女性向け風俗に慣れたら、オプションも活用しよう!


女性用風俗を何度も利用している方の中には、「もっと刺激がほしい」と感じている方もいるのではないでしょうか?女性用風俗には、有料オプションというものがあります。オプションは利用すれば料金も追加で発生することになりますが、今まで知らなかった未知の快感や新たな刺激に出会えます。女性用風俗のオプションは、いわば「究極のスパイス」と言っても過言ではありません。

しかし、普段オプションを利用しない方にとって「オプションってどんなことができるの?」「オプションは無駄じゃない?」と疑問に思う方もいることでしょう。お金を払ってオプションを追加するなら、思う存分にプレイを満喫したものですよね。


そこで、今回は女性用風俗の基本プレイとオプションの種類・料金相場、オプションを使用するメリットと注意点を紹介しています。今までオプションを利用したことがない方も、これからオプションを利用してみたいという方も、是非参考にしてみてください。あなたの性癖に刺さるようなオプションを見つけることで、さらに女性用風俗を楽しむことができるはずですよ!

 


目次

1. 女性用風俗とは?
2. 女性用風俗の基本プレイとは?
3. 女性用風俗のオプションの種類と相場
 3-1. 【女性用風俗のオプション】ローター
 3-2. 【女性用風俗のオプション】バイブ
 3-3. 【女性用風俗のオプション】ディルド
 3-4. 【女性用風俗のオプション】電マ
 3-5. 【女性用風俗のオプション】コスプレ
 3-6. 【女性用風俗のオプション】アイマスク
 3-7. 【女性用風俗のオプション】イメージプレイ
 3-8. 【女性用風俗のオプション】足枷・手錠
 3-9. 【女性用風俗のオプション】動画や静止画の撮影
 3-10. 【女性用風俗のオプション】オナニー鑑賞・相合オナニー
 3-11. 【女性用風俗のオプション】3Pプレイ
 3-12. 【女性用風俗のオプション】泡洗体
4. 女性用風俗のオプションを利用するメリット
 4-1. 新しい性癖を開拓できる
 4-2. 普段のプレイでは得られない快感を得られる
 4-3. 思い出を持ちかえることができる
5. 女性用風俗でオプションを利用する際の注意点
 5-1. 料金が割高になる
 5-2. セラピストによってはできるものとできないものがある
 5-3. 持ち込みする場合はお店に確認する
 5-4. 写真オプションはお店のルールに従うこと
 5-5. 普通のエッチではイケなくなる可能性も…
6. 女性用風俗のオプションを利用する際の流れ
7. まとめ



女性用風俗とは?

女性用風俗とは、男性セラピストが女性の利用者に対して性的なサービスを提供するものです。お店によっては、性的サービス以外にもセラピストとデートを楽しめるコースがあります。女性用風俗の利用者は、最終的に性欲を解消することを目的としています。しかし、男性とは異なり、女性の場合は女性用風俗を利用することで安心感や満足感を得たいと考えている方も少なくありません。女性用風俗の利用者は、既婚されている方もいれば独身の方、学生やOLなど職業を問わずにさまざまです。年齢層も20~50代と幅広い世代の方が利用しています。女性用風俗というサービスは、まだまだ新しいサービスでもあるため、抵抗を持っている女性もいることでしょう。女性用風俗を利用すると「初めてイクことを知れたり」「幸福感を得られたり」「性癖の開拓」など、嬉しいメリットがたっぷりとあります。

Kaikan↓

 

女性用風俗の基本プレイとは?

女性用風俗の基本プレイとは、サービス中に必ず行う基本的なプレイ内容のことを言います。基本プレイの内容は、お店によって異なりますが、マッサージ、全身リップ、乳首舐め、クンニ、指入れなどを基本プレイとしているお店が多くあります。基本プレイの中で、「これはされたくない」というものはNGにできる場合もあるので、施術前にお店やセラピストに相談しましょう。例えば、「クンニをされるのは抵抗がある…」という場合は、クンニをされることが嫌という旨をお伝えすれば、NGにできます。
また、女性用風俗の施術の流れは「マッサージ→性感マッサージ」という流れです。アロマオイルやパウダーなどを使用したマッサージで身体の疲れやコリを癒してから、性感帯の刺激で感度を高めていく性感マッサージに入ります。セラピストが時間をかけて丁寧に愛撫をしてくれるため、いつものエッチなどでは味わえない快感を全身で感じることができます。


