸で生まれる

    何も持たず、隠さず、ありのままの姿で

    大人になるにつれて、自分をいろんな形で

    表現しようとする

    これは成長なのか、退化なのか

    ありのままの自分と少しのスパイスが入り混じる

    このフュージョンがちょうどいい



    着飾る、装飾品を身につける

    そのための努力は惜しまない

    でも、裸の自分を忘れない

    この心意気が大事だろ


    ※FIRST CLASS の三浦拓斗です。
    こんばんは。
    「ありのままの自分でいること」って凄く聞こえのいい表現だけど、それを実際に体現できてる人っているのだろうか。
    これは、あくまで理想論なのかも知れないけど、本質的でもあるよね。
    そもそも、私たちは初めから何も持っていなかったんだから。

    今日も読んでくれてありがとう!
    また明日!

  • 何かにすがりたい…
    三浦 拓斗

    人はそこまで強くなんかない

    だって、

    そもそも1人でなんて生きていけないんだから。

    誰かがいないと生きていけない

    だからこそ、、

    何かに頼ろうとするのは、

    誰かに身を委ねたいと思うのは、

    決しておかしな話じゃない


    占いはその典型的なものなのかも知れない

    いろんな占いの方法があって、いろんな流派?みたいなものがある

    僕は昔からそんなものはある種のおまじないのようなもので、胡散臭いとすら思っていた

    でも、少し考えが変わった。

    占いの胡散臭さは、

    元々、短時間でその人の特徴を捉える必要があることから来ていて

    どうしても、広く浅く、その人を怒らせないような気持ちのいい言葉を掛けざるを得ないことにある思う

    「こんな自分もたしかにいるなぁ」と再認識できたり、新しく気付けたり、

    占いだけに傾倒しなければ

    凄く自分について知れるツールの1つかも知れないと思っている


    これは、占いに限った事ではない

    「他の何かに、誰かにすがりたい」

    そう思うことは別におかしくなんかない

    それであなたが安心できるなら、

    自分を保てるなら、

    何よりも、前向きになれるなら

    それはきっとあなたにとって大切な必要な存在

    なんだと思う。



    ※FIRST CLASS の三浦拓斗です。
    こんばんは。
    なんでこんな話をしたかと言うと、
    いつも髪を切ってもらっているスタイリストに
    動物占いというものを勧められて、実際にやってみると、「確かにそうだ!」と思えることがいっぱいあったからなんですけど…笑
    僕はと言うと、虎でした!
    結構意外だったんですけど、やってみるとわかる!みたいになって面白かったです!

    今日も読んでくれてありがとう♪
    また明日!

  • 異性に本音で話す意味
    三浦 拓斗

    異性になかなか本音で話せないよね

    だからといって同性にも全て曝け出せる訳でもないけど…

    お互いの生物学的な違いをどこか感じ取って

    そのような反応になるのかな。

    だけど、異性に本音で話すことができた時

    どれだけの満足感を味わえるのだろう

    同性だからこそわかることもあるけど、

    異性だからこそわかってあげられることもある



    そもそも、全てを曝け出せる関係性がまずないと無理なんだが…

    そのためには信頼関係がしっかりしていることが前提にあって

    その上で、それ以上の何か通じるものが必要なんだと思う

    それが何なのかはその2人にしかわからない



    「僕には何でも言っていいよ」

    なんて、いくらでも言えるかも知れないけど、

    本当にその「何でも」を言った時に

    受け入れる準備はできているのだろうか



    2人で時間を過ごしていく中で

    少しずつ築いていった関係性の先に

    やっと見えてきた本当のあなた

    それが見えた時、少しは受け入れられるようになってるのかもしれない

    すぐには無理でも

    少しずつ、時間をかけて、ゆっくりと

    あなたとの関係を築きたい


    ※FIRST CLASS の三浦拓斗です。
    こんばんは。
    時間をかけるのって、じれったく感じることもある。
    だけど、そうやって築いたものは中々崩れない。
    そんな気がしています。

    今日も読んでくれてありがとう♪
    また明日!

