細部に宿る|水原 柊平(FIRST CLASS)|写メ日記

FIRST CLASS

東京/出張ホスト/東京

"女性用風俗ポータル『Kaikan』を見た"とお伝え下さい!
03-5244-4250

水原 柊平@写メ日記

水原 柊平

水原 柊平  (30)

プロフィールを表示

50 件中 21 - 40 件目表示
  • プロ
    水原 柊平
















    仕事をしている人はみんな何かのプロだと思っている。













    プロとは何か?を定義する時、人それぞれ色々な条件が思い浮かぶかもしれませんが
















    私が最も大事だと思うプロの条件は















    継続的に結果を出すことです。


















    結果を出した人間の発言には厚みがある。
















    同じ発言をしても、結果を出した人と何実績のない人とでは














    受け手の心への伝わり方は違う。
















    リアルな経験の積み上げからしか見えないもの、感じられないことが必ずある。
















    女風でも同じことが言えると思う。

















    進んだその先にどんな景色が広がっているのか、















    わたしはこの目で見てみたい。
















    水原柊平
    ------------------------------------------------------------
    ご連絡は以下よりお気軽に。
    水原柊平の連絡先(長押ししてコピー)

    ■Twitter
    https://twitter.com/s_mizuhara_fc
    ■LINE
    https://works.do/R/ti/p/mizuhara@firstclass1

    _a cast of FIRST CLASS,Tokyo
    -----------------------------------------------------------



  • コマーシャル・メッセージ
    水原 柊平














    普段ほとんど地上波のテレビを観ることはない私も、












    晩ご飯を家で食べる時、何となくテレビを点けることがある。












    先程も家で晩ご飯を食べている時に何となくテレビを点けた。
















    CMが流れた。化粧品のCMだ。













    次は最新のスマートフォンのCM、その次は車のCM、婚活サイトのCM、













    そしてスマホゲームのCMが流れて番組に戻った。














    テレビを観ていれば普通に良く流れてくるようなお馴染みのCM達だ。














    私は、このCMが少し苦手だ。
















    CMを観ていると、「あなたにはこれが足りないから、この商品やサービスを買いなさい」と言われているような気分になるからだ。
















    私もさまざまなモノやサービスを消費をして、自分自身もこの仕事で対価を受け取ってサービスを提供し都会生活をしている身だから、














    こういった企業のPR活動を否定する気は一切ない。












    しかし、どこか自分に足りないモノや満たされない気持ちを刺激されているような感覚に陥るのだ。
















    テレビをあまり観ない一番の理由はこうした受動的な情報のシャワーを浴びることを


















    心のどこかで拒絶しているからかもしれない。


















    新発売の口紅を使わなくても、最新のスマートフォンを使わなくてもあなたはあなただ。
















    それらを所有したり使用することで心が満たされることもあるだろうが、













    けれども、それらを所有しているから私はあなたのことが好きなわけではない。




















    誰にも、モノにも、あなたの存在を規定する権利はないのです。










    水原柊平
    ------------------------------------------------------------
    ご連絡は以下よりお気軽に。
    水原柊平の連絡先(長押ししてコピー)

    ■Twitter
    https://twitter.com/s_mizuhara_fc
    ■LINE
    https://works.do/R/ti/p/mizuhara@firstclass1

    _a cast of FIRST CLASS,Tokyo
    -----------------------------------------------------------



















  • 怒りが込みあげてきたら
    水原 柊平













    何かに怒りをぶつけたくなったらば、













    6秒間、心の中で数えてみよう。













    この時、ただ数を数えることだけに集中してほしいのです。













    6秒数え終わったあと、あなたの怒りは表面に出ないくらいには落ち着くはずだ。













    怒りから生まれるものは更なる怒りしかない。













    怒りを、自分の主張を伝える手段にしたその瞬間に














    私たちはその相手と歩み寄る機会を失うことになる。















    けれども、もしもそれが歩み寄りたくない対象であるならば、













    迷わずその場から離れよう。












    逃げる事は負けではない。















    心配はいらない、私たちが思っているよりも世界は広く開かれている。










    水原柊平
    ------------------------------------------------------------
    ご連絡は以下よりお気軽に。
    水原柊平の連絡先(長押ししてコピー)

