恐怖と快楽の使い道|じゅん(名古屋萬天堂)|写メ日記

名古屋萬天堂

愛知/性感マッサージ/名古屋発 愛知近郊スピード出張 

"女性向け風俗ポータル『Kaikan』を見た"とお伝え下さい!
070-2625-2046

じゅん@写メ日記

じゅん

じゅん  (42)

プロフィールを表示

47 件中 1 - 20 件目表示
  • 言葉からでも変えれます!
    じゅん

    元気ですか?じゅんです。



    非常事態宣言も徐々に解除になり、世の中が少しづつ動きはじめてきましたね。

    この有事の中、流れを自分からでも変えたい。

    おっ!またじゅんデカいこと言い出したぞ!笑

    大丈夫です。

    個人の想いが固まってパワーを生み出すのですから。

    自分の時間だって今があって未来を作り上げることが出来るのですからね。

    今日は、そんな想いから些細な言葉からでも変化出来る話したいと思います。



    「言葉が幸運を連れてくる」

    というのをご存じでしょうか?

    口から出る言葉をちょっと変えるだけで誰だって幸運体質になれます。

    口から自然と「ありがとう」と

    素直に出る人は幸運をつかみやすく愚痴や悪口バカリを言っている人は幸運に見放されやすい。

    確かに、「ありがとう」は

    強力なパワーを持つ言葉なのですがその一言だけで毎日の生活を乗り切ることはもちろん無理ですよね。



    今回は、反対に使うと幸運が逃げるような言葉と、使うとしたらどんな言葉が良いのかを紹介していきましょう。



    良い言葉を使うことは幸運体質を引き上げることになりますが、良くない言葉を知ることで、幸運体質の底上げをすることが出来ます。



    例えば、あなたが大変な作業をしていて先輩が助けてくれたとします。その時、あなたが一言だけ先輩に言えるとしたら、どんな言葉を選びますか?

    * すみません/申し訳ございません

    * ありがとうございます

    * 嬉しいです、助かります

    もちろん、先輩との関係や作業の内容などもあるでしょうし、実際には、こんな一言だけでは

    済まないのでしょうが、、、



    日本人の多くは、第一声に

    「すみません」を選ぶのでは

    ないでしょうか?

    日本では謙虚であることが美徳なので、

    へりくだって相手を立てるためについ、謝るような言葉を使ってしまうのです。



    しかし、先輩が本当に欲しい言葉は

    「謝罪」ではありません。



    普通の感覚からすれば

    「大変な後輩を助けてあげたい」という気持ちから手伝っているので

    「手伝ってくれて助かっています!

    本当に感謝しています!」

    と言ってもらう方が嬉しいですよね。



    もちろん最強の日本語は

    「ありがとうございます」なのですが、あまりにも応用がききすぎるので。



    感謝の気持ちを言葉にして、素直に伝えた方が、相手も

    「手伝って良かった」とストレートに受け取ってくれるのです。



    本当に謝らないといけないわけではないのに何をしても「すみません」や

    「申し訳ありません」なんて言われると相手も重く感じてしまいます。



    簡単に「謝罪」をしてはいけません。



    謝罪をするたびに、あなたの自尊心が低くなるばかりか周りからも評価も、さらには運気さえも低くなってしまいます。



    感謝を感じるならば、

    感謝を伝えること。



    嬉しいと思ったなら

    嬉しいことを伝えること。



    たったそれだけで、

    人間関係も明るくなって

    幸運体質に近づいていくのです。



    感謝する場面で

    「すみません」を使っていませんか?

    気が付いたときから変えていきましょう。



    あなたの気づきが、

    あなたの未来を変えるのですから。



    僕の本業の指導方法の一つにこれがあります。「悪くないのに謝るな」

    これって若い子言ってません?

    ここからスタートしても実は固まればパワーも大きなものに!



    写真は林の中から見えた虹を撮影。

    木々の間からでも美しい虹は見る事が出来るのです。

    木々が気にならないくらい、遠くの視点で物事も皆が見れるように願うばかりです。

  • そろそろストレスの限界?
    じゅん

    元気ですか?じゅんです。





    そろそろコロナさんでストレスが限界にはなってきていませんか?



    貴方のメッセージもしっかり受け止める時期だと思っています。僕にお会いできなくても解消出来る方法を今日はお話ししますね!





    夜、すぐに眠れない人は、眠るときに



    「ごちゃごちゃ考えてしまう」人が多いのですが、ついつい夜更かしをして、自己嫌悪を感じながら眠る、という人も多いのではないでしょうか?







    世間では、早寝早起きじゃないと



    「不健康!!」と言われていますし、世の中の「成功者」、、、例えば起業家とか、大企業のCEO

    とか、聖職者とか、政治家とかは、ほとんどの人が早起きをしています。







    実際にアマゾンの創始者ジェフ・ベゾス氏は10時に寝て、朝は5時に起きているそうですし、



    アップルCEOティム・クック氏や、ミッシェル・オバマ元大統領夫人は4時半。日本でもベネッセの社長の原田氏は4時には起きているそうです。







    早起き型の、いわゆる成功者は



    まだまだたくさんいますが、一方で「普通」の人も結構いるんです。







    マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏は12時に寝て、7時に起床、オバマ元大統領は夜の1時に寝て7時に起床(奥様は早起きですけどね)







    意外と私たちと変わらなくて



    安心しますよね!!







    それに比べて、、、夜型の成功者



    (あくまでビジネスの)と



    よばれる方は、ずっと少ないのです。







    有名な方だとイギリスの元首相であるウィンストン・チャーチル氏などがいます。







    ただし!!そういったビジネス系のお仕事から離れると、びっくりするほどたくさんいるんですよ。







    いわゆるクリエイティブな仕事、作家、ライターを始め、デザイナーやマンガ家さんなど、、、







    コツコツ系は、シンと静まった



    真夜中の方が集中しやすいようですね。







    実は夜型の人の方がIQが高いといううわさもあるようですが、



    朝に集中出来るタイプか、夜型かは



    その人の体質や職業によっても



    大きく変わってくるのです。







    何時間睡眠をとるかは人それぞれ、そして今回は、朝方夜型は人によると伝えしてきたのですが、何が言いたいのかというと、早起き出来ない人も、睡眠時間が短い人も「気にしないでいい」ということなんです。







    もちろん、身を削って徹夜したりダラダラ起きていたり、不規則な睡眠でもいいってわけではなくて、自分があっている、心地よいと思っている睡眠で大丈夫!ってこと!







    夜型だから、成功できないとか



    睡眠時間が短いから、実力を



    出せていないんだとかそんなことを考えるのは無駄なんです。







    多くの人の平均値に自分をあてはめるから、しんどくなって夜眠れないようになる。







    夜眠れないのは、そんな



    「考えすぎ」の人が多いのですよ。







    スッと眠れる人は、そんなこと



    これっぽっちも考えていないのですから。







    夜は大切な「魂の開放」の時間です。







    自分が一番心地よく眠れる時間帯やインテリア、音楽、香り、環境など、一度じっくりと考えてみてください。







    自分と向き合う時間は、人生を



    豊かにしてくれます。







    スマホの普及で、自分のことを振り返る



    「スキマ時間」が



    どんどんなくなっていますが、一日のわずかな時間でいいので、自分のことをみつめなおす



    時間を作りましょう。







    日中のストレスは夜に持ち越さずリラックスして眠れるようになれば何時だろうと、どのくらい寝ようと良い睡眠をとれるはずです(*´ω`)



    こんな解消法でストレスは少なくなりますからね。





    因みに僕は朝方です。



    朝日を浴びろのが大好きで!



