BINGO!(2021年07月21日)高島 春樹(Un moment pour toi)|写メ日記

Un moment pour toi

大阪/性感マッサージ/大阪府全域(主に梅田、なんば付近)

"女性用風俗ポータル『Kaikan』を見た"とお伝え下さい!
090-1148-2416

高島 春樹@写メ日記

高島 春樹

高島 春樹  (29)

プロフィールを表示

375 件中 191 - 200 件目表示
  • BINGO!
    高島 春樹

    みなさんやったことあります?



    ビンゴ!





    あの何かしら人が多く集まったらだいたいやる、

    ゴミがめっちゃ増えるイベントです!





    僕には得意技があるんですよ。





    実はですね、トリプルリーチ率95%なんです。





    すごくないですか?



    もうビンゴになっていいだろって思うじゃないですか。

    でも、ならないんですよ。

    なんでだろうなぁーって考えると、

    日頃の行いなんですかね。

    どんどん穴が開いていくんですよ。



    結果として、めちゃくちゃリーチができるんですね。



    途中で、交換してーって持ちかけられるんです。

    よく。



    で、終わってから、なぜか恨まれます。



    なんでなんだろw



    予約はこちらから↓↓

    HP : https://unmomo-tokyo.com/top.php

    Twitter : @unmomo_haruki

  • 高島 春樹

    温度って物自体に善悪はない。





    高温多湿だったとしても、

    僕は吹雪の中帰ってきて入るおこたが大好きだ。





    低温乾燥だったとしても、

    お風呂上がりに浴びるクーラーの風が大好きだ。





    だから、そのものに善悪はなくて、



    タイミングと時間だと思う。





    だから温度調整にすごく拘るようになった。





    エロエロタイムは絶対に温かい方がいい。

    男性よりも女性の方が本来冷えに敏感。



    でも、暑がりって人は絶対数いる。

    暑すぎてくらついちゃう人もいる。





    だから、その人の言ってる暑がり。

    その人の言う寒がり。

    その塩梅を理解するために、

    話す、聞く、見る、触れる。



    あらゆる感覚で、相手を知る。



    気持ちよさを生むのは、準備だと思う。



    そうやって、熱を産んでいくんだ。





    でも、熱中症にはお気をつけを✨





    予約はこちらから↓↓

    HP : https://unmomo-tokyo.com/top.php

    Twitter : @unmomo_haruki

  • 勉強!
    高島 春樹

    最近また勉強を始めました。



    それは、解剖学。



    トレーナーをやってた時は、

    必死に勉強してたし頭に入ってると思ってた。



    でもトレーナーを離れて、

    もっと勉強しなきゃって思った。



    そしてこれをもっとエロに活かせたら。





    考えただけで



    ワクワクする・・・!





    感度が上がるだけじゃなく、

    リラックス効果が圧倒的に高い。



    骨盤周りや

    自律神経系周辺の筋肉が緩まって、

    そこから大きく収縮できるから、

    イクって感覚がはっきりする。



    あとは体の不具合を無くした状態で、

    感覚だけに集中できる。





    楽しすぎるんじゃないかな✨



    予約はこちらから↓↓

    HP : https://unmomo-tokyo.com/top.php

    Twitter : @unmomo_haruki

  • 自己防衛
    高島 春樹

    自分を守るってことは、

    すごく大事だ。



    それが相手を守ることにもなる。

    性病検査とか、まさにそれだと思う。

    リスクを半分こしてるんだから。

    やるべきことはちゃんとやる。

    守るべきルールは徹底する。

    バカ真面目と言われても、守る。

    それが唯一持てるセラピストとしてのプライド。



    でも、誰かが意見をくれる時は、

    その防護壁を一回下げることにしてる。





    刺されて、



    受け止めた上で、



    どうするかを決める。







    そうしないと、

    自分の成長の機会を失ってしまう気がする。





    それがバイトだったとしても、

    嫌いな人だったとしても、

    そうすることを癖にしてる。



    どんなにボロカスに言われても、

    今日この時間があってよかった。

    って言える時間にする。



    (いやめっちゃ凹みますよ。ちゃんと。本当はねw

    だから、めっちゃ自分甘やかします)





    お客様からの意見もめっちゃ大切。

    合う合わないはあるんだけど、

    僕は誰にでも合わせたい。



    あなたは、あなたでいい。って言いたい。





    予約はこちらから↓↓

    HP : https://unmomo-tokyo.com/top.php

    Twitter : @unmomo_haruki

  • そんな風に
    高島 春樹

    女風の世界に入って約2ヶ月。



    色々見て思ったのは、





    その人のための時間、





    その人の為だけに用意したもの、





    みたいなものが、

    あるようで、意外とないのかもしれないってこと。





    山ほどあるあるみたいなのがあって、





    それが大喜利みたいになってる(笑)





    それはそれで、良いと思うんですよね✨



    女風のすべてを知ってますー!

