濡れない女子は女性用風俗で改善!潤い女子になろう


大好きな彼氏・旦那とのエッチで、あまり濡れない…と悩んでいる方は少なくないでしょう。愛液が分泌されにくくなると、性交痛を感じやすくなりますし、思うように快感を得られなくなります。とは言っても、「濡れにくい」という悩みは他人に相談しにくいものですよね。自分1人でその悩みを抱えてしまったばかりに、ますます濡れにくくなる可能性もあります。濡れにくいことに悩んでいる方には、女性用風俗をおすすめします!女性用風俗を利用すれば、好みのセラピストからの極上なテクニックであそこが濡れるかもしれません!

今回は、あそこが濡れにくくなる原因と理由を解説し、女性用風俗で濡れにくい体質を解消する方法を紹介しています。「あそこに潤いが欲しい…」そんな女性は是非参考にしてみてくださいね!

 


目次

1. 女性用風俗とは?
2. あそこが濡れない…その理由と原因は?
 2-1. 濡れるほど興奮していない
 2-2. 水分不足
 2-3. エッチなことをする恐怖心
 2-4. 精神的なストレス
 2-5. 薬が原因となることも
 2-6. パートナーの愛撫が下手もしくは足りてない
 2-7. 出産直後のため濡れない
 2-8. 生理前も濡れにくくなる
3. 濡れない女子こそ女性用風俗を使おう
 3-1. カウンセリングをした上で施術を受けられる
 3-2. たくさん焦らされて濡れるかも!
 3-3. 非日常感で濡れ濡れに!
 3-4. リラックスしながら施術を受けられる
4. 濡れない女子が安心して女性用風俗を利用する方法
 4-1. 風営法の届出を提出しているお店を選ぶ
 4-2. 好みのセラピストを選ぶ
 4-3. テクニックがあるセラピストを選ぶ
 4-4. 前日にたっぷりと睡眠をとる
 4-5. 肩の力を抜いて利用する
5. まとめ



女性用風俗とは?

女性用風俗とは、男性セラピストが女性の利用者に性的なサービスやデートサービスを行うものです。男性が風俗に求めるものは「性的欲求の解消」がメインとされていますが、女性が風俗に求めるものは人によって様々です。

例えば、「男性への苦手意識を解消するため」「好みの男性とイチャイチャして温もりを感じたい」「ストレスや寂しさを解消したい」「エッチの練習をしたい」「パートナー以外の男性のテクニックを知りたい」などなどが挙げられます。その中には、自分自身が「濡れにくい体質」であるため、その悩みを性的サービスを通して解消するために利用する方もいらっしゃいます。女性用風俗の基本プレイは、アロママッサージ、キス、乳首舐め、指入れ、クンニ、全身リップが含まれています。


女性の心と身体を知り尽くしたセラピストのテクニックは、他では感じることができない極上の快感を体験できます。ポイントとして覚えておいてほしいことは、女性用風俗は「本番行為」がないということです。お店によっては、バイブや電マを利用したオプションプレイなどもあります。


本記事をご覧になっている方の中には、「濡れにくい…」ということに悩んでいる方も少なくないでしょう。そんな方は、女性用風俗でセラピストによる甘々テクニックを一度体験してほしいと思います。

Kaikan↓

 

あそこが濡れない…その理由と原因は?

好きな相手とエッチなことをするシチュエーションになっても今一濡れない…その状況は、とてももどかしいですよね!女性の体は不思議なもので、気持ちが高まっていても身体が付いてきてくれないときもあります。「あそこが濡れない」深刻な悩みを抱えている方は、その理由と原因を一緒に考えてみましょう。こちらでは、濡れない理由と原因を解説しています。

 

濡れるほど興奮していない

女性のあそこは、性的な興奮を感じることで濡れる仕組みとなっていますが、身体と頭が離れている状態だと、あそこが濡れにくくなる傾向にあります。例えば、身体は「エッチをするぞ」という体勢が整っていても、頭では別のことを考えていると興奮しにくくなるということです。頭と身体が上手に調和することで、興奮しやすくなります。

 

水分不足

あそこが濡れにくい原因のひとつに「水分不足」が挙げられます。水分不足により乾燥を起こして、あそこが濡れなくなるのです。膣から分泌される愛液も水分であるため、エッチの前には水分補給を十分に行うことがおすすめです。AV男優の「しみけん(清水健太郎)さん」いわく、あそこを十分に濡らすためには1日2ℓの水分を摂取するように推奨していました。あそこを濡らすためにも、日常的に水分摂取を怠らぬようにしましょう。