    写真は宮古島の海中。



    朝日ではありませんが、こんな感覚です。



    気持ち良さが伝わるかな?

  • 戸惑えば戸惑うほど、 それは愛
    じゅん

    元気ですか?じゅんです。





    テレワークも慣れてきましたよ。



    在宅ワーク→筋トレ→読書→寝る→仕事→筋トレ→読書→寝る→読書→読書→寝る







    ついつい好きな方に偏りが 汗



    貴方もペースを掴んで楽しみましょうね。





    今日は、貴方の恋愛を探ります。



    理屈で話しますので時間潰しに。



    正解ではなく、僕の推測です 笑



    こんな簡単な事ではないので、笑って聞いて下さい^_^





    人間は長い歴史の中で、野生のカンや



    感性がかなり薄まっているようですが、



    それでも、動物としての本能には勝つことが出来ません。





    恋愛だって同じだと思っています。



    周りから「やめときなさい」と言われる相手であったとしても、人を好きになる衝動を抑えることは難しいですよね?





    そんな恋愛の「本能」や「仕組み」を知っていると、「危険な恋」をさけることが出来るかもしれませんね。





    脳は基本的に「ないものねだり」です。



    他人が持っている物は素敵に見えますが



    いざ手に入れると、違う物が欲しくなります。





    高値の花を追いかけて、手に入った瞬間、冷めてしまう人がいますが、まさにこの通り。





    そういう人は狩猟本能が強いので、結婚しても安定は望めないかもしれませんね。



    これは男性だけの話ではありませんよ。



    どんな時でも、より良い異性を求めるのは、より良い遺伝子を残す確率が高くなるからです。





    とはいえ、生きるか死ぬかを考えなくても安泰に暮らせる今の時代にはそぐわないですよね。





    いくら情熱的に口説かれたとしても、過去の恋愛を調べてみたり、友達の話を聞いてみた方がいいのかも知れません。





    でも、どう考えても危険な恋にはまってしまう人がいます。



    自分でも危険信号を渡っていると頭の隅では分かっていながら突っ走ってしまいます。





    これは、恋に落ちた女性の体内で、大量の女性ホルモンが放出されているからなのです。





    代表的なのはエストロゲンと呼ばれるホルモンで、肌をなめらかにし、女性らしさを高めてくれるのですが、同時に「理性の働きを弱める」作用もあるのです。





    一説には、恋愛のその先の「出産」の



    恐怖を紛らわすためとも言われています。



    太古の昔は、出産は命を落とす確率がかなり高く、また、出産が身近で行われていたため、どんなに大変で危険かが分かっていました。





    それでも、恋に落ちると、そんな危険を



    考える余裕もなくなるのです。





    だから、もし、あなたの恋愛が周りの人の大反対にあうようなものなら、原始的な脳に支配されていないか考えてみるべきかも。





    好きになるきっかけは、自分とちょっとした違いが気になったり、フェロモンの影響だったりするのですが、だからといってどうして恋に落ちるのか



    「理由」はありません。





    でも、本当はそれが素敵だと僕は思ってしまいます!





    「気になる」時点で恋の始まりで、



    「好きかも」という自己暗示にもかかり



    「好きなんだ」と確信に変わります。





    戸惑えば戸惑うほど、



    それは愛しているということ。





    恋愛脳になっていく自分が大好きです。





    貴方はどうですか?





    でも、しっかりした解決策を求めるのであれば、





    理想の異性を明確にすることです。



    独自のセンサーが理想の異性をキャッチするまで具体的に!^_^





    ここをしっかり鍛えあげればいいかと思います。





    でも僕は、一生に間違いも正解も無いだろう!



    って男です。笑





    この子は海中の岩影で撮影。



    しっかり見極めてるいい目をしています。負けてられませんね!WW

  • 言葉の引き寄せとは?
    じゅん

    元気ですか?じゅんです。





    連休いかがお過ごしですか?



    僕は心機一転引越し完了です。



    いらない物も全て捨てて、心もピカピカに感じます。んー気持ちいい!





    さて今日は、思ってるいることが同調するお話を。今の気持ちに貴方も同調してみませんか?



    また長いけどお付き合い下さい!笑





    「わたしって、本当に可哀想な人間」と自分を憐れんでいても



    「良いことなんて何も起こらないだろう」なんて悲観的に思っていても、人はいつからだって、何歳だって、どんな状況であろうと変わることが出来ると思います。







    「口ぐせ」を変える。これが幸せをつかむためのスタートです。



    なぜならば、物事のスタートは、まずは「言葉」から始まるからです。



    キリスト教の聖書には、世界の始まりについてこう書かれています。



    「初めに言があった。



    言は神と共にあった。



    言は神であった。」



    もちろん言葉と言っても、人が通常使っているようなものではなくいわゆる「具体的なイメージ」と考えます。







    つまり、、、どんな物質よりも先に



    「言葉(イメージ)」があるということがとても重要なのです。







    例えば、「洗脳」などは、ひたすら言葉で対象者の心を侵略していきます。



    そうすることで、都合のいいように



    進んで行動するようになります。







    機械やロボットだって、同じです。まずは専門の「言葉」で



    こう動くようにとプログラミングされてはじめて動くことができるのです。







    結果の前には行動があって、



    行動の前には必ず



    「言葉」があるのです。







    聖書の世界の始まりのように



    無から有を生み出すには



    「言葉(イメージ)」が



    必ず必要なのです!^_^







    だから、、、



    自分のなりたいもの、なりたい未来を具体的に言葉にすることは自分の未来を作ることなのです。



    「なんで自分は幸せじゃないんだろう」と思うのなら、まずは「自分の幸せとは?」を



    具体的に表現してみましょう。







    成功したい!と考えるのなら



    「あなたにとっての成功とは?」を具体的に表現してみましょう。







    このとき、具体的に表現すれば



    するほど、願いが叶いやすい



    というのはいわゆる「成功法則」では当たり前の事実です。







    一口に「成功者」と言っても



    いろいろいますが多くの人が「日記」をつけているのは



    単なる偶然ではありません。







    書き方は色々ありますがいわゆる「夢日記」のように毎日自分の夢をひたすら書き綴っていたり、自分の理想の未来を表すような写真や情報をひたすらコレクションしていたり理想の未来を具体的に言葉に表し、視覚的にも表現すること。







    なんだか難しそうに思うかもしれませんが単純に、自分の明るい未来を具体的に想像するだけでいいのです。







    将来、素敵な暮らしがしたいなら、こういう形の家がいいな、



    窓からは素敵な海が見えて家具は○○製で統一して壁紙はこんな感じでカーテンはこうしよう。



    そこには、こんな素敵な



    パートナーがいて、その人はこういう人で、、、なんて。







    いわゆる「妄想」ですね!



    そう考えると、何だかわくわくしませんか?







    自分の「今」を悲観するよりも



    そんな時間があるなら自分の「未来」を楽しく想像しましょう。具体的に細かく妄想してみましょう。



    未来がきっと楽しくなるはずです!

