めるてぃの海翔、文京区に出かけて地元愛に気付く

めるてぃの海翔が1124日に写メ日記を投稿。自身の地元愛に気付いた出来事についてつづった。

 

この日、海翔は「きょうはようじで文京区いってきたんですよ、驚きましたわ、同じ東京なのに、地下鉄の駅からでて徒歩十秒おきに、路上禁煙のマークがあって、どこまでもつづいてた」と、文京区の佇まいに驚いた様子。

 

続けて「町並みもきれいで、真面目そうな人ばっか歩いてた、( ´`) 地元と雰囲気が違いすぎておどおどしてました、、 」と、自身の地元はどこか明らかではないが、街だけでなく人も違うと言う。

 

その後「午後に地元に帰ったら、ヤンキーがマックのポテト食べながらチャリーを漕いでよこをとおったのをみて、あぶないですけど、やっぱり地元が一番いいなって改めて思いました、笑」と、馴染みの町にホッとしたようだ。

 

そして地元に戻ってから「急に幸せを感じるタイプの海翔でした」と写メ日記を締めくくっていた。

 

詳しくは、海翔@写メ日記

 


この記事を書いたライター


蘭々

ミドルエイジの新米ライター。長らく女性ホルモンの乱れによる不定愁訴に悩まされてきたが、女性向け風俗ですっかり解消し、日常も前向きに変化。心と体が満たされることの重要性に気付き、現在は積極的に楽しんでいる。“快感”を追求していきます。

オススメ記事