    ■Twitter
    https://twitter.com/s_mizuhara_fc
    ■LINE
    https://works.do/R/ti/p/mizuhara@firstclass1

    _a cast of FIRST CLASS,Tokyo
    -----------------------------------------------------------

  • 灯火
    水原 柊平










    634mから見える灯り一つ一つが、きっと誰かの人生を照らしているのだろう。




















    私も、誰かの人生を照らす灯りになりたい。






    水原柊平
    ------------------------------------------------------------
    ご連絡は以下よりお気軽に。
    水原柊平の連絡先(長押ししてコピー)

    ■Twitter
    https://twitter.com/s_mizuhara_fc
    ■LINE
    https://works.do/R/ti/p/mizuhara@firstclass1

    _a cast of FIRST CLASS,Tokyo
    -----------------------------------------------------------

  • コップの水
    水原 柊平

    
    








    毎朝コップ一杯の水を飲む。







    パソコンの起動ボタンを押すような感覚で、脳と体を起動するために。









    そして水が身体に染み渡る感覚を感じることで今日も生きていることを実感する。











    朝に飲む水はとても美味しい。













    飲む時は、一気に飲まず少しずつ飲んでいく。










    当たり前だけれども水は減っていく。半分に減っただろうか。











    コップを眺める。コップの中身は半分が水、半分は空気だ。
















    水がコップに『もう半分しかない』のと『まだ半分ある』のとでは、量的には同じことである。













    だが、意味はまったく違う。













    そのコップを見つめた時に『もう半分しかない』と見るのか、『まだ半分ある』と見るのか。











    人をワクワクさせるような何かは『まだ半分ある』と捉える視点から生まれると思っている。













    何事も楽天的に捉えたい。


















    今日もまた1日が始まる。












    水原柊平
    ------------------------------------------------------------
    ご連絡は以下よりお気軽に。
    水原柊平の連絡先(長押ししてコピー)

    ■Twitter
    https://twitter.com/s_mizuhara_fc
    ■LINE
    https://works.do/R/ti/p/mizuhara@firstclass1

    _a cast of FIRST CLASS,Tokyo
    -----------------------------------------------------------

  • 花に水をやるように
    水原 柊平















    昨年、部屋に花を飾ろうと家の近くの花屋に行った時に、お店の方からチューリップの球根もいただいた。













    その日にプランターや土も買って次の日から毎朝花に水をやるのが日課となっていった。











    1月から少しずつ芽が出てきて、今では立派に花を咲かせている。











    とても綺麗だ。












    思えば、どんな花が咲くのだろう、と土の中で眠るまだ見ぬ花に対して想う気持ちは、











    人や動物の成長を愛しむ気持ちとはまた違う感情だった。












    上手く表現できないのだけれども、人や動物の成長に抱く感情が愛であれば、花の芽生えを願う感情は恋をしている時に近い感覚だ。













    だからここ数ヶ月間、花に水をやっていながら、成長されられていたのは自分の心の方だったのかもしれない。













    注いだ水と想いは、少しずつ球根に沁み渡り、











    プランターの中で、そしてわたしの心の中でも花を咲かせてくれた。












    この仕事にも共通する部分があるかもしれない。












    あなたの心に眠る球根に、言葉や、言葉以外の水を注ぐ。












    そうして花が開いてくれたらこれ以上の喜びはない。












    今日も私は花に水を注ぐ。












    水原柊平
    -----------------------------------------------------
    ご連絡は以下よりお気軽に。
    水原柊平の連絡先(長押ししてコピー) 

    ■Twitter 
    https://twitter.com/s_mizuhara_fc 
    ■LINE 
    https://works.do/R/ti/p/mizuhara@firstclass1 

    _a cast of FIRST CLASS,Tokyo 
    -----------------------------------------------------

  • 水原 柊平












    型があるから、型破り。










    ない型は破れない。ただの型なし。











    何か人と違うことをしたいなら













    まずは、基本の型を知ることが大切なのかもしれない。












    型は往々にして先人が悩んで試行錯誤して作ったものだから













    何事もまずは基本を大切にしていきたい。










    基本の反復で見えてくるものが必ずあるとこれまでの人生で学んできたから。









    女風における基本の型はなんだろう。










    水原柊平
    ------------------------------------------------------------
    ご連絡は以下よりお気軽に。
    水原柊平の連絡先(長押ししてコピー)