  • 愛はカラで良いのです!
    じゅん

    元気ですか?じゅんです。





    今日も前々回から続いています、愛について語ろうと思います。



    愛って話題、貴方も好きですよね?



    いっぱいのTwitterコメントありがとう!今日も仏教からの引用でどんどん降りてきます!^_^



    ヒントは空ですよ。では!





    あなたは、空っぽの素敵な器や、きれいな箱があったら、それに見合うような、美しいものを入れたいと思いませんか?







    間違っても、ゴミ箱にしたり汚れている物を入れたいと思いませんよね?







    それどころか、何を入れようかな、と何となくうきうきわくわくするはずです。







    それって、私たち人間だって



    同じことが言えるんですよ。







    仏教の教えでは「空」という



    考え方をとても大切にします。







    空っぽ、、、というのは、なにも入っていない、と考えるのではなくて、空っぽにするからこそ、素晴らしいものを、どんどん入れることができるというわけです。







    私たちは常に、頭の中が「ぱんぱん」です。



    一日に、耳や目に入る情報量は、平安時代の一年分とも、数年分とも言われていますが、情報だけじゃなくても、勉強のこと、仕事のこと、家庭のこと、好きな人のこと、買い物、スケジュール管理、将来、老後、次にくる電車の時間、雑誌の発売日、、、







    常に「考えること」がいっぱいで、ちょっとした「素敵なこと」を感じる余裕が無かったりするのです。







    それこそ平安時代は、雪を見て、夕焼けを見て、日々変わりゆく、少しの変化を喜び(哀しみ)文字に表わし、歌にしたためていました。







    そんなの貴族だけだろう、と考えがちですが、農民でさえ、雲の形や空気感を読み取って天気を的中できるような、この世の



    「気」を読み取ることが出来たのです。







    でも、情報に振り回される現代ではボーっとしている事が罪悪感のように感じることもあるし、その上、便利になりすぎて



    「○○しながら」何かをすることも平気でやってしまいます。







    勉強しながら音楽を聞く、、なんてまだいいとしても歩きながらスマホをいじる、ご飯を食べながらテレビを見て、お風呂に入りながら動画を見る、など、







    1つのことに集中せずに、あちこちに



    「気」を使いすぎているのです。







    なにも、それらがいけないという訳ではなくて(危険だけど)いっぺんに色々してしまうから



    いつも落ち着きがなく、心も頭も休まらないのです、、、、







    こんな状態では、あなたに素敵なことがおこる予兆があったとしても、それを受け入れる、または見つける心の余裕がないので、幸運やチャンスをみすみす



    見逃してしまう可能性がある、



    ということなのですよ。







    携帯もスマホも電話さえ無かった、遠い昔でさえ、「空」、こころを無にすることの重要性が分かっていました。







    なおさら、忙しいこの時代なら、ちょっとした時間をとって、静かに心を落ち着かせるときが必要だと思いませんか?







    こころを空にすると、今まで



    入ってこなかった、新しい視点や考え方が見つかるかもしれません。







    そういった事を体系化したのが



    瞑想であり、禅というものです。







    欧米では、マインドフルネスといって



    「出来る業界人」がこぞって



    チャレンジしていますよね。







    しかし、難しく考えなくても、



    一日5分でも、頭を空にするには



    いいのだそうです。







    あなた自身も、空っぽの美しい箱のように、何を入れようか、



    わくわくドキドキするような、



    毎日を送れたら素敵ですよね。





    写真は宮古島。



    心が空になり、どんどんキャパが広がります。



    是非貴方も体験してほしいと思います。

  • 相手を愛するって
    じゅん

    元気ですか?じゅんです。





    いよいよ連休週に突入ですね。今年の連休はお家で心磨きをする予定です!





    今日は前回お話して好評だった愛情の続編を話そうと思います。宗教の考え方を僕の解釈で下そうと思います。



    感想もTwitterで頂けると嬉しいです。^_^それでは。





    仏教っていうと、今では、お盆とか法事、お葬式に、黙ってすわって、ひたすらお坊さんの唱える(意味の分からない)お経に耐える、、、くらいしか、ふれる機会がないかもしれませんね。







    座禅、厳しい修行、質素な食事、禁欲、など、私たちの生活とはかけ離れた



    「別世界」のように思うかもしれません。







    確かに、宗派や修行のレベルによっては、人を極限まで追い詰めるような相当厳しいことをすることもありますが、前回もお伝えした通り、仏教のそもそもは「愛」から始まっています。







    不幸って、実は「愛」に固執するから生まれるのであって、その固執やこだわりから解放されることが



    「幸福」なのだよ、という教えでもあるのです。







    それは、人を好きになるな、とかきっぱりと切れ、という意味ではありません。







    人を愛する気持ちを大切にしながら溺れない、束縛しない、左右されない、ただただ、「相手を思いやること」で愛憎などの苦しみから解放される、ということなんです。







    そういう教えだと思えば、



    仏教も何だか身近に感じませんか?







    仏教的に愛を表現する言葉もいくつかあって、一番象徴的なのが、次の2つでしょう。







    「マイトリー」:相手を喜ばすこと



    「カルナ」:相手の苦しみを癒すこと







    この2つの概念を、私たちになじみのある言葉に置き換えると、



    「慈悲」という言葉になります。







    単純な意味としては、「仏や菩薩が人々を哀れみ、楽しみをあたえ苦しみを取り除くこと」







    または、



    「人を慈しみ、憐れむこと、なさけ」ということなのですが、



    確かに、特別な人を強烈に愛したり、



    無理して憎い人を許したり、する激しく強い「愛」というよりは、穏やかで、ゆるく、そして温かみのある「愛」ではないでしょうか?







    自分を愛してほしい、もっと愛情をかけてほしい、という欲や誰も私を愛してくれない、自分は愛されるような人間じゃないんだ、、、







    なんて、自分を愛に値しない人間だと思っているような状態が



    一番不幸せ、だと思いませんか?







    それよりも、自分が、人に対して喜ばせよう、癒してあげよう、と思って接していると、いつの間にか、あなた自身が人から喜ばせてもらったり、癒してもらったりするようになるのです。







    自分が人にしてあげたことは、そのまま、いえ、何倍にもなって返ってくるのはこの世の法則なので、あなたが、愛情が欲しいと思うのなら、自分から人に愛情を与えることが大切になってくるのですね

    ^_^







    それには、ただただ、



    相手にどうしたら喜ぶのだろう、どうしたら楽になってもらえるのかな。



    って考えると、そんなに身構えなくてもすんなりと行動出来ると思いませんか?







    しかも、そういう行動って、考えるだけですごく楽しいんです!!







    パートナー同士や、家族間などでこの考え方ができるようになればケンカやすれ違いがなくなると思いませんか?