 

エッチなことをする恐怖心

人によっては、トラウマが原因で濡れにくくなることがあります。濡れにくくなる代表的なトラウマの例は、次の通りです。「過去に暴力的なエッチを経験した」「過去に「気持ちよくない」と言われたことがある」「中絶の経験がある」「幼少期に両親が不仲だった」などの経験がある方は、エッチに対して「恐怖心」を感じてしまい、あそこが濡れにくくなります。エッチに対して恐怖心を抱えている方は、パートナーや友達に相談することで解消できる可能性があります。人にはなかなか相談しにくい内容かもしれませんが、あなたのことを真剣に考えてくれるパートナーや友人であればあなたの悩みを心から受け止めてくれるはずです。勇気を振り絞って打ち明けてみましょう。

 

精神的なストレス

近年は、競争社会、管理社会の中で仕事のストレスを抱える女性は少なくありません。仕事以外にも人間関係や育児などで日ごろからストレスが蓄積されている方もいることでしょう。このようにストレスを抱えている場合も、エッチな場面になっても、心が上手に切り替えることができずに濡れにくくなります。ストレスが原因で濡れにくくなっている場合は、ストレス解消となるものを見つけることが重要です。

また、一度でも濡れない経験をした場合は、「また濡れなかったらどうしよう…」という不安から濡れなくなるという悪循環にハマってしまうこともあります。濡れないことに不安を感じている方は、女性用潤滑ゼリーをエッチの前に使用しておくと、エッチ中もヌルヌルに濡れて、性交痛回避になります。

 

薬が原因となることも

普段から飲んでいる薬によって、濡れにくくなることも十分に考えられます。濡れにくくなる薬は次の通りです。「抗ヒスタミン剤が含まれたアレルギーの薬や風邪薬」「喘息の薬」「乳がんの治療薬」。これらの薬は、口や膣内を乾きやすくする副作用が含まれています。毎日飲まなくてはいけない薬の場合は、飲まないわけにはいきませんよね。薬が原因で濡れにくくなっている方は、別の薬に変更してもらえないか主治医に相談をしてみましょう。

 

パートナーの愛撫が下手もしくは足りてない

とても悲しいことではあるのですが、濡れない原因はパートナーの愛撫方法や愛撫時間に問題があるかもしれません。エッチは、そもそも2人で行うもの…にも関わらず、パートナーが自分本位のエッチしかしていない場合は、女性側が気持ちよくなることはできません。そのため、濡れにくくなるのです。この場合は、パートナーに気持ちいい部分を教えたり、愛撫の時間を長めにとってもらうことで解消できるかもしれません。

しかし、純粋にパートナーとの身体の相性が悪い場合は難しい問題になります…。

 

出産直後のため濡れない

出産直後に濡れにくくなる原因は3つあります。1つ目は、ホルモンバランスの変化によって性欲を強くするホルモンがガクンと減ったため。2つ目は、育児疲れによるストレス。3つ目は、出産時の傷が気になってエッチに集中できない。この3つの中で1つでも当てはまるものがあれば、女性のあそこは濡れにくくなります。

 

生理前も濡れにくくなる

生理による症状は、人によってさまざまで個人差があります。しかし、生理前はホルモンバランスが変わるという点では皆共通しています。排卵日周辺から生理にかけてホルモンバランスの影響で濡れにくくなることはよくあることです。もし濡れにくいと感じている場合は、「生理前」に限定していないかどうかチェックしてみましょう。生理前だけ濡れにくい…という場合は、ホルモンバランスが影響している可能性があります。

 

濡れない女子こそ女性用風俗を使おう

濡れない体質となってしまった原因を解消するためには、女性用風俗を利用するのがおすすめです。女性用風俗では、セラピストが極上のテクニックを駆使して女性を快感へと導いてくれます。もしかしたら、濡れやすい体質へと改善できるかもしれません!こちらでは、濡れにくい女性向けに女性用風俗をおすすめする理由をいくつか紹介いたします。

Kaikan↓

 

カウンセリングをした上で施術を受けられる

女性用風俗では、プレイに入る前にカウンセリングを行っています。その際に、NG行為や要望をセラピストに伝えることができます。自分自身が濡れにくい体質である場合は、施術前のカウンセリングでセラピストに伝えておきましょう。自分自身がされて好きなことや嫌なこと、体質のことを正確に伝えることで満足度の高いプレイを体験できます。もし、セラピストを目の前にして伝えることが恥ずかしい場合は、予約の時点で事前にお店に伝えておくのもおすすめです。きちんとカウンセリングを行ってくれるセラピストなら、あなたの身体のことを考えた上で気持ちよくしてくれるはずですよ。

 

たくさん焦らされて濡れるかも!