女性用風俗のオプションの種類と相場

女性用風俗には、有料オプションというメニューもあります。基本プレイに慣れてきた方や「新しい快感を味わってみたい」という方は、オプションを追加してみるのがおすすめです。こちらでは、女性用風俗で行っている各種オプションの内容を紹介します。今回紹介するオプションは、あくまでも一例なので、詳しいオプションについてはお店に確認をしてみましょう。


【女性用風俗のオプション】ローター

ローターは、カプセル状でスイッチを入れることで、先端部分が振動するおもちゃです。乳首、クリトリス、女性器の中に当てることで振動で快感を得られます。

ローターの料金相場:1,000円~2,000円


【女性用風俗のオプション】バイブ

バイブも女性用風俗の中では、定番のオプションとなっています。バイブは、膣内に挿入して内側を刺激するおもちゃです。

バイブの料金相場:1,000円~2,000円


【女性用風俗のオプション】ディルド

ディルドは、男性器に似た作りのおもちゃです。見た目も触り心地も男性器とそっくりなので、挿入感を楽しめます。

ディルドの料金相場:2,000円~3,000円

 

【女性用風俗のオプション】電マ

電マは、電気マッサージの略です。AVなどで見たことがある方も多いと思います。クリトリス部分に当てることで、程よい刺激により快感を得られます。

電マの料金相場:1,000円~2,000円


【女性用風俗のオプション】コスプレ

女性用風俗店の中には、女性用のコスプレを貸し出してもらえる場合があります。コスプレプレイは、非日常感を感じられるため女性人気が高いオプションです。

コスプレの料金相場:1,000円~2,000円

 

【女性用風俗のオプション】アイマスク

アイマスクプレイは、視界を覆うことで感覚が研ぎ澄まされるため、感じ方も感度も倍増します。

アイマスクの料金相場:1,000円~2,000円

 

【女性用風俗のオプション】イメージプレイ

イメージプレイは、利用者の憧れるプレイストーリーを実現できるオプションです。例えば、業者に犯される的なプレイや家庭教師に襲われるプレイなどです。「実際ではありえないけど…こういうプレイをしてみたい」という理想を可能にしてくれる夢のようなオプションです。

イメージプレイの料金相場:1,000円~2,000円

 

【女性用風俗のオプション】足枷・手錠

女性用風俗の中には、「ソフトSMプレイ」ができるお店もあります。ソフトSMプレイをさらに楽しむためのオプションに、手錠や足枷が含まれています。

足枷・手錠の料金相場:2,000円~3,000円

 

【女性用風俗のオプション】動画や静止画の撮影

女性用風俗ではお気に入りのセラピストと写真や動画を撮影することができます。写真や動画に収めておくことで、自宅に思い出を持ち帰って浸ることができるのでおすすめです。ただし、セラピストとの写真や動画はSNS内にアップロードしてはいけないなどのルールがあるので、写真や動画のオプションを利用する際は各店舗のルールに従いましょう。

写真の料金相場:3,000円~10,000円/動画の料金相場:5,000円~10,000円


【女性用風俗のオプション】オナニー鑑賞・相合オナニー

オナニー鑑賞は、利用者のオナニーをセラピストに見てもらえるオプションです。また、似たようなオプションに「相合オナニー」というものもありますが、こちらはセラピストと利用者がオナニーを見せあえるものです。

オナニー鑑賞・相合オナニーの料金相場:不明

 

【女性用風俗のオプション】3Pプレイ

女性用風俗の3Pコースは、2種類あります。ひとつ目は、1名の利用者に対して、2人のセラピストが施術を行うもの。ふたつ目は、カップルや夫婦の2人に対して、1人のセラピストが施術を行うものです。プレイ人数が増えることで、より激しいプレイになるため欲望にもオープンになれますよ。

利用者1名にセラピスト2名の料金相場:90分/30,000円~60,000円/利用者2名にセラピスト1名の料金相場:90分/30,000円~50,000円

 