    恋人同士だって、せっかく縁があって出会うことが出来たのだから、



    「エロス」のような激しい愛情が無くなったとしても、



    「慈悲」のような、温かい思いやりを互いに持つことが出来たなら本当の意味での「幸せ」を、永く続けることが出来るハズです。







    仏教って、ちょっと良く分かんない、、



    って思っていた方も多いでしょうが、実は、いまだに私たちの



    アドバイスになる事ってたくさんあるんです。







    仏教の教えを、法事の時くらいしか聞けないなんて、ちょっと



    もったいないような気がしますね。





    僕は宗教に固執している訳でも、宗教家でもありません。



    ただ情報を身近な存在にしているだけです。



    貴方のお役にもたちますかね〜^_^

  • いろいろな愛情
    じゅん

    元気ですか?じゅんです。





    コロナさんのおかげで、今年のゴールデンウィークは色々考えてみる時間に使えそうです。



    僕も少し人生が変わりました。コロナさんがなければ、今は転勤で海外でしたし。これも人生です。



    今をしっかり踏み締め、前を向いて行きますが、僕の性格上、そこをちょっと分析したいなぁと思っています。笑





    今日は愛情について少し話そうと思います。



    でもいちゃいちゃの話じゃないんで汗



    僕らしい切り口です。





    日本人は愛情表現が苦手です、、、。



    特に男性は、言葉をうやむやにして言わなくてもわかるだろって思っている人は多いかもね。



    そもそも、昔から日本人は、本当の感情をそのまま表すのを



    「はしたない」と考えていました。







    だからこそ、「愛」という感情を



    「大切に思う」「いとしい」など、、、



    いろいろな言い回しを使って表していたんです。







    ストレートに言うのが「やぼ」、はしたなかったのです。







    反対に、世界では「愛」こそがすべての中心だと、考える文化は多くて、例えば古代ギリシアでは「愛」という言葉が4種類もあるんですよ。







    「エロス」:日本でもおなじみの愛。



    男女間の激しい炎の様な愛です







    「ストルゲー」:日本語では「愛着」と



    表現しますが、母性愛や地域愛などを



    指しています。







    「フィリア」:志を同じにしているような仲間愛、連帯感のある精神的な



    結びつきを表しています。







    「アガペー」:元々は神の人間に対する



    「愛」を指し、宗教的な自己犠牲をも



    いとわないような愛。







    さらにキリスト教では、中心のテーマこそが「愛」。







    「神を愛し、隣人を愛せよ」という



    キリストの言葉がすべてを語っています。







    ちなみに、キリスト教でいう「隣人」とは身近な人々という意味だけではなく、敵対する人も含まれます。(そうでない宗派もあるようですが)







    さらに、意外なことですが、仏教でも



    そもそもの始まりが「愛」だとされていて、



    「苦しみ」を減らすことに仏教の眼目が



    あるのですが、その苦しみの原因こそ



    「愛着」なのです。







    つまり、人やものに愛着、執着するから



    苦しみが生まれる、それを解き放つために瞑想や座禅が発達したと考えられます。





    そう、「愛」って、こんなに昔から、



    沢山の偉人や宗教家が、語り合い、



    定義し、時には戦争の原因となって



    沢山の人を惑わせてきたのですね。







    そして、「愛」の種類の多いこと。



    男女の愛情や子供への愛情だけではなく、僕たちは普段から、たくさんの愛情に囲まれている。



    (古代インドでは、さらに多くなんと7種類も愛を表現する言葉があるそうです、、、、)







    だから、もし、貴方のパートナーが



    「愛」をなかなか表現しない人だったとしても、、、



    日本人古来の「奥ゆかしい」人だとしても愛情を疑ったり、ガッカリしないでください。笑







    古代ギリシア語の「エロス」のような愛は確かに激しくて魅力的ですが、一瞬で燃え尽きる場合がほとんどです。







    一時的に「愛している、好き好き!」



    なんて言われていたとしても、ずっと続くわけありません。







    例えば、仏教で説いている長続きする、本当の愛とは



    - 相手を喜ばしたいと思うこと、

    - 苦しみを癒したいと思うこと、

    - 一緒に喜んであげられること、

    - 執着せず落ち着いていることです。



    1つ1つ考えると奥が深いのですが、



    そのままの意味と理解しても大丈夫。







    貴方が、パートナーや身近な人とこのような関係を築き上げられるのなら、きっと心は満たされるでしょう。







    そしてそれが本当の「幸せ」、なのかもしれません。







    相手の言葉を期待したり、愛情を疑う前に、自分自身は、ちゃんと本当の愛を



    相手にあげているのか考えてみる。



    古代日本のように、相手を「いとしい」、



    「大切に思う」というのは、



    案外本物の愛を表しているのかも



    しれませんね!





    写真は3年前に沖縄で



    撮影したものです。



    愛の光を感じませんか?

  • こんな時期だから自分改革をしてみませんか?
    じゅん

    元気ですか?じゅんです。





    コロナの影響で本業もテレワークに入り、自宅での仕事です。体調管理も必要な時期ですよね。僕は、自宅に筋トレセットがあるので、健康向上計画を始めました!逆に体力もモリモリです!

    ^_^



    貴方も体調管理はストレス解消から初めてしましょうね。





    さて今日は、これに因んで成功する目標の考え方をお話ししましょう。





    心機一転して、今までと違う自分を目指そうと思う時。







    自分のなりたいものに向かって



    目標を作ったり、新しいことを始めたりすることもあるでしょう。







    でも、「変わりたい、変わりたい」と思いつつも、なかなか自分を変えられない人が多いのは



    どうしてでしょうか。







    幸せになるために生まれてきたのになぜか周りを見渡せば、



    不幸顔の人がいっぱいです。





    新しい生き方とは



    「過去を素早く切り離すこと」







    自分を変えようと、無理に新しい習慣や行動をしようとする人がいますが、それには大変な



    ストレスや時間がかかります。







    それにくじけて、変われなかった人はさらに自分に自信をなくしてしまいますよね。







    実は、新しい「自分」とは決して真っ白に生まれ変わった自分ではなく過去と上手く決別できてそして、自分自身を受け入れた人でもあるのですよ。







    自分が憎んでいる相手を



    「許す」という行為は素早く自分のこころを解放します。







    過去にとらわれない自分を作り上げる最速の方法でもあります。



    さらに、自分を変えたいと思うなら過去の嫌な思い出から解放されさらに「ありのままの自分」を受け入れることが大切です。



    他人を許すことと同じように



    「変われない自分」さえ受け入れるのですね。







    サボっている自分、だらだらしている自分、目標から目をそらしている自分。



    だけど、こんなんじゃだめだと



    思っている自分。



    そんな自分を「受け入れる」



    ためには客観的に自分を見ることから始めましょう。







    どんなものでもいいので、手帳に毎日、そこに自分の頑張ったことを書いていきましょう。







    もちろん、なにもない!と思う日もあるかもしれませんが、とにかく一日を振り返って、何個でもいいので書けるだけ自分をほめる言葉を書いていきます。







    そうしていくうちに、



    「自分って意外と頑張っている」ことに気が付きますよ。







    だんだんと自己肯定力が上がってありのままの自分を受け入れることができるようになるでしょう。







    自分をほめる言葉の積み重ねは



    こころを癒し、勇気を与えてくれます。自分に自信が持てるようになれば過去のことなんかに



    振り回されず、未来の事に意識が向けるようになりますよ。







    幸せの第一歩は、未来を肯定的に考えること。





    新しい区切りの時に第一歩を踏み出してみませんか?

  • 言葉で心をしっかりケア
    じゅん

    元気ですか?じゅんです。





    最近はコロナ対策で、いつもより健康になった気がします!笑



    貴方も心と体のケアしてますか?