  • 新型コロナウイルスPCR検査結果のご報告
    三浦 拓斗

    FIRST CLASS 三浦拓斗

    昨日、PCR検査してきた結果のご報告です。

    結果は【陰性】でした。


    今回の検査を受けて、
    このようなコロナ感染拡大が起こっている状況下で、
    この検査結果がご利用のお客様の少しでもの安心材料になれば良いという思いとともに、これからもより一層感染予防に努めたいかなければと再認識しました。

    今後も、性感染症の定期検査を始め、お客様の安心につながることには迅速に、積極的に対応していきますので、これからもよろしくお願いします。


  • 出会いとサヨナラ
    三浦 拓斗

    以前の日記で、人は生まれてから死ぬまでに

    3万人の人に出会う

    そんな話をした

    これって物凄くレアなんだよって。


    でも、このうち関係が途切れることなく続いてるのって、

    どのくらいあるのだろうか

    出会って、別れて、

    出会って、別れて。

    それを繰り返していく。

    もし、出会いというものが本当に運命であるのならば、

    僕たちの別れも運命なんだろうか。

    だとするならば、何のために私たちは出会い、そして別れるのだろう。



    こんな話がある。

    私たちはお互いに成長し合うために出会うんだと。

    そして、お互いが成長できた時、別れが来るのだと。

    そう。きっとこれは間違っていない。

    この世界に本当に心からダメになろうとしてる人なんてきっといない。

    みんな、少しでも良くなろう、今を維持しよう、ダメにならないように…

    いろんなモチベーションで生きている。

    でも言えることはダメになろうとしてる人なんていない。

    きっと、無駄に思えるいつかの出会いも、そして別れも

    お互いに良くなろうとした結果だったのかも知れない…


    言いたいことが上手く言葉で表現できないけど、

    「何のために人は出会いと別れを繰り返すのか」

    そのモヤモヤが少し晴れた気がする。


    もう、出会いも、別れも後悔しなくていいんだ。


    ※FIRST CLASS の三浦拓斗です。
    こんばんは。
    終わりのない出会いなんて、ほとんどない。
    というか、どんな出会いもいつか必ず終わりが来る。
    逆説的ですが、だからこそ今の出会いを大切にしたいと思いました。

    今日も、ここまで読んでくれてありがとう!
    ではまた明日!

  • 焦らない焦らない。
    三浦 拓斗

    このままではいけない

    もっともっと…

    焦る自分がそこにいる

    一呼吸して落ち着いてみよう

    焦ってる自分はいつもの自分じゃない

    出来ることなんてそう大きく変わらない

    出来ることをひたむきに

    一つ一つ積み重ねていく

    積み上げ型と逆算型

    どちらが正しいか議論されるが

    「逆算の思考で積み上げていく」

    が正解なんだろう

    みんな積み上げるのは得意だ

    そこに逆算の思考を取り入れる

    出来ること、やらなければいけないことが明確になる

    それをやるだけなんだ

    いつだって、物事はシンプルでそれを難しくしてるのは自分なんだ


    「愚直に

         謙虚に

              淡々と」


    ※FIRST CLASS の三浦拓斗です。
    こんばんは。
    タスクが次から次へと降ってきたり、色々考えないといけないことが重なる時って、すごく焦ってしまう。 
    だけど、出来ることからやってくしかない。
    逆算して積み上げてく。
    大丈夫。きっとあなただけじゃない。

    今日も読んでくれてありがとうございます♪
    ではまた明日!