    って人たちが

    セラピスト側にも、お客様側にもたくさんいて、いつも参考にしてます。



    目に入ってくるもの全てが勉強になる。





    ただ、少しだけね、、、

    そんな僕でも傷つく言葉というのがある。





    あぁ、僕のやってることは、

    ダメなことなのかなぁ。



    って、つい思う。





    でも、そんなことないって、信じてるんだ。





    きっと大事なことなんだと思うんだ。



    僕にはまだなんの力もないし、

    完璧でもないし、

    ぺーぺーやけど、



    この業界が少しでも明るいものになればなって思う。



    目の前のお客様のことだけ見ていこう。





    結局それしかできないからね。



    予約はこちらから↓↓

    HP : https://unmomo-tokyo.com/top.php

    Twitter : @unmomo_haruki

  • 性蔑29
    高島 春樹

    季節は冬を迎え、

    街には赤と緑のポスターが色めき立った。

    ショップにはクリスマスプレゼントにちょうど良さそうな

    雑貨や織物が並び、

    吐息の白さを覆い隠すように

    マフラーに顔を埋める人々の流れが駅を埋め尽くしていた。



    僕は彼女となかなか会うことができないまま

    クリスマスを迎えようとしていた。



    1ヶ月ほど前、

    本社から全体配信のメールが送られてきていた。

    関東、中部、関西、ごとに

    各管区の全社員を集めパーティーを開くとのことだった。

    先輩たちは、あんなものに参加なんてしたくない。

    とごねていたが、その鼻の下は満更でもなさそうだった。

    こうしたパーティーは毎年恒例になっており、

    催しや豪華賞品などもあるらしい。

    会社から社員への感謝を伝える場として銘打ってはいたが、

    実の所税金対策なのだと言われていた。



    僕は今までと何も変わらず怒られ続けていて、

    それ以外の時間は存在を無視されていた。



    今日に至るまで、

    スタッフや竹岡さんの誕生日が来るたびに、

    プレゼントを渡すからと数千円を取られた。



    だけど僕の誕生日だった12月13日は何事もなかったかのようにスルーされた。



    あの飲み会から、

    僕は少しずつ爪を伸ばし、

    脱毛をし、

    髪も伸ばした。



    しかし、何も変わらなかった。



    ただ怒られ、

    ただお客様がお金を払うところを見て、

    邪魔にならないように、

    ティッシュを配りに街へ出る。

    これが僕の日常だ。



    そんな僕にとってのクリスマスパーティーは、

    出勤にも関わらず先輩や竹岡さんから怒られなくて済む

    ラッキーな1日という位置付けだった。



    そのクリスマスパーティーは、

    名古屋駅直結のビルの最上階にあるホテルで行われた。



    当日はスーツ、ドレスの着用が義務付けられていた。

    久しぶりに同期たちに会える。

    僕はいつもより多めにヘアスプレーを使った。

    その匂いに呼応して、手のひらの温度が上がった。



    ホテルに着くと、既に同期が集まっていた。



    みんな入社した頃より、少し大人びていた。



    スーツを新調した者、

    パーマとジェルでかっこよく髪型を決めてきた者、

    女子も高いヒールを履き、髪型も美容室でセットしてきたのだろう。

    一緒に写真を撮り、会場に入った。



    人数も100人近く集まっており、

    竹岡さんたちと顔を合わせることはなかった。

    僕は、みんなといられることが楽しくて

    油断していた。



    予約はこちらから↓↓

    HP : https://unmomo-tokyo.com/top.php

    Twitter : @unmomo_haruki

  • おなかすいた
    高島 春樹

    朝からなんにも食べずに一日仕事。





    ちょっとさすがにお腹すいちゃった(笑)





    これを、



    つらいーー誰か気付いてー

    って外に出すか。



    絶対に出さずにやりきろうと思うか。





    ここ大事だなぁーと思って、

    頑張ってみた✨





    そんな日は、この後食べるご飯が美味しいんだろうな(^-^)





    何食べようかなぁー!