    ■Twitter
    https://twitter.com/s_mizuhara_fc
    ■LINE
    https://works.do/R/ti/p/mizuhara@firstclass1

    _a cast of FIRST CLASS,Tokyo
    -----------------------------------------------------------

  • 愛について
    水原 柊平









    「愛はお互いを見つめ合うことではなく、ともに同じ方向を見つめることである」








    私の好きな絵本「星の王子さま」の作者、サン=テグジュペリの名言です。







    「同じ方向を見つめる」というのは、シンプルだけどスッと心に入ってくる表現で、これを知った時ハッと何か心の琴線に触れる感情を覚えた。









    考え方の違う者同士がお互いの価値観を尊重することは、言うは易しいが行動に移すことはとても苦労する。








    しかし、何を考えているか分からないからこそ、男女関係は楽しいのだろう。







    分かり合えたときは温かい気持ちになり、すれ違って気持ちが離れていくときは傷ついて、









    そうして傷を作りながらも、温かさを感じる瞬間が何にも変え難い喜びだということを知っているから











    私たちは愛を求めて生きるのだろう。















    あなたの瞳が見つめる先を私も隣で見つめていたい。











    水原柊平
    ------------------------------------------------------------
    ご連絡は以下よりお気軽に。
    水原柊平の連絡先(長押ししてコピー)

    ■Twitter
    https://twitter.com/s_mizuhara_fc
    ■LINE
    https://works.do/R/ti/p/mizuhara@firstclass1

    _a cast of FIRST CLASS,Tokyo
    ---------------------------------------------------------

  • ありのまま
    水原 柊平








    あなたが何者でもいい。










    しかし、例え自分のことが嫌いで、変えたくて、悩んでいても










    ありのままの自分でいてほしい。











    本当の自分を重ねよう。











    ありのままの自分を受け入れてくれる人を大切にしていこう。













    あなたの存在は、自分が思っているよりもずっと尊い。












    本当の自分を重ねよう。少しずつでいいから。













    水原柊平
    ------------------------------------------------------------
    ご連絡は以下よりお気軽に。
    水原柊平の連絡先(長押ししてコピー)

    ■Twitter
    https://twitter.com/s_mizuhara_fc
    ■LINE
    https://works.do/R/ti/p/mizuhara@firstclass1

    _a cast of FIRST CLASS,Tokyo
    -----------------------------------------------------------

  • ご安全にお過ごしください
    水原 柊平











    FIRST CLASSの水原柊平です。












    地震が発生いたしました。皆さまご無事でしょうか。





















    震源近くにお住まいの皆様をはじめ、家具の転倒や窓ガラスの割れ、ガス漏れ、漏電による二次災害にご注意なさってください。















    一刻も早く混乱が収まることを切に願っております。












    心が動揺している方もいらっしゃると思いますので











    無理せず行動していきましょう。







    また、このような中で恐縮ですが、本日人生初のツイキャスをやらせていただきました。










    このような状況ですので、取り急ぎお礼まで。











    水原柊平

  • 生が好き
    水原 柊平






    小さい頃、キャラメルだと思ってコンソメの素を食べて吐き出したことがあります、FIRST CLASSの水原柊平です。








    タイトル、そういう意味じゃないです。笑












    今日は、ネット時代に想う、リアル(生)の大切さについて綴りたいと思います。










    皆さま、今スマートフォンを1日にどれくらい使っていますか?










    仕事以外では暇があればスマホ、5分に一回はスマホ、って方も多いんじゃないでしょうか。











    わたしも、御多分に洩れず社会人になってからスマートフォンの使用時間が増えている1人です。











    ただ、スマホ依存は悪だからこんなもの手放そうなんてこと言いたいわけではございません。












    (ちなみに寝る前1時間は見るのやめたほうがいいと思います。睡眠の質に関わります)











    便利さや快適さを追求するために社会の経済活動は行われているわけですから











    文明の発達は大いに享受すべきでしょう。












    しかし、何をするにしてもスマホで完結してしまう暮らし方は見つめ直していきたいものです。











    これは自戒の念を込めて綴っています。














    例えば、電子マネーをチャージしておけば電車やバスに乗れるし、大体のお店での買い物も完結しますし、













    どこか行ってみたい場所があればストリートビューを見ればどんなところなのか大体確認することだってできますし、













    音楽も聴ける、好きな動画も観れる、写真も撮れる、1日どれくらい歩いた記録してくれるetc...











