ユーザー同士の(2021年06月30日)水沢 恭輔(FIRST CLASS)|写メ日記

FIRST CLASS

東京/出張ホスト/東京から日本全国どこへでも出張致します。

"女性用風俗ポータル『Kaikan』を見た"とお伝え下さい!
03-5244-4250

水沢 恭輔@写メ日記

水沢 恭輔

水沢 恭輔  (31)

プロフィールを表示

1012 件中 261 - 270 件目表示
  • 初17LIVE!
    水沢 恭輔

    17LIVE(イチナナ)公式ライバーとして、今夜初デビューです。



    緊張しますが、皆さんからの応援を胸に、楽しんで配信したいと思っています。



    FIRSTCLASSのキャスト達も一緒なので、心強いです。



    ぜひ皆さんに楽しんでいただけたら嬉しいです。



    7月3日 土曜日 20時スタート(終了時間は未定)

    水沢恭輔アカウント


    _____


    今推したいおすすめ #イチナナライバー
    水沢恭輔 #17LIVE #イチナナ配信中

    https://17appv2.onelink.me/D7OH?pid=InappShare&af_c_id=profilepage&af_dp=media17://v2/streamer_profile/74c97037-28f5-47c1-8b95-0be90d0d0f36&af_web_dp=https://17.live/profile/u/74c97037-28f5-47c1-8b95-0be90d0d0f36?lang=ja

    _____


    僕にとって記念すべき初の配信をぜひライブで体感してください!



    フォローもよろしければお願いいたします。







    僕の今の想い…




    セラピストとして活動するまでは、まさかイチナナ公式ライバーになるなんて、夢にも思っていませんでした。



    僕を指名してくださる皆さん、応援してくださる皆さんのお陰で、僕の活動の幅が少しずつ広がり、感謝の気持ちでいっぱいです。




    コロナやオリンピックに関連する暗いニュースも多い世の中ですが、僕たちの配信によって少しでも楽しくて癒しの時間を共有できたら、僕もすごく幸せです。



    皆さんの応援があって、僕水沢恭輔が活動できています。





    皆さんからの温かな応援を胸に、今夜は楽しく頑張ります。





    コメントぜひよろしくお願いします!


  • イチナナ公式ライバー
    水沢 恭輔


    いつも水沢恭輔の応援とご指名をいただきありがとうございます。




    この度、水沢恭輔は、17LIVE(イチナナ)公式認証ライバーとしてデビューすることになりました。




    17LIVE(イチナナ)公式認証ライバーとは、17Media Japanの認証ライバー審査を受け、公式認証ライバーとなったライバーのことを指します。




    これから、公式認証ライバーとして、配信を行っていきます。




    水沢恭輔をこれまでよりも身近に感じていただけたらと思っています。



    もしよろしければフォローしていただけましたら大変幸せです。




    第一回のデビューは、以下の通りです。



    7月3日 土曜日 20時スタート(終了時間は未定)

    水沢恭輔アカウント



    _____


    今推したいおすすめ #イチナナライバー
    水沢恭輔 #17LIVE #イチナナ配信中

    https://17appv2.onelink.me/D7OH?pid=InappShare&af_c_id=profilepage&af_dp=media17://v2/streamer_profile/74c97037-28f5-47c1-8b95-0be90d0d0f36&af_web_dp=https://17.live/profile/u/74c97037-28f5-47c1-8b95-0be90d0d0f36?lang=ja