    候補1



    卵かけご飯





    候補2

    ラーメン





    候補3

    おま○こ





    候補4

    サラダチキン





    いや絶対3だよなーーー!(笑)



    予約はこちらから↓↓

    HP : https://unmomo-tokyo.com/top.php

    Twitter : @unmomo_haruki

  • これから
    高島 春樹

    最近、色々あって、





    自分のこれからのこととかを

    考えるようになった。





    セラピストとして、

    どんな風に進んでいくのかとか、





    お店にどんな風に関わっていくのかとか。





    ってなった時に、

    どうなっていくのがベストなんだろうなぁ。

    って思った。



    まだどうしていくかとか決めてないし、



    時間が経っていく中で自然と

    方向は決まっていくんやと思うんだけど。





    胸張って、

    自分のことを紹介できる自分でいたいなぁ。





    あ、決してマイナスな話ではなく、

    前向きな話ね✨



    いつも応援ありがとうございます!



    予約はこちらから↓↓

    HP : https://unmomo-tokyo.com/top.php

    Twitter : @unmomo_haruki

  • おかんが言うには
    高島 春樹

    おかんが最近好きなデパートの名前を忘れてしまったって言うねんな。





    好きなデパートの名前忘れてまうて、どうなってんねん。



    ほなおかんが好きな、デパートの名前、一緒に考えてあげるから、

    どんな特徴があるか教えてみてよ。





    基本白い建物で、看板は赤い丸に大きい字で高いって書いてあるらしいんな。





    ほー。高島屋やないか。

    その特徴はもう高島屋やんけ。





    でも、わからへんねんな。



    なんでよ。



    おかんが言うには、そこで作れるクレジットカードがめちゃくちゃおしゃれらしいんやな。





    ほー、ほな高島屋と違うかー。

    高島屋のクレジットカードはね、シンプルにダサいのよ。

    なんならちょっと組事務所製作のカードみたいなのよ。

    高島屋はね、新しさを発見するんじゃなくて、古くささを確認しに行く所なのよ。

    ほなもうちょっと特徴言うてなかったか?



    おかんが言うには、上の階に行くと気がついたら別のお店になってるらしいんよ。



    ほな高島屋やないか。

    高島屋も高級品一本でいける時代は終わったのよ。

    6Fくらいからは大体東急ハンズになってんやから。



    でもな、わからへんねんな。

    おかんが言うには、

    デパ地下がおしゃれなケーキしか売ってないって言うねんな。



    ほな高島屋と違うやないか。

    高島屋のデパ地下はね、

    サブレとカステラがセンターなのよ。

    一口食べたら水がいる食べ物で売ってるんやから。



    でも、わからへんねん。

    おかんが言うには、

    デパートやのに、時々大行列ができてるって言うねんな。



    ほな高島屋やないか。

    それは東急ハンズのハンズメッセなのよ。

    高島屋本体にはそんな行列を作る力はないのよ。



    その特徴は高島屋で決まり!



    でもな、おかんが言うには、

    高島屋ではない言うねんな。





    ほな高島屋と違うやないかい。

    わしがハンズメッセの看板のジェスチャーやってた時

    どう思っててん。



    申し訳ない。

    おとんが言うには、

    アカチャンホンポちゃうか。



    絶対ちゃうやろー。

    もうええわ。





    流石に、最近言われすぎて、

    ここまで作れるようになってしまったよね(笑)



    予約はこちらから↓↓

    HP : https://unmomo-tokyo.com/top.php

    Twitter : @unmomo_haruki

  • B'z
    高島 春樹

    僕が小さい時から活躍してて、





    いまだにかっこよくて、



    いまだにあんな高い声が出る。





    すごいよなぁ。





    みんな好きだったし、

    いまだにその人たちが好き。





    ファンってことなんだなって思う。







    僕が中学生の頃、

    OCEANがすごく流行った。



    みんなが海猿になりたいと思っていた。





    男子みんなが筋トレを始め、



    毛穴を洗えー!サクセース!





    って言い始めた。





    それは違ったかw







    でも本当に流行ってたなぁ。



    お母さんがB'zすごく好きで、

    車の中でよく聞いてた。





    なんか寂しくなるから僕は嫌いだった。



    でも、大人になってもう一度聞くと、

    かっこいいなと思う。



    ギター練習しよっかなw



    予約はこちらから↓↓

    HP : https://unmomo-tokyo.com/top.php

    Twitter : @unmomo_haruki