    そして何よりも、目の前にいない人とも顔が見えない状態でリアルタイムに会話ができる。












    冷静に考えて20年前に誰が今の世の中を予測できたでしょう。(ちなみに天才ニコラ・テスラは100年前に予測していましたがそういう例外はここでは省きます。)














    わたしはこういった世の中だからこそ、リアルの、生の感覚を大切にしていきたいと、ふと思いました。










    昨日音楽の日記を書きましたが、











    音楽好きは好きなアーティストのLiveに足を運びたくなるものです。












    YouTubeで眺めるライブ映像と現地に足を運んで体感するのとでは









    同じ曲を聴いても感じ方が違うはずです。











    コミュニケーションにも同じことが言えると思います。











    オンラインで簡単に繋がれるからこそ、オフラインの重要性は増していると思いますし、










    わたしたちが根源的な欲求として求めているものは









    画面に表示されるデータではなく、人肌から感じる温かさ、相手が投げかけてくる言葉、不意に見せる優しい笑顔、











    そしてなによりも、時間と空間を共有することだと思います。












    真の精神的な繋がりは、リアルでしか醸成できないものだから













    わたしは、あなたの生身の手の温かさを感じて、見つめあって、本当のあなたに少しでも近づきたい。









    生が好き。











    水原柊平
    (写真はフリー素材)
    ------------------------------------------------------------
    ご連絡は以下よりお気軽に。
    水原柊平の連絡先(長押ししてコピー)

    ■Twitter
    https://twitter.com/s_mizuhara_fc
    ■LINE
    https://works.do/R/ti/p/mizuhara@firstclass1

    _a cast of FIRST CLASS,Tokyo
    -----------------------------------------------------------

  • オールタイムベスト
    水原 柊平


    おはようございます。








    音楽好きな子でお馴染み、FIRST CLASSの水原柊平です。








    今日は、私が長く聴いている曲(オールタイムベスト)10選をご紹介させていただきます。










    楽器弾くのが趣味なこともありますが、高校時代からずっと電車通学で、社会人になってからも電車通勤なので











    通勤通学のお供に、電車の中ではイヤフォンをつけて音楽を聴いて15年近く生きてきました。











    もはや電車でイヤフォンがないと落ち着かない体になってしまいました。












    ちなみに通勤時、駅と家の中間くらいのところでイヤフォン忘れたことに気づいたら取りに戻るくらいです。













    だって、どんな環境に身を置かれても、再生ボタン1つで自分の世界に浸ることができるなんて、











    こんな素敵なことないんじゃないかなと思うから。











    ということで、本日は私のオールタイムベストを10曲列挙させていただきます。








    水原的オールタイムベスト

    1.DOWN TOWN / 山下達郎
    2.You Go Your Way / CHEMISTRY
    3.すべりだい / 椎名林檎
    4.恋わずらい / 椿屋四重奏
    5.陽の当たる大通り / Pizzcato Five
    6.プラスティック・ラブ / 竹内まりや
    7.帰ろう / 藤井風
    8.今宵月のように / エレファントカシマシ
    9.がんばりましょう / SMAP
    10.Saturday / paris match