    前回お話しました「叱ってもダメ編」



    少し反響が寄せられました。



    今日はその方々にお応えして、更なる武器をお話しようと思います。またワールドに入りますが、是非ついてきてください。





    あなたの口から出る言葉は、人を癒したり楽しませたりする反面凶器にも武器にもなって人を傷つけることもあります。







    立場上、言いにくいことを言わなければいけない人もいるでしょうが、あなたの口からでる言葉は、宇宙への宣言となり、巡り巡って、自分に返ってくるのですから。







    できるだけポジティブな言葉を



    口にするようにしましょう。ポジティブな言葉の代表が



    「ほめ言葉」です。







    人を心からほめ、相手がその言葉を自然に受け取ってくれるような空間は、ハッピーな「気」で満たされています。







    単純に、人はほめられると



    良い気持ちになります。







    それだけじゃなくて、自分を



    ほめてくれた人に好感を持ちます。







    自分のことをちゃんと見てくれている、興味を持ってくれている、認めてくれている、、、







    人をほめるということは、相手を喜ばすだけでなく、自分と相手の関係をさらに良くすることができるのです。^_^







    人をほめるって、実は簡単なことではありません。







    プライドがめちゃくちゃ高い人は相手を認めたくない、負けたくないと、人をほめるのが苦手ですし、単にほめたくても言葉にできない人もいるでしょう。







    それでも、どんどん人をほめるようにしてください。素敵なアイテムを持っていたら素直に



    「これ、すごくセンスがいいね」







    勉強や仕事で結果を出した人には



    「頑張りましたね!おめでとう」など、、、簡単でいいのです。



    ほめようと思うと、相手をある程度



    「観察」することになります。



    そして、ほめ言葉を見つけなくてはいけませんね。







    そういった事が、あなたをどんどん人として成長させる事になるのです。







    つまり、相手のいいことを言語化することは、自分にもいいことがかえってくるのですよ。







    とはいえ、心の中では「すごい」とか



    「感謝している」なんて思っていても、なかなか口に出すことがむずかしい場合もあるでしょう。







    そういう時は、何気ないやり取りで



    「文字」に書くことをお勧めします。







    ちょっと借りたものを返すとき、付箋などに感謝の言葉を書いたり、家族へのLINEの返信などに



    「いつも○○してくれてありがとう」など、付け足してみるのです。







    言葉を書いて残すことって、相手にとっては、口で言われるよりも、感動を長く味わうことが出来ます。







    人をほめることは、人間関係を良くするとても素敵なことなのですが、相手によってはほめられても嬉しくない場合もあります。







    それは、生まれつき備わっているモノをほめられること。







    もともと美しい人に



    「綺麗ですね」といったり、頭の良い両親を持つ子供に



    「さすが、○○さんの子供ですね」なんて言われても、それはほめ言葉ではないのです。人は、最初から装備されているモ才能より自分の努力でほめられたいのです。







    「頑張っていた成果が出ましたね」



    「一所懸命やっていた結果ですね」こんな風に頑張りをほめられるとさらにがんばろう!という気になります。







    日本人は特に、謙虚が美徳と思っているので、ほめられると、全力で否定してくる人もいます。







    そこでひいてはいけません。



    否定する人でも、やっぱりほめられる事は内心嬉しいので



    「いえいえ、本当ですよ、」と



    ちょっと強引に「否定」を「否定」してくださいね。







    反対に、あなたがほめられる立場だったとしたら、素直にほめ言葉を受けとるようにしましょう。







    相手からのギフトを、素直に



    受け止めることで



    「幸運」を受け取れやすい体質になっていくのですから。





    こんな言葉の心をつかむことで、お互いに幸せな気持ちになれることってあるんですよね。貴方もぜひ試してくださいね。





    写真は御蔵島のドルフィンスイミング。今はやってないですが。



    イルカと心で言葉が通じてた瞬間です!^_^

  • この時期だから
    じゅん

    元気ですか?じゅんです。





    非常事態宣言を受けて、自宅にいる時間が増えていると思います。僕のように一人だと普段と変わらないのですが、

    一緒に住んでいる方々が在宅勤務になったり、子供さんは学校休みですしね〜。





    人と同じ時間を共有すると、いろいろ言いたくないことも増えたりします。





    ということで、タイムリーな話題。



    人の接し方、特にしつけや、相手にわかってほしいことなど僕なりに考えようと思います。僕は部下の指導ですが、かなりこの方法は成功していますよ〜。





    では。



    人や自分をほめることで相手も自分も幸福度が上がはことは貴方も理解させれてると思います。以前の僕の日記にも書いていますので参照してください。





    しかし、毎日暮らしていく中でほめるようなシーンばかりが続いていくわけではありません。特に今のように時間を共有する時間が多ければ多いほどその機会は多く訪れます。



    どんな人でも腹の立つこともありますし、意見の合わないこともあります。







    立場的に、きつめに指導しなくては、とか叱った方が良いのかなと悩む場合もあるでしょう。







    とはいえ、「叱る」行為って、



    実はあまり意味がないことなんですよ。意外ですが!







    本来「叱る」という行為は、一応



    「相手のために注意してやる」なんて大義名分もあり、



    「ここまで我慢したんだから



    もうそろそろ、ガツンといわないと」



    「一度叱った方が、同じことを



    繰り返さないだろう」



    なんて、冷静な部分もありますよね。







    すぐに、かっとなって感情的に怒る人っていますが、そういう人の怒りは、かなり自分勝手な怒りであって、相手のために



    「叱っている」わけではありません。







    なので、



    「叱る」って、感情をふるいたたせて、



    「今からあの人を叱るぞ!」っていうけっこうなパワーが必要なのです。







    本来なら、言いたいことだけを言ってそれで終わればいいのですが、、、







    感情をパワーでガンとあげてしまうとテンションも上がっているので、言葉が止まらなくなることがあります。







    相手がシュンとして、こちらの話をはい、はい、と聞いている状態が気持ちよくなってしまうんですよね。汗







    同じような言葉を繰り返したり、あげくの果てに、余計なことまで言ってしまったり、、、







    そうなると、相手との関係は最悪。自分としては、一応相手のために叱っていたとしても、相手はあなたへの好感度がどんどん下がってしまうのです。







    「叱ってくれてありがたいと思え」なんて言っている人もいますが、どんなに大好きな人でも、どんなに尊敬している人でも、一方的に「叱られる」と、気持ちがなえて(一時的にしろ)叱った人が嫌いになってしまいます。







    さらに悪いことに、叱られた方は叱られた内容をあまり覚えていません。







    貴方も経験があるでしょうが、過去に、何かでほめられたことは、何度も思い返しては、当時のうれしさをかみしめませんか?







    小さいころに、お母さんにほめられたことはいくつになっても覚えているものです。







    ところが、、、叱られた経験はあまり覚えていません。



    もちろん、ひどく叱られた事実やそのきっかけなんかは覚えていても、



    「ああ、反省したよな、、、」



    なんて、叱られた内容について



    思い出すことはありませんよね。







    さらには、叱った相手のことを



    いつまでも恨んでいたり、昨日のことのように、腹が立ちます。







    つまり、、、



    「叱る」って、意味がないどころか、最悪、良い関係性がこわれたり、しつこく恨まれたりする、とってもリスクの高いNG行動なのです!