  • 新型コロナウイルスワクチン接種とPCR検査について
    三浦 拓斗

    FIRST CLASS の三浦拓斗です。

    現在、世界各国で新型コロナウイルスのデルタ株感染拡大が急速に進行しています。

    つきまして、三浦拓斗は新型コロナワクチン2回接種済みであることを報告させていただきます。

    ワクチン接種したからといって、必ず感染を防げるわけではないものは一つ安心材料として共有できればと思います。

    また、当店の複数キャストでの感染状況も鑑みて、念には念をということで、早速明日、新型コロナウイルスのPCR 検査を受けてきます。

    少しでも、お客様にご安心頂けるように結果がわかり次第報告させていただきますので今後ともよろしくお願いします。

    こうした状況下で大事なのは、迅速で誠実な対応をすることに尽きると思います。

    それを実行してくださるFIRST CLASS のスタッフには心から感謝したいと共に、僕自身もより一層気を引き締めて感染予防に努めていきたいと思っています。

  • ちっぽけさ
    三浦 拓斗

    1人では何もできない。

    ほんとに1人ではちっぽけな存在だ

    たまに自分という存在がすごく大きな存在だと

    自分を大きく見せてしまう時もあるが…

    周りの存在のお陰で今の自分がいることを

    決して忘れてはいけない


    1つ、思考実験をしてみよう

    この世界には現在76億人の人が存在していて

    日本には1億2600万人の人がいる

    その男女比はほぼ半々で、少し女性の方が多いくらい

    このうち、毎日1人に出会ったとしても

    人生80年とした時に、私たちが一生で出会うのは

    365×80=29,200人

    ほぼ3万人にすら満たない

    これは日本の人口全体の0.02%

    世界人口全体でいうと0.0003%
    さらに100倍その出会いの確率は狭まる


    本当に心から信頼できる人に出会う確率はもっと低い

    1年に1人の大事な人に出会えたとする

    人生80年間で出会える大事な人は

    「80人」

    これは日本の人口全体の0.00006%…

    想像もできないぐらい低い確率だ。


    こんな数字を見せられたら、私たちの出会いは運命だと言わざるを得ない

    少しきな臭い言葉ではあるが…笑

    ただ、こうやって数値化するとわかることがあって

    この女風というお仕事で1人のお客様と知り合って実際に出会う確率も物凄く奇跡に近い

    だからこそ、縁は大切にしたいと思ってる

    時々こんなことなら出会わなければよかった

    そう思ってしまうこともあるが

    出会いは1つの結果でしかない

    しかもゴールではない

    そこからどんな関係性を築くのか

    それはあなた次第だ
     

    私達は1人では生きてはいけない

    そして、人生を通じて3万人に出会うことになる

    この3万人という数字は、自分で選択した関係も、あれば自然と選択された関係も含まれる

    しかし、どちらにせよ確率的には奇跡と呼んでいいぐらいの出会いであることに変わりはない

    だからこそ、周りの存在を意識して、その中の1人として自分がいることを理解して生きていく必要がある

    その僅かな出会いだからこそ、お互いが成長していければ素敵だと思う

    理想論だけど、

    忘れてはいけない大切なことだ。

    ※FIRST CLASS の三浦拓斗です。
    こんにちは。
    以前、「one of them or only one 」という
    タイトルで日記を書いだことがあったけど
    今回は「one of them としての自分」という視点から書いてみました。
    ありのままの自分でいいんだ。
    でも、周りの存在はしっかりと意識したい。

    ここまで読んでくれてありがとう!
    ではまた明日。







  • 今年の夏…
    三浦 拓斗

    FIRST CLASS の三浦拓斗です。

    こんにちは。

    もうそろそろ、夏休みを迎える方も、もうすでに迎えた方も


    梅雨が明けて早1週間が経ちましたが


    今年の夏はどんな夏にしたいですか?


    今年はオリンピックがあり、


    でも相変わらずコロナ禍で中々遠出しにくい状況で…


    それでも今年の夏は今年しか来ない。


    せっかくの夏を楽しみたいですよね!


    僕はというと、夏休みは大学の予定が詰まっていてなかなか


    夏らしいことができないんですが…


    それでも、たまに感じる夏をしっかり味わいたいなと思っています!


    どんな夏になるかまだわからないからこそ楽しみが増しますよね


    素敵な夏を過ごしましょうね♪

  • 疑っちゃう
    三浦 拓斗

    自分を信じること

    過去の自分を許すこと

    これは同じ意味だ


    人を信じること

    裏切られる覚悟を持つこと

    これも同じ意味だ


    何かを得るためには何かを犠牲にする必要がある

    僕はあなたを信じたい

    でも、裏切られるのが怖い

    裏切られるのを怖がっていたら、

    きっとその未来を勝手に想像して、人を信じられない世界線が続いていく

    大事なことなので何度も言いたいが、



    「心配事の95%は実際には起こらない。」



    あなたが勝手に想像した未来の先には、、

    今までと同じ世界線が続く。

    けど、1段先へ登ろう

    裏切られるのを怖がるのではなくて

    その未来を覚悟する

    いずれ、そうなる未来が現実になったとしても

    その時のあなたは、これまでのあなたとは違う

    人を信じられる人になっている

    信じられるようになったら強い

    周りから見て魅力的に見える


    だから、勝手に暗い未来を想像するのではなく

    でも裏切られることもあるという覚悟を持って

    周りを信じてみよう



    ※FIRST CLASS の三浦拓斗です。
    こんばんは。
    擬人暗鬼になることってあります。
    ただ、人を信じられる人は強い。
    最初からできるようになるわけではないけど、まずは周りの大切な人からでも!
    ちょっとした疑いの心が出てきたときに1度飲み込んで信じてみる。
    それはきっと今までと違う世界線にあなたを引き上げる。

    今日も読んでくれてありがとうございます。
    ではまた明日!