滝沢蓮介検査結果(2021年04月19日)水沢 恭輔(FIRST CLASS)|写メ日記

"女性用風俗ポータル『Kaikan』を見た"とお伝え下さい!
03-5244-4250

水沢 恭輔@写メ日記

水沢 恭輔

水沢 恭輔  (30)

プロフィールを表示

839 件中 21 - 40 件目表示
  • 読めますか?
    水沢 恭輔


    慇懃(いんぎん)

    ・真心がこもっていて、礼儀正しいこと
    ・非常に親しく交わること









    お互いに慇懃を重ねて、素敵な時間を過ごせますように。

  • 見逃さない
    水沢 恭輔


    無垢 = 煩悩から離れて、けがれのないこと






    経済社会の日本で暮らす僕ら人間にとって、煩悩から離れることは難しいのかもしれない。




    欲望を簡単に捨てられる、手放せると思える人はそれほど多くはないだろう。





    でも、だからこそ、煩悩を少しでも小さくして、この地球という世界を眺めようとする試みに、意味があるのだろう。だから、ヨガや瞑想や禅が、流行しているのだろう。






    欲望をゼロにはできなくても。欲望を持つ自分を客観視して、静かにそんな自分を眺めて、その欲望に過度に影響されないように生きることはできるような気がする。





    どんなに物や情報に溢れても、誰もが持っている無垢なる心の部分を大事にしよう。








  • 見逃さない
    水沢 恭輔


    本当の自分の声を無視すると、もう一人の本当の自分という大切な存在が遠のく。



    それがどんなに小さな声でも、魂の声に耳を傾けよう。




    そこに、心の充足と生命の豊かさを感じられるのだろう。

  • 見逃さない
    水沢 恭輔


    現代社会では、無音であることがほとんどない。



    山や草原の中に行くと、静まりかえった沈黙を味わえるが、都会ではなかなか難しい。




    コロナやオリンピックのニュース、政治のこと、全国各地での報道、全世界での出来事。




    車の音、機械の音、お店のBGM、電車の音、ラジオ、スマホの通知音、動画・・・






    多様な音に囲まれる生活の中で、無音で静かに過ごしてみると驚いてしまうことがある。




    本来、地球とは、こんなに静かな場所だったのかと。





    その静けさをきっと心は求めているのだろう。それが、この地球の大自然のもともとの姿だから。






    無音の時間。無音の空間。これらを取り入れてみることで、生活の質がより豊かに変わるのかもしれない。









  • 大事にしたいこと
    水沢 恭輔


    衝撃を受けるほどの感動。




    それが起きる可能性があるのが女風という非日常なのかもしれない。




    今まではしたことがないぐらい、抱きしめあったり。




    過去には経験したことがないほどの、熱い時間を過ごせたり。





    そんな衝撃的な美しい経験が、さらにその人の未来を美しくしてくれるのだろう。






    あなたとともに、あなたとだからこそ、そんな未知なる衝撃を共に味わえたら幸せだ。





  • 大事にしたいこと
    水沢 恭輔

    卒業と聞くと、悲しみや寂しさのイメージがある。




    だが、学生時代を思い出してみると、卒業とは、次なる新しい世界への幕開けといつもセットだった。



    だから卒業とは、新たなるステージへの前進なのだ。




    そして人生を俯瞰して客観視してみると、人生そのものが卒業の連続であるともいえる。




    子供から大人への卒業。



    親からの卒業。



    学校からの卒業。



    部活からの卒業。



    いつかは訪れる仕事からの卒業。




    いつかは訪れる自分の肩書きからの卒業。




    どれも悲しみではなく、また次の学びのために飛躍する機会なのだ。




    だからやはり、目の前に与えられている宝物のような「今」を大切にしよう。

  • 大事にしたいこと
    水沢 恭輔


    世の中には使える言葉がごまんとある。



    そしてどんな言葉を使うかは、個人の自由に完全に委ねられている。




    たった一つの言葉によって、傷つく人がいる。