    では、相手に良くなってもらいたいときどうすればいいのでしょうか?





    それは、提案をしてみることです。遅刻を繰り返している人に



    「いい加減にして!今度遅刻したら、大変な事になるぞ!」







    なんて言うくらいなら



    「ねえ、今よりも10分だけ



    早く家を出てみない?」







    など具体的に提案してみるのです。もちろん、「できないいいわけ」をしてくるかもしれませんが、その都度、丁寧に提案をしましょう。



    これなら、貴方が恨まれることはまずありませんし、どんな提案も受け取れないようなそんな相手だったら、



    「あきらめる」しかありません。







    そんな人に「叱る」なんて行為をしたら逆恨みもされかねません。







    人の恨みはどんなに小さくても



    邪悪なものです。







    そんなものに憑りつかれないようにできるだけ「叱る」ことを避けた方が、貴方自身のため、そして、相手のためにもなるのです。





    こんな時期だからこそ、人との触れ合いを勉強するのも良いことだと思います。これは僕の考え方ですが、おかげさまで嫌われてはいないと思いますけどね〜。





    心を健康にすれば免疫もアップです!



    これもコロナ対策ですよ。





    写真は宮古島。



    この橋を渡りきれば楽園が待っていますよ!

  • こんな時期だから
    じゅん

    元気ですか?じゅんです。





    コロナさんの猛威。



    コロナさんを気にしてPCR検査の要望が多くなってきましたね。



    でも僕は、集団でのPCR検査を停止すべきだと思っています。



    トランプさんも考えがあまかったと。



    集団感染の根元だった様な‥。





    さて今日は、じゅん君お掃除の第三弾。心のお掃除の仕方です。



    参考になるかな〜^_^





    来月、僕も部署が変わります。



    こんな時期、何となく整理や大掃除をして身の回りの「浄化」をしたくなります。きれいな環境で何かを始めたいと思うのは、心機一転したいとか今までの自分と変わりたいと思う意識の表れかもしれません。



    でも、本当に自分を変えたいと思うなら



    身の回りの大掃除だけではなく、心の大掃除も必要です。



    心の中に昔からの「ゴミ」のような



    ネガティブな想いが住み着いていると、どんなに環境を変えても、すぐに「いつもの自分」に



    引き戻されてしまいます。







    人は誰だって嫌な人や苦手な人がいます。そのような人に言われた言葉などを



    思い出しては嫌な気分になることもあるでしょう。



    しょっちゅう思い出しては憎々しく思ったり、自分の受けたこころの傷をさらに開いているかもしれません。



    でも、そんな思いを持っていても貴方にとっては何の得にもなりません。



    それどころか、どんどん自分に対して



    自信がなくなって自己肯定力も



    落ちてしまいます。





    でも、こころの大掃除をすることによってそういったゴミの感情を一掃し毎日をずっと明るくすごすことが出来ます。



    そんな、こころを癒す一番の



    「荒療治」をお伝えしましょう。





    それは、、、相手を「許す」こと。



    実は、これが最高に自分を癒す行為となります。



    とりあえず、自分の一番嫌いな人を思い浮かべてみてください。





    本当は尊敬すべき先生や上司かもしれません。もしかしたら、むかしは一番大切だったのに自分を裏切った人かもしれません。もしかしたら、本来は大事な自分の家族、親兄弟の場合もあるでしょう。







    とにかく1人思い浮かべたら目を閉じて



    「許します」と言ってみてください。



    憎しみが深いほどむずかしいハズです。



    だって、許せないから憎いのですから。



    でも、その想いと決別しないうちはあなたのこころは、ずっとネガティブな感情に「支配」され続けるでしょう。







    その想いから解放されるためには積極的に「許す」行為が必要なのです。



    これは、相手のためではなく、あなたの未来のためなのです。



    「○○さん、あなたを許します」口に出すだけでもしんどいでしょうが、何度も何度も唱えるうちにこころが言葉に引きずられていきます。







    涙がたくさん出ることもあるでしょうが、何度も繰り返しているとある瞬間、ふっとこころが軽くなるのを感じるでしょう。







    そのときこそ、嫌な過去や思いから解放された時です。







    自分は嫌な人や過去の思い出に



    勝ったのだ、ということをかみしめ、それらの想いを、そっと手放しましょう。







    また、嫌なことを思いだしても



    「もう、私は大丈夫」と唱えて



    自分の未来だけを考えるようにします。







    こころの大掃除とは、過去への決別だけではなく今の自分の暮らしを大切にすること。







    そして、未来の自分が幸せをつかむためのポジティブな行動なのですよ。





    環境だけではなく、こころの洗浄をして新たな出発を迎えたいですね。





    この滝のように、すべてを浄化してくれるといいですね^_^



    頑張ってみて下さいね。

  • 未来の為の掃除
    じゅん

    元気ですか?じゅんです。





    前回の冷蔵庫の掃除編、何人かの方からTwitterにDM

    頂きました。嬉しい限りです。掃除は意識を変えられます。それは波動が変わるので貴方のまわりが良き方向に変わります。



    貴方も家是非体験してみて下さいね〜。





    さて今日も、もう少し掘り下げますよ〜。



    今日はちょっと僕の世界に入りますので怪しい表現になるかもしれません。笑



    ついてきてくださいね。





    部屋の中がゴチャゴチャしていると運気も入ってきませんし、



    邪気も溜まりやすくなります。







    区切りのいい季節に思い切ってスッキリと運気がどんどん入ってくるようなお部屋にしませんか?!







    きれいにしておくと運気が上がる場所はいくつかありますが、逆に運気が入ってくるのを妨げる場所をきれいにするだけでも



    効果は絶大になります。







    そのためには、あなたが一番物を「ため込んでいる場所」を考えてみてください。







    その場所を考えるだけでうんざりするような場所、、、例えば洗面台の棚の中とかぐちゃぐちゃに詰め込んでいる食品だなとか、いつ使うか分からない服でいっぱいのクローゼットとか、、、見るだけで、扉を閉めたくなる場所こそ、運気が悪くなる元凶であり、今、あなたが一番きれいにすべき場所でもあります。







    そういう



    「(掃除などを)やればできるのに、やらない事でついつい目をそらす場所」というのは心理的に凄いストレスを感じるそうです。







    それを見るたびに



    「自分は何てダメな人間なんだ」と無意識に自己否定をしてしまうのです。







    それが一日に何度も繰り返すとしたら運気的にもどんなに影響が大きいか分かりますよね。







    変わりたい!変えよう!と思ったときから人生は変わります。







    でも、ゴチャゴチャした戸棚をいざ片付けようと思っても何から始めていいのか途方にくれますよね。







    そんな時に、一番いい方法があります。それは「何も考えないこと」物がゴチャゴチャになる人は頭のなかでゴチャゴチャ考えすぎなのです。不要になったものでも、



    「こんな場合に使えるかも」



    「何かあった時の予備になるかも」なんて未来のことを「勝手に」考えすぎるのです。







    「もったいない」という意識は捨ててとにかく何も考えない。



    まずは、戸棚やクローゼットの中身を



    全部引き出します。そして、「何も考えず」に、



    「使うか、使わないか」だけで仕分けていきます。



    断捨離で使う方法ですが、ここは僕も共感します。







    もちろん、いつも使っているモノの買い置きくらいはいいのですが、たとえ新品でも、一年以上放置しているモノはどんどん捨てていきます。少なくても、半分以上は捨てる覚悟でのぞみましょう。