    はい。見事に昔の曲ばかり。最近の曲は7の藤井風さんの曲くらいでしょうか。本当はあと50曲以上挙げたいのですがそれは気持ち悪いので自重します。笑










    藤井風さんは本当に出会った時ビビッときました。なんというか普遍的というか、刺さるというか…










    音楽には歌詞がありますが、しかしながらそれを言語化してレビューすることはあまり好きではなくて、











    100人いれば100通りの解釈があるものだと思っています。












    こうして並べてみると、それぞれの曲にそれぞれの思い出があります。











    あの時期によく聴いたなーとか。誰々におすすめされたなーとか。












    20台前半の頃はタワーレコードに行って新譜を買ったり、TSUTAYAで5枚1000円でレンタルしてきてパソコンに取り込んだりしたものですが、












    何故だか、20代後半くらいから日々更新される最新リリース曲を能動的に聴かなくなるんですよね。











    なんでなんでしょうか。音楽好きなのになんか昔の曲ばかり、同じ曲ばかり聴いてしまいます。












    Apple Musicに一応加入しているのですが、今のところAIに何おすすめされても心掴まれていないです。










    TSUTAYAで視聴機使って限られた予算で何を借りるか吟味していたあの時の方が楽しかったかなって思います。











    歳とったのかな。笑











    皆さんの思い出の曲はなんですか?









    水原柊平
    ------------------------------------------------------------
    ご連絡は以下よりお気軽に。
    水原柊平の連絡先(長押ししてコピー)

    ■Twitter
    https://twitter.com/s_mizuhara_fc
    ■LINE
    https://works.do/R/ti/p/mizuhara@firstclass1

    _a cast of FIRST CLASS,Tokyo
    -----------------------------------------------------------

  • オープンクエスチョン
    水原 柊平





    皆さまこんばんは、FIRST CLASSの水原柊平です。







    今日はクローズドクエスチョンの恐ろしさとオープンクエスチョンの大切さについて、書いてみようと思います。










    30歳、私も本業ではまだまだ若手?そろそろ中堅?微妙な年次なのですが、









    何故だか今年新入社員の教育を担当しています。(そこそこ自分も仕事抱えているのですが。笑)









    その時に気をつけていることが、まさにクローズドクエスチョンをしないこと、です。










    例えば、作ってもらった資料に誤字脱字が多いとします。









    この時に「なんでこんなに誤字脱字が多いの?」と問いかけることがクローズドクエスチョンです。









    なんで〇〇なの?と聞かれても、うっかりしてましたとか見直しが甘かったです、としか言いようがないですよね。










    何より相手が萎縮します。そして結局、仕事をすることが楽しいと思ってもらえないと意欲的に仕事に取り組まなくなるし










    緊張や焦りからまた同じミスをしてしまうのです。わたしはそうです。笑










    なので、指導するときには意識的にオープンクエスチョンを投げかけます。









    この場合だと、「ここに誤字脱字があるけれど、どうすれば誤字や脱字が減ると思う?」と投げかけるだけです。










    間違いを指摘して答えを与えるのではなく、あくまで答えは自分で考えてもらう。










    自分の頭で考えて、やってみて、振り返って、自分で改善策を練ってまたやってみる、というクセをつけないと絶対どこかで行き詰まるからです。俗に言うPDCAですね。









    社会に出てもうすぐ7年経ちますが、仕事をしていると答えのない課題に出くわすことがままあります。









    社内の利害調整とか、取引先との関係性とか。たまにくだらないなーと思うこともありますが









    否定から入る思考が脳にこびりついていると何事も上手くいかないのですよね。










    みんなそれぞれの正義で生きてますから。











    女風のお仕事でも、このオープンクエスチョンはお客様のことを少しでも知る為に取り入れています。









    お客様ごとに「正解」は違うし、ましてや、事前にコミュニケーションを取らず初めましてに近い状態でお会いするお客様がいたとしたら








    いきなり施術に入っても手探りでやっていくしかない。










    そんな施術は危険だし満足度も高くないと思っています。










    当店では、最初にカウンセリングをさせていただくのですがその時に、私が投げかけた質問にyes/noで答えてもらうのではなく、お客様自身が伝えてくれる言葉に耳を傾けることを大事にしています。











    リピートのお客様でも、かっちりとした形式ばったカウンセリングはしないにしても何気ない会話の中から、













    今日はどんな状態なのかな?どんな気分なのかな?ということは当たり前だけれど毎回知りたいです。













    聞かないでも察してくれるのがお客様的には一番かもしれませんがそんな超能力ないので私は聞きます。笑












    その時間がいい時間だったかどうかは、事前にどれくらいお客様の今日の心と体のコンディションを知ることが出来るかで












    半分くらい決まってしまうのではないかな?と思っています。











    なんか、手の内明かしてるみたいで恥ずかしくなってきたのでこの辺でやめておきます。笑












    あと最後はテクニックでも理屈でもなく、「気持ち」しか勝たん、派ですから
    。笑










    おやすみなさい。







    水原柊平
    ------------------------------------------------------------
    ご連絡は以下よりお気軽に。
    水原柊平の連絡先(長押ししてコピー)