    たった一つの言葉によって、生まれ変わる人もいる。





    昨日の記事に書いたように、脳は主語を知らない。つまり、他の誰かに言っている言葉は、言葉にすると同時に、そっくりそのまま脳は自分自身への言葉だと受け止めている。





    自分に対して批判的な人は、相手に対しても批判的になり





    自分の不完全さを認められる人は、相手の不完全さも認めつつ、受容的態度かつ温かな言葉を発している。






    北風は人の心を動かせなかったが、太陽の温かさで人は自ら自分を変えた。




    言霊の力で、人間は完璧には生きられないかもしれないが、不完全さの中で誰もが幸せになれる。





    今日も温かな言葉というプレゼントを、身近な誰かへと贈ろう。





    言霊は、場所と時を選ばずに、無料で送りあえる最高に心癒されるギフトだ。

  • あなたと私
    水沢 恭輔


    脳のしくみのサイトを読んだ。




    脳は主語を知らない。一度前にも写メ日記に書いたが、さらに詳しく理解した。




    脳は主語を知らないというのは、脳は、どんな言葉であっても、その主語が誰かは判断しないという意味だ。



    つまり、ある文章の主語があなたなのか私なのか、脳にとっては関係ないそうだ。




    例えば、あの政治家なんてダメだと自分がテレビに向かって言ったとする。



    この時に、僕たちは、テレビの中にいる政治家に向けてだけ批判しているように思っている。




    しかし脳は主語を判断しないので、政治家という主語は関係なくなり、自分に対してダメなんだと言ってることになるのだ。



    つまり他者を批判したり否定したりするのは、同時に自分に向けて言っていることになる。




    これは怖いことだ。人に言いながら自分で自分を傷つけることになるからだ。




    人に対して批判したり否定したりせずに、自分のことに集中することがいかに大切かサイトを読んで改めて考えさせられた。




  • 滝沢蓮介検査結果
    水沢 恭輔

    今月の性病検査の結果もすべて陰性でした。



    これからも皆様に安心していただけるように毎月ご報告させていただきます。

  • 回り道
    水沢 恭輔


    真っ直ぐに進まなかったから、思いもよらない道を歩くことになった。




    地図もなく、目的地も見えず、ただひたすら目の前にある道を手探りで歩くしかなかった。





    もし、真っ直ぐな道を通れたなら、通らなくてすんだ道。




    だが、後ろを振り返ってみれば、遠回りしたからこそ、出逢えた人たちや、与えてもらえた優しさや、見ることができた風景があった。




    最速が最善なわけじゃない。




    回り道したからこそ、与えられた経験が、プライスレスのギフトだった。



  • 真剣に向き合う
    水沢 恭輔


    頭の声と、思考の声と、心の声。




    それぞれ、違う声のような気がする。




    自分の本当の声は,どこにあるのだろう。




    静かな場所で、五感を研ぎ澄ませて、心の声にじっくりと耳を傾けてみる。





    自分の嘘偽りのない心の叫びに従ってみると、胸が熱くなる。





    だから、誰がなんと言おうと、自分の内側の、小さくても本気の声を、大事にしよう。


  • 真剣に向き合う
    水沢 恭輔


    スマホに没頭したり、SNSやネットに夢中になるのは、誰もが本当に大切な何かを、どこかで見つけたいからなのだろうか。



    もし、何かを追い求めているとしたら、それはきっと、情報や有益な知識ではなくて。




    人間らしさ、なのではないのだろうか。





    人の心は無意識にも、人間らしく生きたいと願っているものだろうから。




  • 真剣に向き合う
    水沢 恭輔

    電車に乗って周りを見渡すとほとんどの人がスマホを目で追っている。




    まるで、大切な何かを探し求めるかのように。




    もしくは、スマホの画面に集中して、まるで何かから目を逸らすかのように。




    スマホの画面やネットの情報に没頭すれば,他のことは忘れることができるから。





    それほど忘れたい何か、目を逸らしたい何かがもしかしたらあるのだろうか?