    仕分けの最後は棚の中をきれいに拭いて残ったものを整理していきます。そして、不要だと仕分けたものは



    「何も考えずに」



    ただ、捨ててくださいね。こうして、一番ゴチャゴチャしていた場所がきれいになると運気だけではなく、あなたの心理的にもスッキリし、気持ちが軽くなります。



    その場所を見るたびうんざりしていたのに穏やかな気持ちでいられるようになるでしょう。1つゴチャゴチャがスッキリすれば次に気になっていた場所を掃除する、そういうことを続けると、きれいにすることが当たり前の習慣になって家中がスッキリするようになります。







    必要最小限で暮らすのは決して「貧乏」ではありません。



    むしろ、必要な物だけ、自分の好きなものだけに囲まれている豊かな生き方です。



    自分の未来のために、身近なところから



    スッキリしていきませんか?





    写真は石垣島



    朝一番ダイブですっきりです!

  • じゅん君のお掃除方法
    じゅん

    元気ですか?じゅんです。





    本業では、国内にとどまるようになり、現在引き継ぎ真っ最中です!



    コロナさんの影響で、挨拶や、会議も一味違っています。Skypeで挨拶をしたり、テレビ会議をやったりと、営業としては結構楽をさせてもらってます。笑





    ただ性感をそういうわけにはいかないんで、しっかり健康整えて貴方にお会いしようと思います。!^_^





    コロナ対策は、免疫が高めることが1番だと思います。

    おいしいものを食べて、しっかり睡眠をとって、ストレスを解消する。ストレス解消は性感マッサージが最適です。



    人間の3大欲求を食欲睡眠性欲を満たすこのことから健康管理をしている僕です!貴方も見習ってください!笑





    さて今日は、こんな時期だからこそ、お部屋にいる時間が多いと思います。



    僕の大好きなお掃除の方法を少しお話ししようと思います。





    今回は冷蔵庫についてお話しましょう。







    冷蔵庫の中がキチンと整理されている人は金銭感覚に優れている!という説があるくらい金運と運気も切り離せない大切な場所なのです。







    冷蔵庫をきれいに出来ない人は



    ハッキリ言って「優柔不断」な人。というのは、冷蔵庫には使っている人の性格がそのまま出てしまうからなのです。







    人間の3大欲求の一つである「食欲」。



    人は一日の中で何回も物を食べますが、



    単にお腹が減った時だけではなく口寂しくなった時、気分転換したい時ただ、手持ち無沙汰な時。



    意識的にも無意識的にも一日に



    何度も冷蔵庫を開けています。







    冷蔵庫の中においしそうな物を



    見つけたときの喜び。



    あとで食べようと思っていたものを



    他の人に食べられたときの怒り。何も食べるものが無かったときの悲しみ、、、、







    意外と、冷蔵庫の前で喜怒哀楽をあらわしていますよね!!







    そう、実は冷蔵庫って人の本質がつまっているのです。



    だから、ちょっと残ったおかずを



    「勿体ない」とラップに包んで



    何日も放置していたり、賞味期限の食品がいつまでも捨てられずにおかれていたり、小さなパックのからしや調味料が使われることなく溜まっていたり、最悪、カビの生えた食品があったり。







    そういう状態をつくるのは



    実は優柔不断のこころなのです。残ったおかずは、確かに「もったいない」。けれど、それにラップを使い冷蔵庫のスペースを使い、結局食べずに放置することの方が



    「もったいない」のです。



    残ったおかずが捨てられないのも食品についてくる小さな調味料が溜まっていくのもすべて、冷蔵庫の中にいったん入れることで罪悪感から逃げているのですよ!





    まだ使えそう(でも使わないもの)を



    すぐに捨てることは何だか悪いことのように感じますが、結局は捨てるのが早くなるのか遅くなるのかの違いであって冷蔵庫に溜めこむのは、自分の手でせっせと冷蔵庫を汚染しているだけの行為です。







    地球環境問題が大きいので捨てることが悪いことのように感じることもあるでしょうが、貴方が物を捨てられずにため込む事と地球環境は関係ありません(>_<)







    それよりは、捨てる「痛み」に向き合って次は捨てないようにするにはどうしたらいいのかと考えた方が今まで以上に環境に優しくなれるはず。







    余計なものを買わない。



    安さで大量買いをしない。



    必要以上に作らない。







    また、汚染された冷蔵庫の中の食品は、やはり運気は下がってしまうので冷蔵庫をきれいに保つことは



    貴方自身を成長させるだけではなくきれいな運気さえ引き寄せるのです!





    僕の部屋はものが少ないです。1つ買ったら2つ捨てる位に勢いですからね。





    結構おりましたがついてくれましたか?こういう考え方も面白いと思いませんか。でも本当なんですよね〜



    写真は昨日の散歩時に撮影、夕暮れの桜です。きれいでしょう?



    ではまた!

  • 悪いアドバイスがラッキーアイテム!
    じゅん

    元気ですか?じゅんです。





    コロナさん、そろそろ政府の動きもありそうですね。



    ロックダウンは、日本には馴染みが薄いですが、何か発言がありそうな。



    今度は、食品が買い占めの対象にならないことを祈ります。





    さて今日は、情報の良し悪しの捉え方で、運気を変える考え方をお話ししましょう。





    僕は、物事や相手を



    「良い」「悪い」で判断しません。



    この世の中、白黒ハッキリつけられる事は案外少ないものです。







    例えば、

    あなたが苦手、嫌いと感じている人でもその人のことを大切に想うひとだっているでしょうし、ケンカだって、それぞれの立場になって考えてみると、一方的に「悪い」方なんて無かったりするのです。



    人のうわさは悪意に満ちているし、テレビやネットのニュースだって100%公平な視点だとは言えませんよね?







    特に最近では、SNSに流れている情報は正しい、正しくない、どころか



    「面白いか、面白くないか」であっという間に拡散されてしまいます。



    それがどんなに間違ったことであっても。



    アドバイスでも



    「いいこと」を言われるのは気持ちが良いものです。







    自分の才能や未来が開花してステキな出来事がおきると言われれば、誰だって信じたくなります。でも、人生は山もあり谷もあるもの。どんなに運のよい人だって当然「運気の悪い」時期はあります。







    ところが、アドバイスで、悪いことを言われても、前もって準備する事で対策ができます。



    心づもりが出来て、たち向かう



    勇気だって出てきます。







    こうして備えることは



    「運気の底上げ」になるのです。







    常に運気の良いように見える人は悪い運気を「味方に」することで



    「運の良い」人生となります。







    とにかく、物事や人を独断と偏見で勝手に「良い」「悪い」と決めつけるような人は、こころの余裕が無いのかもしれません。







    物事を柔軟に見る事がしんどくてめんどくさいのは精神的に疲れているのでしょう。 そういう状態だと、心地の良いアドバイスばかりを欲しがるようになります。







    悪いことを聞く余裕がなかったり、強く拒否反応が起きたときには自分をゆっくりケアするように。







    こころに余裕がある時こそアドバイスを正しく受け取ることが出来ます。







    悪いアドバイスこそ運気を底上げしてくれる大切なメッセージなのですから。





    この考え方を理解すれば、気付きに変わりませんか?