女性用風俗では、いきなり性感マッサージを行うのではなく、性感マッサージ前にオイルやパウダーによるマッサージを受けられます。感度をとことん高めたのちに、キスをしたり、身体を触るなどの性感マッサージに入ります。「前戯」を濃厚に行ってもらえるため、濡れにくい体質の方でもセラピストのテクニックであそこがじわじわと濡れちゃうかも…!さらに、セラピストは女性を気持ちよくするための「焦らし方」を知っています。触って欲しい部分に触ってもらえない…そんなもどかしさで、身体がウズウズしちゃうかもしれませんね。女性の中には、焦らしのフェザータッチだけでオーガズムに達する方もいるようです。触れて欲しいのに、触れてもらえないということで気持ちが高ぶりすぎてオーガズムに達してしまうのでしょう。

 

非日常感で濡れ濡れに!

濡れにくい原因の中には、「パートナーとのマンネリ」が理由とされている場合もあります。パートナーとのエッチは、いつも自宅&いつもと同じ愛撫という状況に身体が慣れてしまい濡れない状況に陥ってしまいます。このような状況が続けば、当然感度も下がってしまいます。女性が濡れるためには、感度を上げるためのシチュエーションや愛撫が重要です。女性用風俗でのプレイは、「非日常的」というシチュエーションがスパイスとなり、感度がアップすることも十分に考えられます。イケメンセラピストによる愛撫という特別感は、あなたの感度をより一層高め、あそこも濡れること間違いなしでしょう。

 

リラックスしながら施術を受けられる

女性用風俗では、初対面の相手と身体を重ねる…という特性上、どうしても緊張してしまう方もいることでしょう。しかし、セラピストは女性の心を癒し、快感へと導くプロと言っても過言ではありません。女性と接する中で、目の前の女性の魅力を的確に見出し、言葉にしてたくさん褒めてくれます。

自分自身を褒めてくれる男性に女性だって嫌な気はしないですよね。むしろ、心地の良いリラックス状態になれることでしょう。それこそが女性用風俗の魅力のひとつなのです。女性をリラックスさせて、マッサージを行い、身体が十分にほぐれた後で性的サービスを受けられるため、心も身体もリラックスでき、あそこも潤ってきます。実際に女性用風俗の口コミを見ると「プレイ前は緊張したけど、徐々に緊張がほぐれました…」というものを多く見かけます。プロのセラピストは言葉でもテクニックでも女性を癒してくれるものです。

 

濡れない女子が安心して女性用風俗を利用する方法

濡れない女性の原因はさまざまですが、そのような症状に悩まされている方の多くは「解消したい」と強く思っているはずです。女性用風俗を利用し、「濡れない体質」を改善する際は、安心・安全に楽しく利用することが重要です。特に「ストレス」が原因となっている方の場合は、少しでも不安があるとプレイに集中できずに、体質改善の効果を実感できないことも十分に考えられることでしょう。濡れない女性が安心・安全に女性用風俗を利用でき、体質を改善するためには次のようなことに注意して、女性用風俗を利用しましょう。

 

風営法の届出を提出しているお店を選ぶ

女性用風俗を経営するためには、「無店舗型性風俗特殊営業」の届出を警察に提出することが法律で定められています。届出を提出していない女性用風俗は、「無認可店」とされており、利用するのは危険です。無認可のお店を利用した場合、料金トラブルなどの発生が起きる可能性もあります。このようなお店は利用しないことが無難です。安心・安全に女性用風俗を利用するためには、きちんと届出を提出しているお店を選びましょう。届出を行っているお店であれば、警察の監視のもとで健全に営業しているので、初めての方でも安心して利用できます。当サイト「Kaikan」で紹介しているお店は、届出の提出済みであるお店のみを紹介しているので、是非お店選びの際に参考にしてみてください。

Kaikan↓

 