    自分の心に,真摯に問うてみる。










    心の空洞を埋めてくれるその答えは,もっと別のところにあるのだろう。




    それはきっと、スマホの中じゃなくて、ネット上の誰かの言葉にでもなくて、一人一人の心の内側にこそあるのだろう。

  • 心で答えます
    水沢 恭輔


    その三。



    セラピストのランキングとは、セラピストの力ではない。



    指名してくださるお客様がいなかったなら、僕、滝沢蓮介の今はない。



    すべては,お客様のお陰だ。




    お客様にお会いした時に,感謝の恩返しをしたい。お客様との大切で、最高にありがたいひと時を、感謝の心で過ごしたい。




    ランキングのナンバーワンとは、指名してくださるお客様がナンバーワンなのだ。




    与えていただけるすべての時間を誠心誠意、心を尽くすことが僕にできることだ。




    いつも心からありがとう。




    僕滝沢蓮介に、ナンバーワンの景色を見せてくれている大切なあなたと奇跡的に出逢えて、本当に良かった。

  • 心で答えます
    水沢 恭輔


    そのニ。


    大別なことは,失敗を恐れずに工夫し続けること。




    同じことを繰り返していたら、やっぱり同じことが起きる。だから、マイナーチェンジを連続させること。




    小さな取り組みをおそろかにしないこと。





    今日、たった一つでも、何か人と違う工夫を見つけて、繊細かつ大胆に、実行していくこと。





    失敗を恐れずに。





    それは失敗ではなく、成功のための通過点に過ぎない。

  • 心で答えます
    水沢 恭輔

    その一。



    決して目標の達成を諦めないこと。絶対に。叶うまで。




    諦めた瞬間に,そこでゲームオーバー。




    だが、諦めなければ、実現までの道が継続する。





    僕だって挫けそうになったこともあるし、今だってその気持ちがゼロではない。だが、絶対に歩みを止めないことだけは決めている。



     

    諦めない限り,天はあなたを味方する。


     

    ただし、その夢は,自分一人だけが幸せになるものではなく,周りの人にも影響を与えるような、喜び溢れるものであることが実現のために大事なのだ。





  • 本気で答えます
    水沢 恭輔


    本気で答えます。



    なぜセラピストを選んだのか。その理由は、「稼ぎたいから」という人も多いのではないだろうか。



    お金のためというと聞こえは悪いが,それがセラピストをする理由でも間違いではないと僕は思う。なぜならば,セラピストに限らず,他の職業においても、あらゆる仕事の対価として,お金を沢山得たいと思うことは普通のことだと思うからだ。




    稼ぐ = 価値を提供できる



    つまり、お金をいただけるようになるのは、つまりそれだけお客様のニーズを満たすということだ。




    ということは、沢山お金を得たければ、お金の稼ぎ方よりも,いかにお客様のニーズに応えられるかに意識を向けるといい。




    ということは,そのためにできることは,男である僕らは,女性の心のためには,まずは女心を知ることが大前提になる。




    男性と女性とは、思考回路も心理も異なると言われている。真逆の考え方をしたり,男から見たら理解しにくいような心の持ち方もあるかもしれない。




    今はネットで,女性心理,女性の思考、女性の価値観など、沢山ネットに出ている。



    一度,徹底的に女性の心を学ぶことがお勧めだ。



    女性のお客様と時間を過ごすのだから,女性の心を知ることは当然のことだ。



    だが、そこをおそろかにしたまま、女性目線が抜け落ちたまま、写メ日記やツイートで発信しているセラピストも少なくない(あくまで僕の感想だが)




    女性ユーザー様のツイートを沢山読むことも勉強になるし教わることも多い。




    僕もまだまだ女性の心や考え方についてお客様から教わる立場だ。




    女性の心について勉強してもしすぎることはない。それほど奥深く深淵だ。




    女性のお客様の心を、なによりも大切に、一番に考えよう。そのために、謙虚に学ぼう。



  • 本気で答えます
    水沢 恭輔


    本気で答えます。




    勝ち負けやランキングがすべてではない。




    されど、ランキングである。





    負けるよりは、勝ちたいと思っているセラピストが本音だろう。僕だってその向上心を失いたくないし、まだまだ未熟だが,後ろを追われるようなセラピストでありたいと常に思っている。