【女性用風俗のオプション】泡洗体

泡洗体とは、ボディソープで作ったふわふわの泡でマッサージを行うオプションです。空気を含んだ泡は弾力があり、全身を包まれているような新たな快感を得られます。

泡洗体の料金相場:2,000円~5,000円

 

女性用風俗のオプションを利用するメリット

女性用風俗には、意外にもさまざまなオプションがあります。さて、オプションを利用するとどのようなメリットを得られるのでしょうか?女性用風俗のオプションに興味がある方は是非チェックしてみてください。


新しい性癖を開拓できる

人の性癖は、どこでどのようにして開花するか分かりません。パートナーの性癖に合わせている内に目覚めることもあれば、アブノーマルなプレイを通じて目覚めることもあります。女性用風俗は、大人のおもちゃなどのオプションを始め、オナニー鑑賞や3Pオプションと言ったさまざまなオプションがあります。それらのオプションを通して、今まで眠っていた性癖に目覚める可能性も十分に考えられます。

「隠れた性癖を知りたい」という方は、女性用風俗のオプションをフル活用して、性癖を開拓してみてください。自分でも知らなかった部分を知ることができ、エッチの世界が広がる機会になるかもしれませんよ。


普段のプレイでは得られない快感を得られる

女性用風俗のプレイは、基本プレイだけでも非日常感を楽しめるものです。そこにオプションというスパイスを加えることで、普段は感じることができない快感を身体で感じられます。
例えば、「今まで3Pに興味があったけど…それをリアルで実現できない…」という方の場合であれば、女性用風俗の3Pオプションを利用すればセラピスト2名によるエロエロな愛撫を満喫できます。「おもちゃでイッてみたい」という方であれば、おもちゃ+セラピストの愛撫でイキまくること間違いなしでしょう。旦那や彼氏には頼みにくいことも、女性用風俗なら実現できるので、通常ならできない刺激的なプレイを堪能できます。


思い出を持ちかえることができる

女性用風俗は、利用している間はセラピストの温もりを肌身に感じることができますし、セラピストと共に過ごしている時間だけは癒し効果を得られるかもしれません。しかし、その反動は大きいもので、女性用風俗を利用後に帰宅して以降は虚無感や寂しさに襲われてしまう方も少なくありません。女性用風俗では、撮影オプションがあるため、セラピストと一緒に写真を撮影したり、動画を撮ることができます。そのため、帰宅後に写真とともにセラピストと過ごした時間を振り返ることができますし、楽しかった時間を励みにすることも可能です。思い出を持ち帰ることができるのも、オプションの魅力のひとつですよ。

 

女性用風俗でオプションを利用する際の注意点

女性用風俗のオプションは、性癖の開拓や新たな刺激を得られるなど、さまざまなメリットがあります。しかし、利用する際には注意点もあります。安心・安全に女性用風俗のオプションを利用するためには注意点も合わせてチェックしておきましょう。

 

料金が割高になる

当然のことですが、有料オプションを利用すればその分の料金は上乗せとなります。基本プレイの料金+有料オプション=総額となるので、リーズナブルに女性用風俗を利用したいという方にオプションはおすすめできません。オプションを利用する場合は、「あれもこれも」と頼むのではなく、ひとつひとつのオプション料金を確認した上で、総額でいくらになるのかを考えて頼みましょう。予算オーバーすることがないように、オプションを頼む前に目安予算を設定してから、頼むのも選択肢のひとつですよ。

 

セラピストによってはできるものとできないものがある

セラピストによっては、特定のオプションをNGとしている場合もあります。例えば、3Pや相合オナニーなどはハードであるためNGとしているなど…。希望しているオプションを、セラピスト側がNGとしている場合は、そのセラピストからオプションサービスを受けられない可能性があります。何度も同じセラピストを指名している場合は、事前に「このオプションはできるのかな?」と確認しておくか、お店側に直接お問い合わせをするのがおすすめです。

Kaikan セラピスト一覧↓

 

持ち込みする場合はお店に確認する

女性用風俗店の中には、コスプレや大人のおもちゃの持ち込みを認めている場合もあります。その場合も料金はオプション代として請求されるということは覚えておきましょう。加えて、持ち込みを行う場合は事前にお店に連絡を入れておきましょう。