    ■Twitter
    https://twitter.com/s_mizuhara_fc
    ■LINE
    https://works.do/R/ti/p/mizuhara@firstclass1

    _a cast of FIRST CLASS,Tokyo
    -----------------------------------------------------------

  • 細部に宿る
    水原 柊平





    まだまだ寒い日が続きますが、今日みたいな少し暖かい日差しの日が来ると








    少しワクワクしてきます、FIRST CLASSの水原柊平です。








    この休みで、毎月やっている爪の手入れに行ってきました。










    このお仕事を始める前から、実は定期的にメンズのネイルサロンに行って手と爪のケアをしています。








    誰も私の手なんて見てないだろう、と思って過ごしていたのですが









    女性って意外と男性の手元を見ているものですね◎









    なんか手入れしてるの?と気づいていただけることがたまにあります。









    個人的に、清潔感は服装や髪型などは勿論のこと、








    ぱっと見て目につかない手元など細部にも宿ると思っているので










    これからも怠らず綺麗にしていきたいと思っております。









    鏡を見ていない状態だと自分の体のパーツで1番目がいくところって手元ですよね。








    綺麗にするとなんだかテンション上がりませんか??







    自己満足でもいいから、そうやって気分を上げていくことで







    日々の生活をポジティブに生きていけたらいいなと思います。







    水原柊平
    ------------------------------------------------------------
    ご連絡は以下よりお気軽に。
    水原柊平の連絡先(長押ししてコピー)

    ■Twitter
    https://twitter.com/s_mizuhara_fc
    ■LINE
    https://works.do/R/ti/p/mizuhara@firstclass1

    _a cast of FIRST CLASS,Tokyo
    -----------------------------------------------------------

  • 眠れぬ夜に思うこと
    水原 柊平






    夜、ベットに入って灯りを消して、暗くなった静かな部屋で眠りにつこうと目を瞑っていると、ふと過去を振り返ることがある。






    それは時に小さい頃のことだったり、時に最近のことだったり。その時々によって違う。







    しかし、過去のことを振り返った時に頭に浮かんでくるのは共通して、人の優しさに触れた時のことだ。







    家族、友人、そして社会に出てから出会った方々。もちろん全員が全員気が合うわけではなかったが








    自分のことを受け入れてくれて、良くしてくれる人は少なからずいた。








    自分が辛い時に助けてくれたり、痛みを分かち合ってくれたり。








    そういう、人の温かさや優しさに触れた時のことを思い出すと、今でもウルッときてしまう。









    温かさや優しさに触れた時のことは何年経っても覚えているものだ。









    相手は忘れているだろうという些細な優しさでも、その優しさを受け取った側はしっかり覚えている。








    あまり漫画は読まないけれど、ワンピースは昔読んでいたことがある。








    最も刺さったのはチョッパーが仲間になるときのエピソードで、







    人は人に忘れられたときに死ぬ、というドクターヒルルクの名言があって、小さい頃からずっと心に残っている。








    だから、もし明日事故に遭って死んでしまっても








    自分を取り巻く人々の心の中で生き続けられるように









    日頃から私も、人の心に寄り添っていきたい。







    水原柊平
    ------------------------------------------------------------
    ご連絡は以下よりお気軽に。
    水原柊平の連絡先(長押ししてコピー)

    ■Twitter
    https://twitter.com/s_mizuhara_fc
    ■LINE
    https://works.do/R/ti/p/mizuhara@firstclass1

    _a cast of FIRST CLASS,Tokyo
    -----------------------------------------------------------

  • 性病検査結果
    水原 柊平






    土曜の昼下がり、いかがお過ごしでしょうか。FIRST CLASSの水原柊平です。






    2月の性病検査結果が出ました。







    全て陰性です。









    皆様に安全安心をご提供できるよう今後も努めてまいります。







    水原柊平
    ------------------------------------------------------------
    ご連絡は以下よりお気軽に。
    水原柊平の連絡先(長押ししてコピー)