    勝ち負けで大切だと僕が思うこと。




    それは,セラピストとして、最初から勝てない状態になってしまっている人がいることだ。





    勝てない状況というのは、女性ユーザー様のことを考えていないままに、セラピストとして発信したり活動している態度のことだ。





    女性ユーザー様のことを考えていないとは、つまり、僕の考えでは,セラピストとしての基本中の基本ができていないということだ。





    セラピストとしての基本とは。



    ・プロ撮影のプロフィール写真
    ・お客様目線のプロフィールやHP
    ・DMでの丁寧な言葉遣い




    これは、最低限やるべきことだと僕は思っている。




    これができていないと,ほぼ,シビアな目のお客様に選んでもらえない。




    負けないようにするためには、まずはこのような基本的なことを丁寧に一つ一つやっていくしかない。僕もそれは同じだ。





    スポーツやアートの世界でも,大きな成績を残す人ほど,小さな基礎を大事にしていると聞く。





    ランキングよりも、勝つよりも,まずは,基本を大切に,小さなマイナーチェンジを繰り返していこう。





    これからも皆さんと一緒に切磋琢磨で頑張っていきたい。




  • 本気で答えます
    水沢 恭輔


    今日も本気で答えます。



    同業のセラピスト達からもありがたいことにDMが届く。




    誰もが,頑張って人気セラピストになるにはどうすればいいのか?と、日々,熱心に試行錯誤しているのだと考えさせられる。




    他のセラピストに勝ちたい、つまり、ランキングで上にいく秘訣を聞かれることがある。




    ランキングで上にいこうと思っても,今は大勢のセラピストがいるので簡単には上がれない。




    僕はお陰様で、ありがたいことに、お店ランキングでV16を頂いた。Kaikan等の女風サイトでも,ランキング上位をキープさせていただいている。




    それはすべてのすべてが,指名してくださるお客様のお陰なのだが、自分にできる努力としてその秘訣があるとすれば、たったひとつ。




    『自己に打ち克つ』




    これだ。これが、実は,他者との勝負で最も大切なのだ。





    逆説的なのだが,他者に勝とうとしなくていいのだ。




    なぜならば,向き合うべき最大の敵は,自分の心の中に存在するからだ。




    敵や超えるべき相手は,外にいるように見える。




    だが本当は、自分の心の中にこそ、乗り換えるべき何かがある。




    他者との勝負をしなくても、自分に対峙することこそが、すべての起点であり、そこが勝負の鍵だ。





    自分の乗り越えるべき課題は,本当の自分は、知っている。
    目を逸らして逃げなければ。





    その自分の課題に対して、直視して真摯に努力することが、お客様への満足度に直結していくのだと僕は思っている。






  • 真面目に答えます
    水沢 恭輔

    今日も真面目に答えます。



    目立ちたい。ほとんどのセラピストがそう思っているのではないだろうか。



    では、どうすれば目立てるのか。



    目立つとは、多くの人に注目を浴びることだが,注目を浴びる為にできることは




    ・人と違うことを言う
    ・人と違う動画や写真
    ・人と違う行動
    ・前例のないこと
    ・新しいこと



    これらをすれば、比較的注目を得られやすい。なぜならば、人は慣れていることに飽きる生き物であり,新しいことや前例のないことに、興味を持つ心理があるからだ。




    突拍子のないことや、派手なことをすれば,ネット上で目立つことが可能だ。




    しかし、目立つことで大事なことは,持続するかどうか。




    持続しなければ、目立てたとしても、すぐに忘れられてしまう。なぜなら,別の人もまた、目立つ可能性が常にあるからだ。




    ということは、目立つためには、目立ちつつも




    『持続する』がなければならない。




    持続可能な目立つ何かとは、一瞬だけそこに力を込めても、ほぼ難しい。





    持続可能な目立つ何かを発信する為には、やはり、自分の強みを自覚して,その強みを,日々,自分で磨き続けることだ。そして、どんなに小さな頑張りでもコツコツと積み重ねていけば,それが花開く時がきっとくる。




    目立とうとするよりも、自分の強みや魅力を知り,誰に褒められなくても、たとえ最初は誰からも評価されなくたって、そこを大切に育てていこう。