    _____


    明日、僕にとって記念すべき初の配信を聞いていただけたら嬉しいです。


    緊張しますが、どうぞよろしくお願いいたします。








  • 女性の安心感
    水沢 恭輔


    女性にとって心も身体も気持ち良くなるためには、安心感が大切なのだと、僕はセラピストをして大勢の女性と接することで教わっている。



    安心感を得るためには、あなたにとって、何が大切だろうか。それは、女性一人一人が違うのだと思う。




    抱きしめることや、隣にいることや、手を繋ぐこと。





    頭を撫でてほしい、背中をトントンしてほしい、ギュッとしてほしい、等。





    きっと色んなやり方が、皆さんに安心を感じていただけるのだろう。






    安心という空間でこそ、僕もあなたも、ゆったりとした気持ちで、お互いのことを分かり合えるのだろう。





    あなたの安心の中での気持ちよさのために、僕にできる事があれば、会った時にぜひ直接教えてください。







  • 満たされる心とは
    水沢 恭輔


    満たされたと感じる時はどんな時だろうか。




    「願っていることが叶う」時ではないだろうか。




    「楽しい」と「満たされる」は別物である。ある心理学のサイトに説明されていた。



    「楽しい」は、カードゲームや遊園地や友達とのショッピング等で感じることができる。



    だが、楽しくても満たされない気持ちになったことは、誰でも一度や二度はあるのではないだろうか。



    「満たされる」は、自分が心から望んだことが叶わないと、感じられないそうだ。



    例えば、カードゲームや遊園地は楽しくても、その本人が、本当は歌手になる夢があって、歌を歌うことで輝きたい場合は、歌を歌っている時こそが満たされる。




    カードゲームは楽しめても、歌を歌う表現の場がなければ、満たされた気持ちにはならないだろう。





    このように、人の心は、




    「楽しいかどうか」




    よりも





    「本当にやりたいことをやっているのかどうか」





    に幸福度が大きく左右されるそうだ。





    生活の中で、楽しいことが多いのに、どこか満たされないと感じることがあれば、自分の心の内側を覗いて、本当にやりたいことをやっているのか、それとも楽しくても願いは叶っていないのではいかと、丁寧に見つめてみるといい。






    心の芯から満たされるような日々が、自分の心を温めてくれる。





    やりたいことを、一つ一つ本音に従ってやっていこう。
    たった一度の「今日」なのだから。





  • 9回目のNo.1
    水沢 恭輔

    エンジェルナンバーという言葉がある。エンジェルナンバーとは、スピリチュアルの世界でいえば、宇宙から知恵や創造のためのメッセージだそうだ。



    今回、ありがたいことに、Kaikanにて9回目のナンバーワンをいただいた。




    これもすべて、僕を応援してくださる皆様のお陰に他ならない。いつも感謝の気持ちでいっぱいだ。




    エンジェルナンバーの9の意味を調べてみた。


    ____________

    “あなたの神聖な人生の目的が、アップデートしようとしています。今のあなたにとって不要なものは手放してください。そして新しい次元で、人生の目的を遂行する準備をしてください。”

    ____________



    9とは、一つのサイクルが終わりを迎え、アップデートとして、また更なる次元へと昇っていくときのサインだそうだ。





    同じ場所に停滞するのは、成長がない。




    いつも新しい世界が、目の前に広がっている。





    一歩前に踏み出す時は怖さもあるが、まだ見ぬ景色に出会うためには、思い切って勇気を出した行動も、時には必要だと言えるだろう。





    勇気を出して、自分の新しい世界を切り開いていこう。




    過去と同じことばかりではなく、クリエイティブな一歩を力強く踏み出していこう。




    きっとすべてのステップが、大きな塊になっていくと信じて。
    小さいことをおそろかにしないように。





    もしセラピストとして思いつくことがあるのならば、躊躇せずに遠慮もせずに、大胆に実行していこう。






  • 6月の御礼と抱負
    水沢 恭輔

    6月もたくさんの皆様にご指名いただきありがとうございました。



    コロナ関連で不安が感じられるようなニュースが多い6月ではありましたが、僕にとりましては皆様と過ごした幸せな時間のお陰で、思い出がたくさん心に刻まれた1ヶ月となりました。