    ■Twitter
    https://twitter.com/s_mizuhara_fc
    ■LINE
    https://works.do/R/ti/p/mizuhara@firstclass1

    _a cast of FIRST CLASS,Tokyo
    -----------------------------------------------------------


  • マストアイテム②
    水原 柊平







    皆さまこんばんは。部屋の照明は全て電球色、FIRST CLASSの水原柊平です。






    昨日から書いております、わたしのマストアイテムをご紹介するシリーズ。









    第二弾はこちら。







    **こちらをタップ**








    これはもう毎日焚いてます。








    名香 京都三十三間堂のお香です。









    ネットでは買えないので、京都に行くという人を見つけては買ってきて!!と頼み込み






    自分でもこのお香を買うことがメインの目的で京都に足を運んだことがあるくらい焚くと心が落ち着くお香です。







    このお香には、「お香の十徳」という説明書が入っていて、焚くことによる効能は以下の通りです。






    ★感格鬼神
    感覚が鬼や神のように研ぎ澄まされる
    ★清淨心身
    心身を清く浄化する
    ★能除汚穢
    穢(けが)れをとりのぞく
    ★能覺睡眠
    眠気を覚ます
    ★静中成友
    孤独感を拭う
    ★塵裏偸閑
    忙しいときも和ませる
    ★多而不厭
    多くあっても邪魔にならない
    ●寡而為足
    少なくても十分香りを放つ
    ●久蔵不朽
    長い間保存しても朽ちない
    ●常用無障
    常用しても無害








    十徳といっても実際の徳は★印の7項目ですね。










    友人を家に招いた時、「なんか…水原の家どことなくおばあちゃんの家みたいな匂いするね」









    と言われたことがありますがこのお香の香りです。








    毎日寝る前に10分間部屋を暗くして瞑想をするのですがその時にこのお香を焚きます。








    (瞑想についてはそのうち別の日記で、わたしなりの生活への取り入れ方をお伝えできればと思います。)








    皆さんはどんな香りが好きですか?








    水原柊平
    ------------------------------------------------------------
    ご連絡は以下よりお気軽に。
    水原柊平の連絡先(長押ししてコピー)

    ■Twitter
    https://twitter.com/s_mizuhara_fc
    ■LINE
    https://works.do/R/ti/p/mizuhara@firstclass1

    _a cast of FIRST CLASS,Tokyo
    -----------------------------------------------------------