好みのセラピストを選ぶ

濡れにくい体質を濡れやすい体質へと改善するためには、まず好みの見た目のセラピストを選ぶのが重要です。自分好みの男性とイチャイチャできれば、それだけでも濡れやすい体質へと変えられる可能性があります。逆に自分の好みの顔でない場合は、身体も心も萎えてしまいますよね…。セラピストを選ぶ際は、事前に自分好みの顔のタイプを決めておきましょう。好みの方向性を決めてからセラピストを探した方が、セラピストを選びやすくなります。もし、自分好みのセラピストを選べない場合は、お店に予約電話の際に相談してみるのもおすすめです。

Kaikan セラピスト一覧↓

 

テクニックがあるセラピストを選ぶ

濡れにくい体質の方は、一般人のテクニックでは快感を得られないことが考えられます。そのため、さまざまなテクニックを持っているセラピストを選ぶのがおすすめです。例えば、長く務めるベテランのセラピストやAV男優として活動経験のあるセラピストなど、エッチのテクニックを極めているセラピストなら女性の気持ちいい部分をたくさん知っているかもしれません。ホームページなどを見ると、セラピストのプロフィール欄に得意プレイ・テクニックを記載している場合もあります。項目をチェックしながら、「この人のテクニックを感じてみたい」と思えるセラピストを選びましょう。また、プロフィールだけでは分かりにくい部分は利用者の口コミを参考にしてみるのも選択肢のひとつです。

Kaikan クチコミ↓

 

前日にたっぷりと睡眠をとる

きちんと睡眠時間を確保するのも感度を高める方法のひとつとされています。逆に睡眠不足の状態が続くと、性欲が減退し、性機能の低下を招くことも…。女性用風俗を思う存分に堪能するためには、前日から気持ちを落ち着かせて、きちんと睡眠をとりましょう。良質な睡眠をとることができれば、当日もリラックスした状態でサービスを受けられます。さらに、感度を高められるため、濡れやすくすることができます。

 

肩の力を抜いて利用する

初めて女性用風俗を利用する場合、緊張してしまいますよね…。「どんな人が来るんだろう?」「プレイ中に濡れなかったらどうしよう」などの不安を感じる方もいるかもしれません。不安と緊張が強くなれば、当然身体もこわばりますし、実際のプレイに入ったときも思うように濡れなくなってしまう可能性があります。

それでは、濡れにくい体質改善どころの話ではなくなってしまいますよね。基本的に、当日の緊張はセラピストがほぐしてくれるとは思いますが、緊張が強く出ている場合は事前にお酒を飲んでほろ酔い状態にしておくのもおすすめです。もしくは、プレイ中は部屋を暗くしてもらってサービスを受けるのも良いでしょう。ただし、お酒を飲んで緊張を解く場合は、飲み過ぎないようにしましょう。飲み過ぎてしまうと、お店側から断られる可能性もありますし、プレイに入れたとしても感度が鈍ることも考えられます。

 

上記の方法を試すことで、心も身体もリラックス状態になり、安心してセラピストに身体を委ねることができます。是非、女性用風俗を利用する場合はお試しくださいね。

 

まとめ

今回は、女性のあそこが濡れにくくなる原因を解説した上で女性用風俗の利用をおすすめいたしました。あそこが濡れないという症状はナイーブな問題ではありますが、決して珍しいものではありません。女性なら誰だって一度は経験する問題なのです。もし、パートナーに相談できるようであれば相談をしてみましょう。最近は、女性用潤滑ゼリーやローションなども豊富に販売されているので活用してみるのもおすすめです。


しかし、根本的な解決をしたい場合は「女性用風俗」の利用が最適です。女性用風俗のセラピストによってあそこがきちんと濡れるようであれば、濡れない原因はあなた自身ではなくパートナーに問題がある可能性もありますし、マンネリ化が原因であることも考えられます。女性用風俗を利用すれば、今まで濡れなかった原因を解決することにも繋がるかもしれません。「あそこが濡れない…」という悩みは、女性用風俗で解消してみませんか?


この記事を書いたライター


みさきち

学生時代は超陰キャでしたが、社会人デビューで『性』に対する興味が開花!イケメンと出会いたいがためにキャバ嬢やってました。現在は、美容系をメインに女性が興味を持てるような記事をライティングしています。同じ女性の方がワクワクするような情報を発信していきたいです。

オススメ記事