好かれる人(2021年06月17日)桜井 想多(FIRST CLASS)|写メ日記

FIRST CLASS

東京/出張ホスト/東京から全国へ

"女性用風俗ポータル『Kaikan』を見た"とお伝え下さい!
03-5244-4250

桜井 想多@写メ日記

桜井 想多

桜井 想多  (24)

プロフィールを表示

68 件中 1 - 10 件目表示
  • 蝉の声が
    桜井 想多

    暑くなってきた。


    蝉の声がきこえるのも、去年より早い気がする。


     


    最近ぼーっとしてしまうことがある。


    洗濯物を回して、干すのを忘れたり。


    数年ぶりにやってしまった。


    なぜだろう。


     


    疲れたのかな。


     


    そういえば東京都のコロナ感染者数は増えているみたい。


    変わってきたとはいえ、まだこの生活が続きそう。


    会社行かなくて済む日が多くなったのは気に入っている。


    みんなはどう?


    僕は飲みに行きたいわけではないし


    家で仕事できるし


    かなり合ってる気がしてる。


     


    では。

  • よく話題にでる
    桜井 想多

    今日も雨。


    いつも僕の日記を読んでる人なら、僕にとって雨が少し晴れより特別、


    ということに気付いているかもしれない。


     


    何かを考えるなら、雨の日の部屋の中。


    外に出られない理由付けができて、出たくない僕に優しい気がする。


     


    明日も雨、明後日も雨。


    僕に考える時間をくれてる様な気もする。


     


    みんなはどうだろう。


    雨きらいかな。好きかな。


     


    では。


     

  • わからないって
    桜井 想多

    「わかってる」と言う人はわかってなくて


    「わからない」と言う人の方がわかってる、なんて。


    この世の中でよくある事のような気がしてる。


    だから「わかってる」なんて言えないし、わかってると思いそうになった瞬間


    いや、わかってないからこそ、こう思ってしまうんだ、と思い直す。


     


    わかってる人ほど、わからないと言う。


    そのことがらの、複雑さ奥深さがわかってしまったからこその


    わからない、だと思う。


     


    ほとんどのことに当てはまるような気がしてる。


     


    では。

  • 最後の1人に
    桜井 想多

    そろそろ月末。


    実は今月は沢山の方にDMを頂き、その全てにお返事させて頂きました。


    やりとりをしてくださった皆様、ありがとうございます。


    こうやって人は色々な事の確認を積み重ねていくものだと思う。


    返事が深夜に及ぶこともありましたが、すぐにお返事くださる方が多く、


    リアルタイムのやりとり、そこに人がいる、ということを改めて感じました。


     


    どんな返事が返ってくるかわからないのに、DMを送るのも勇気のいることだと思う。


    こうやって一歩踏み出してくださる方がいることがありがたい。


    1通だけ嫌がらせのようなものもあったけど、それも受け止めお返事させて頂きました。


     


    僕たちは、必要なときにそこにいる。ということも大切だと思う。


    人生色んな波があって離れても、求めればそこにいる。


    プライベートでいろんなことがある人が疲れた時、気分転換したい時に、いつもそこにいる。


     


    セラピストにも人生はあるので、予約しようと思ったらもういなかった、というのもしょうがないと思うけど。


    居続けることは、安心できる、の要素の一つになるのかなと思っている。


     


    過去に僕の尊敬する人は、お客様が最後の1人になってもやり続けると言っていて、言い切ることの力強さを感じた。


     


    では。

  • この仕事で嫌いなこと
    桜井 想多

    たまにブログやYouTubeで、この仕事を1、2回程度した経験を


    面白おかしく書いてたり話してたりするものがあるが、


    そういうのが心底嫌いだ。


     


    どんなお客様がきたとか、面白おかしく描写したり、


    守秘義務のかけらもない内容。


    何時間でいくら稼げた稼げなかったとか。


     


    ここが大切にな場所となっているキャストやセラピスト


    いろんな気持ちで利用されるユーザーさん


    これから勇気を出そうとしているまだ使ったことのない方


    そしてこの業界を作ってきた先輩方


    全てへの冒涜だと感じる。


     


    そういうものが


    誰かの人生の分岐点や可能性を


    塞いでいるのだと思う。


     


    きっと誰かの大切な場所となってるなんて


    想像つかないんだろうけど。

  • 否定してしまう
    桜井 想多

    自分とは違う意見を否定してしまう時、自分の中に理由がある。


    どんな意見があったていいということは、本当はわかってるはずだから。


    それをわざわざ言いたくなる時ってなにかある、きっと。


    自分がどんな人間なのか、わかるヒントかもしれない。

  • 好かれる人
    桜井 想多

    好かれる人は本気で相手に興味を持った人、と聞いた。


    でも人は、人を好きになると、自分をよく見せようとしてしまうんだと。


    本気で相手に興味を持ち、相手のことをうまく引き出せる人が、気持ちが伝わる人なんだって。


     


    本気で誰かに興味を持った経験があれば、または興味を持たれた経験があれば、思い出してみて欲しい。


     


    では。

  • ここでしか
    桜井 想多

    ここでしか伝えられないことがある。


    ここにしか書けないことがある。


    創作活動というほどのものでもない、ただ気持ちや感情を綴る、そんな場所が誰にでもあったらいいと思う。


    どうせ忘れてしまうから。


    その時の感情なんて、その通りに思い出すことはできない。


    せめて自分で考えて言葉に残せば、少しは近づくのかなと思う。


     


    では。

  • 本当の暗闇を
    桜井 想多

    窓の外を見る。


    ガラス越しの街灯の光。


    夜でも外は明るい。


    長らく本当の暗闇を体験していない。


    思い出せるのは、何年も前に高尾山に登って、


    降りてくるのが思いの外遅くなってしまった時。


    何も明かりがない山道を降りた。


    遭難するのはこういう感じなのかと思った。


    街にはどこでも灯りがある。


    夜でも。


    月明かりもある。


    本当の暗闇はめったいない。


     


    では。

  • 今日みたいな
    桜井 想多

    雨が降っている日は考えがまとまりやすい気がする。


    余計なことを考えなくていい。


    ただ自分のすべきことを考える。