  • マストアイテム①
    水原 柊平



    みなさまこんばんは、FIRST CLASSの水原柊平です。





    本日はタイトルの通り、私が常用しているマストアイテムを紹介していきます。






    あまり“考え方“みたいな日記ばかり書いていても読んでくださる方を退屈させるので。笑





    今のところ5つくらいはご紹介したいもの思い浮かんでおります。






    第一弾はこちら。



    **こちらをタップ**



    弱った胃腸を元気にします、でお馴染み、養命酒。






    昨日、会社で冷え性の話になったとき養命酒おすすめです、わたしは毎日飲んでますよ、と言ったところ





    あら、水原くん。若いのに養命酒飲んでるの?とお姉様方に養命酒飲んだ後みたいな苦い顔されましたが実際オススメです。








    いつだったか前の部署にいた頃に会社の忘年会で一人一つプレゼントを持ち寄ってビンゴの景品にしましょう、という余興があったのですが、








    その時わたしは景品に養命酒をチョイスして、わざわざラッピングして…満を辞して忘年会に参加しました。








    結局後輩の女性社員がそれを引き当てたのですが、え?なにこれ?という感じの顔をしてちょっと変な空気になって場がざわついたんです。








    ザワザワ、ヒソヒソ(え、これ誰が持ってきたやつ?)みたいな感じで。








    当時女性8男性2の部署だったので、女性はみんな冷え性で悩んでいるに違いない、という変な先入観があって、








    忘年会シーズン、12月で寒い時期ですし








    引き当てた方、喜んでくれるだろうなぁと思って満を辞して養命酒片手に忘年会参加したので







    場がざわついたとき、あれれ?となったのは悲しい思い出です。








    あと、その次の日からしばらくお姉様方から「養命酒の回し者」とバカにされた悲しい記憶もいまこの日記書いていたら蘇ってきました。















    後日談ですが1ヶ月くらい経ってから忘年会でわたしの養命酒引き当てた後輩の女性社員が昼休みに話しかけてきて、







    「水原さん、養命酒のことなめてました。すいませんでした。冷えなくなりました。リピ確です。」とのことでした。







    おお、良かった良かった!(やっと気づいたと?命を養う酒と書いて養命酒なんやけん、当たり前たい。)





    ふぅ…。








    水原柊平

    ------------------------------------------------------------
    ご連絡は以下よりお気軽に。
    水原柊平の連絡先(長押ししてコピー)

    ■Twitter
    https://twitter.com/s_mizuhara_fc
    ■LINE
    https://works.do/R/ti/p/mizuhara@firstclass1

    _a cast of FIRST CLASS,Tokyo
    -----------------------------------------------------------


















  • 物の価値③
    水原 柊平



    おはようございます。



    シャンプー、トリートメント、フェイスウォッシュ、BOTANIST、FIRST CLASSの水原柊平です。




    『物の価値②』の続きです。



    ______



    前回、前々回と物の価値というタイトルで綴ってきましたが





    私が何故このような日記を書いたかと言うと、





    これから活動するにあたって、常にお客様への感謝、そして仕事への責任感を忘れずに





    過ごしていきたいと思っているからです。





    みな、日々楽しいこともあるかと思いますがそれ以上に辛かったり悲しかったり、ストレスを感じながら生きていて、それでも前に進んでいる。





    利用動機は人それぞれですが、お客様がどんな想いで私を呼んでくださるのか、




    常に意識しながら向き合いたい。




    あくまで技術を前提としたマッサージ、紳士のエスコートを追求したい。




    言葉は要らない。




    見つめ合って、伝えてください。




    全て包み込むから。





    水原柊平

    ------------------------------------------------------------
    ご連絡は以下よりお気軽に。
    水原柊平の連絡先(長押ししてコピー)

    ■Twitter
    https://twitter.com/s_mizuhara_fc
    ■LINE
    https://works.do/R/ti/p/mizuhara@firstclass1

    _a cast of FIRST CLASS,Tokyo
    -----------------------------------------------------------




  • 物の価値②
    水原 柊平

    旅行で旅館の部屋に着いたら掛け軸の裏や押し入れにお札が貼ってないか確認します、FIRST CLASSの水原柊平です。




    『物の価値①』の続きです。


    _____




    モノであればクーリングオフすればいいけれど、





    ヒトではそうもいかないですよね。残念ながら女風はチェンジ制度もない。





    だから、いただく金額に見合ったサービスをご提供するのがまず最低限。





    そこから+ αがなければ次はない。





    よく、初めての商品を買うか買わないか悩む時、これにxxxx円払うなら他のあれやこれができるなって考えませんでしょうか。




    一方で高くても繰り返し買う商品には理由があります。




    人からお金をいただいて何かをするということはプロであるいうこと。お金とは責任を可視化したものであるとわたしは思います。





    だから、プロは100%からがスタートライン。100%とは、支払った相手がその価値を妥当と判断すること、としましょう。





    しかし私が目指すのは100%ではありません。





    それでは満足できない。





    そういう性分だからしようがない。





    わたしは感動するサービス(120%〜)を追求したい。





    今それが出来るかは不明だけれど、目指すべきところはそこです。





    ハードなサービスをする、トリッキーなことをする、当たり障りのいいことをささやく、そんなものではない。




    結局、支持されるのはどんなモノやサービスであっても“人の心を豊かにするもの“だと思うから。




    (次号へ続く…)




    水原柊平
    ------------------------------------------------------------
    ご連絡は以下よりお気軽に。
    水原柊平の連絡先(長押ししてコピー)

    ■Twitter
    https://twitter.com/s_mizuhara_fc
    ■LINE
    https://works.do/R/ti/p/mizuhara@firstclass1

    _a cast of FIRST CLASS,Tokyo
    -----------------------------------------------------------