    僕を応援し、会おうと思ってくれる皆様のお陰で、今の僕がこうして活動できています。




    皆様に感謝しています。




    7月は気温が暑くなり、オリンピック開催があることで、何かと賑やかな1ヶ月になりそうですが、今月も皆様に会えることを楽しみに精一杯活動する所存です。




    ありがたいことに、優しくて僕を理解してくださる方々ばかりで、お陰様で『自然体』の僕として活動させていただけています。





    僕の前でも、自然体の飾らない皆様として、ありのままの姿で接していただけたら嬉しいです。




    今後の抱負は、自分を磨きつつも、皆様とふたりきりの時は、自然体の僕とあなたとして心と心を通わせたいと思っています。




    6月もありがとうございました。
    7月も楽しみにしています。







  • ユーザー同士の
    水沢 恭輔


    Twitterで目にすることがある。




    ユーザー様同士の喧嘩のようなやりとり、質問箱への一方的な攻撃的な言葉。



    他のユーザー様から探りを入れられたとか、DMに他のユーザー様から嫌なメッセージが来たとか。




    女性のお客様同士でいざこざが起きることほど悲しいことはない。




    SNSを使用すると、本当のこととはかけ離れた噂が飛び交うこともあるし、妄想が膨らみ事実ではないことが拡散されることもある。





    大切なことは、セラピストとお客様との時間であり、それ以外のことはほぼすべて関係ないと断言できる。




    SNSは楽しむためのものであって、自分が苦しんだり誰かが嫌な思いをしたりするためのものではない。




    SNSに疲れたという声を聞くことも時々ある。





    一番大切なふたりきりの時間以外のことは、全部気にしないぐらいが丁度いいのだろう。




    疲れを感じるならツイートを休むのも考えたほうがいい。




    一緒に過ごせるひと時を何よりも大切にしよう。





  • ランキング疲れ
    水沢 恭輔


    僕が一番大切にしていること。一番大切にしたいこと。



    それは僕に会ってくださる方との、ふたりきりで過ごす時間だ。




    それが最も大切だ。同じ時間を分かち合い、共に過ごせることは何にも代え難い喜びだからだ。




    ランキングに疲れたとか、ランキングで嫌な思いをしたというツイートを目にした。





    ランキングが2人の時間を嫌なものにするようなものになってしまうならば、本末転倒だ。





    ランキングはお客様がセラピストを選ぶときの一つの材料になったり、セラピストが頑張るための目標になるのは良いが、ランキングによってお客様の気分が乱されるのはランキングの意味がなくなってしまう。






    最も大切なのは、2人きりで過ごす尊いひと時。




    そこをふたりで大事にしよう。



  • 大丈夫じゃない
    水沢 恭輔



    僕たち日本人には「大丈夫」という便利な言葉がある。




    お互いに、大丈夫? と聞けば、そのニュアンスでなんとなく相手の言いたいことは分かる。




    大丈夫という一言でも、色んな意味があるように思う。




    そして、大丈夫を多用しすぎて、時に、大丈夫じゃない時でも「大丈夫」と思わず言ってしまうこともあるのではないか。




    大丈夫ではない「大丈夫」だ。




    だが、大丈夫じゃないのに大丈夫と言い続けると、我慢の連続で心が辛くなってくる。




    大丈夫じゃないのに、大丈夫なふりをすると、心が泣くこともある。




    僕らは大人になっても、大丈夫じゃないことは「大丈夫じゃない」と言葉にしていいのだ。



    だって、それが本心ならば、大丈夫じゃないという気持ちの方が大切だから。



    セラピストに対して、大丈夫じゃない時は、ぜひそれを言葉にしてほしい。




    大丈夫という言葉で飲み込まないで大丈夫なので、ぜひ大丈夫じゃない時は僕らセラピストに伝えてほしい。




    大丈夫。
    大丈夫じゃない。






    どちらも大切だから、どちらも言い合える2人になれたら嬉しい。









  • 質問箱
    水沢 恭輔


    Twitterで質問箱を使用している人が多い。




    セラピストもユーザーも、楽しく質問箱を使っているのは見ていて微笑ましい。




    だが、質問箱の質問が、攻撃的だったり、怒りや否定の言葉が書き込まれていることもよく目にするようになった。そんな質問箱を見ると、心がざわざわしてくる。





    僕たちはSNSやネットを使い慣れてしまい、大切なことを見失っているのではないか。




    質問箱も、SNSも、面と向かって話すことと、何も変わらないのだ。コミュニケーションツールの一つなのだから。




    目の前にその人がいると思って、その人に話すつもりでするのが、質問だろう。




    もし目の前にその人が立っていたら、同じことを言えないならば、その言葉は止めた方がいい。




    ネットやSNSだからと言って、何を言っても良いのではない。あくまで、人対人のツールなのだから。




    TwitterもSNSも質問箱も、その人が目の前に立っていて、その人に直接話すようなつもりで使うべきだ。




    そうすれば、自ずと自然体の言葉が出てくるだろう。




    質問箱やSNSのツールを使うのは僕ら人間だ。ツールに飲み込まれるような使い方は危険だ。




    相手の心をイメージしながら、穏やかな言葉を使っていこう。