TaCITの加賀見黎、電車内でお兄さんに逃げられる

TaCITの加賀見黎が1126日に写メ日記を投稿。電車の中での失敗談についてつづった。

 

この日、加賀見は移動で電車に乗っており、「座ってたお兄さんがすごいかっこいいジャケット着てたんですよ。僕はその前あたりに立っていてね。」と言い、ファッションチェックをしていた様子。「でもジロジロ見過ぎてお兄さんが顔上げると何度か目が合ってて、ついには駅ついてないのに移動してしまったんですよね。」と何やら不穏な展開。

 

続けて「わぁ、キモかったかな、、まぁええか!って思いながら帰ってから気がついたんですよ。ズボンのチャック開いてた。」と、男性にはありがちだが、ショックな状況が判明。

 

その後「逆の立場だったら痴漢みたいなもんだなって、、落ち込みました。けどこれからはチャックを絶対に閉め忘れないという教訓を得たいい一日でした!」 と前向きに捉えた。

 

最後に「失敗談はいくらでもあるけど、そこからいかに学ぶかってことが大切だと僕は思います。かっこよくまとまったかな。笑」と写メ日記を締めくくっていた。

 

詳しくは、加賀見黎@写メ日記

 

 


この記事を書いたライター


蘭々

ミドルエイジの新米ライター。長らく女性ホルモンの乱れによる不定愁訴に悩まされてきたが、女性向け風俗ですっかり解消し、日常も前向きに変化。心と体が満たされることの重要性に気付き、現在は積極的に楽しんでいる。“快感”を追求していきます。

オススメ記事