また、大人のおもちゃやコスプレなどを持ち込みする際は、必ず清潔な状態にしておくことも忘れずに。

 

写真オプションはお店のルールに従うこと

写真オプションは、セラピストと一緒に写真を撮影できるオプションです。自宅で思い出を振り返るときや、仕事や子育ての励みとしてセラピストの写真を持っておきたいという方におすすめのオプションです。しかし、撮影オプションはお店側がルールを設けていることがほとんとです。代表的なルールは、「セラピストの写った写真をSNSにアップロードしてはいけない」というものが挙げられます。ネット内に流出するのはもちろんのこと、例え友人であっても共有するのは禁止です。

基本的に撮影を許可しているセラピストは、それなりのリスクを抱えた上で撮影オプションを受け入れているのです。だからこそ、撮影した写真は個人で楽しむだけにしておきましょう。もし、ルール違反をしてしまった場合には、お店の出入り禁止や罰金を求められる可能性もあります。撮影オプションに限ったことではありませんが、お店が設けているルールは必ず守って、楽しく利用しましょう。

 

普通のエッチではイケなくなる可能性も…

オプションの中には、大人のおもちゃや3Pなど通常のエッチでは行わないようなものもあります。オプションを使い始めて、最初のころはとても刺激的に感じられるので、感度も高まることでしょう。しかし、大人のおもちゃによる慣れは危険も潜んでいます。大人のおもちゃに慣れすぎるとイケなくなったり、通常のエッチで濡れにくくなる可能性があります。

人は、濃い味付けのものを食べ続けていると、味覚が麻痺してしまい、「濃い」と感じなくなりますよね。それと同様で、大人のおもちゃも使いすぎると感覚が鈍り、感度自体が落ちてしまうのです。オプションはあくまでもオプションであることを理解し、スパイスがほしいときだけ使用するのがおすすめです。

 

女性用風俗のオプションを利用する際の流れ

女性用風俗のオプションを利用する場合は、事前にお店に連絡を入れておくことが確実です。3Pオプションの場合は当日急きょ「3Pがやりたい」と言っても、お店側もセラピストを2名用意できる可能性は薄いです。大人のおもちゃに関しても、セラピストがおもちゃ類を全て持ち歩いているとは考えられません。そのため、急きょ「おもちゃを使いたい」と言っても、対応してもらえません。どんなオプションでも、利用する場合は事前にお店に連絡を入れておき、きちんと準備をしてもらえる状況にしましょう。

また、「オプションを追加して料金も払ったけど、結局オプションを使うことなくプレイが終わった…」というケースも少なからずあります。せっかく料金を払ったのであれば、自分自身が損をしないためにも、プレイ中のどこかできちんとオプションを使ってもらうようにしましょう。

 

まとめ

今回は、女性用風俗の基本プレイとオプションの種類、オプションを使用するメリットと注意点を紹介しました。女性用風俗は、基本プレイだけでも十分に楽しめるサービスがそろっています。とはいっても、繰り返し利用していると「マンネリしてきた…」と感じることもあることでしょう。女性用風俗にマンネリ気味の方には、オプションがおすすめです。


オプションを有効活用することで、性癖の開拓や新たな快感との出会いなど、女性にとっては嬉しい魅力をたっぷりと堪能できます。ただし、オプションにはひとつひとつ料金が設定されているものです。いろいろなオプションを試してみたい気持ちはわかりますが、勢いだけで複数のオプションを利用するのは控えましょう。複数のオプションを追加すれば、その分料金も加算されますし、何より時間内に全てのオプションを使えるとも限りません。オプションを利用する際は、そういったことにも注意して追加しましょう。新たな刺激を体験したい&性癖を開拓してみたいという方は、女性用風俗のオプションを有効活用してみてはいかがでしょうか。


この記事を書いたライター


みさきち

学生時代は超陰キャでしたが、社会人デビューで『性』に対する興味が開花!イケメンと出会いたいがためにキャバ嬢やってました。現在は、美容系をメインに女性が興味を持てるような記事をライティングしています。同じ女性の方がワクワクするような情報を発信していきたいです。

オススメ記事