  • またお世話になりますね!
    じゅん

    元気ですか?じゅんです。





    貴方にご報告です。



    転勤が完全になくなりました!!



    コロナさんの影響もありますが、このタイミングで国内部署に配置転換です。愛知岐阜三重の国内勤務に。



    実は海外はシンドかったので嬉しいのが本音!^_^



    まだまだ貴方にお世話になるためですね〜^_^



    今後共、宜しくお願いします!





    さて、この現実を引き寄せた僕の考え方をお話したいと思います。





    自分の夢や希望を叶えるために



    毎日少しでも行動する、というのはとても大切なことですが、



    その行動の後押しをしてくれるのは



    「具体的な言葉」になります。







    もし、あなたの夢が



    「お金持ちになりたい!」とか



    「成功したい」なんていう大ざっぱなものならば叶うのは難しいかもしれません。







    なぜなら、「お金持ち」と言うだけではイメージすることが出来ないからです。







    いや、もちろんお金に囲まれて



    大笑いしていたり、クルーザーにのったり豪華パーティーしていたり、、、なんて下世話な想像は出来ますが、別に本気でそれをしたいわけではありませんよね?







    「お金持ち」とか「成功者」に



    なりたいというのは単なる



    「願望」であって、夢ではないのですよ!







    夢や希望をかなえようと思うと



    具体的に「想像」出来るものでなくてはいけません。



    例えば、あなたが恋人に



    「とにかく幸せにしてほしい」と言われたとしたらどうしますか?



    ああでもない、こうでもないと一所懸命に尽くしてあげますか?



    いろいろな方法を試してそのたびに相手の反応を伺いますか?



    付き合いたてのアツアツの時期でなければ



    「どういうこと!?」と疑問に思うことが一般的ではないでしょうか?



    反対に、



    「一緒にスキーに行けたら嬉しい」とか



    「あの映画を見に行きたい」と



    具体的に希望を言ってくれたらそれを叶えたいと思うでしょう。







    あなたの夢や希望だって同じことです。



    あなたの夢や希望を叶えてくれるのは



    宇宙とも神様とも言われる存在ですが、きちんとあなたの欲しいものなりたいものを具体的に



    「言葉」にしないとその願いはあやふやとなり聞き入れてもらえなくなります。







    だから、成功者と呼ばれる人たちの多くは、日記をつけています。



    夢や希望を明確に「言葉」にし何度も繰り返し文章に書き口に出して願い、祈り、自分をふるいたたせて来ました。







    もちろん、本当にかなえるためには



    「行動」することが一番大切なのですが言葉と共に行動することによってより一層夢や希望が



    叶いやすくなるのですよ。







    自分のなりたい姿を言葉にできれば頭の中でイメージすることが出来ます。







    頭の中でイメージすることが出来れば



    「脳」が「ポジティブな勘違い」をして行動に現れてきます。







    「お金持ちになりたい」なら、



    お金があったらどうなりたいか



    どんな事をしたいのかなどを



    具体的にするべきです。



    そして、それを叶えるための行動を



    宇宙に、神さまに示すのです。







    それが出来ていない人が



    「自分はなんて運がないのだろう」なんて言うのですよ!







    運や幸せは、突然降ってくる



    物ではありません。







    具体的に願い、言葉にし、行動するから夢や希望が叶って



    「運がいい」と言われるのです。





    一度じっくりと自分の夢に



    向き合ってみませんか?







    そして、具体的に言葉に出してみましょう。



    何をすべきか、自然とわかるようになるものですよ!





    写真はナポレオンフィッシュを引き寄せた時!日本では沖縄と和歌山にしか見ることができません!

  • 知らないなんて勿体無い
    じゅん

    今日はまたまた掘り下げます!



    僕にしては珍しい^_^





    前回でもお伝えししましたが



    新しいことを始めたい!と行動をし始めてもなかなか続けることが難しいのは



    「脳」が関係しています。







    わくわくして興奮状態で始めたことも



    「そこまで頑張らなくてもいいじゃん」と通常モードに引き下げようとするのです。







    そんな、「脳」からの甘い誘惑に勝つためには、瞑想などを



    取り入れて意識をそらすか目標を小さく設定して達成感をたくさん味わうようにするといいのですがさらに、元々の夢や目的のイメージを強くすることで、



    行動が続くようになります。







    目の前の行動ばかりにフォーカスしない、ということです。







    つまり、ダイエットしよう!!とがんばっても、目先の5k、10kにばかり目が行っていると体重が落ちなくなった時に苦しくて続ける意欲が無くなってしまうのです。







    もちろん、痩せたらきれいになるとかもてるとか、好きな服が着れるとかそういった願望も何となくは持っているでしょうが、何となく「〜キロを切りたい」だけで苦しいことを続けることはモチベーションにはなりません。







    やせてスッキリした自分が本当にしたいことやりたいことを頭の中で鮮明にイメージ出来るようになると、目の前の行動なんてささいな事になって一喜一憂することがなくなります。







    「勉強して資格を取りたい」



    なんて場合も同じです。



    模擬テストで悪い点数を何度も取るとやる気も出ないし、つらいし、苦しいし



    「もうやめようかな」なんて



    思うかもしれません。







    でも、その資格を取ればこんなことをやりたい、こんな風になりたいというイメージが鮮明にあると、悪い点数も経験の内と考えてそんなに行動を左右させることがなくなります。







    実は、夢や希望を持った時に必要なのは実は「実行力」よりも



    「想像力」だったりするのです!







    自分の明るいポジティブな未来を信じることが出来れば日ごろの行動も苦ではありません。







    自分の目線を、今やる行動ではなくその先に待っているものに



    フォーカスすればいいのです。



    とはいえ、やる気はあるのに、同じことを繰り返すことが苦手な人もいるでしょう。



    生活のリズムが悪くて同じ時間やおなじ行動をするのが難しい場合もあるでしょう。







    そんな時、出来ない自分をついついせめてしまい、余計なプレッシャーをかけてしまうことがあります。



    そういう時は、「オプション」的な行動メニューを作っておくことをお勧めします。



    例えば、自分の未来の健康のために



    「一日1万歩、歩く」という



    目標があったとします。



    でも、どうしても実現できない日は



    「お菓子の代わりにサラダを食べる」とか



    「いつもよりも一時間早く寝る」とか、一万歩歩けない代わりに出来るものを行うのです。







    ここで、



    「歩く」事にフォーカスしていると出来なかった自分を責めてしまいがちですが



    「自分の未来の健康のため」というもっと先の目標に目を向けると



    「食べ物」や「睡眠」などの



    代替をしても満足できるのですね。



    そんな代替をしても、自分の気が納得するならOKとします。







    こういうふうに、自分の目の前ではなく先をみることで、行動が続きやすくなるのですよ。





    人って思考で動き悩みます。



    でも、その思考もコントロールは自分で出来るものですよ。



    このコツを良い方向に使えれば、楽しい毎日になりますよ!





    写真は次元が少し違うのわかりますか?「気持ちい!」がわかれば素質があるます^_^



    ‥なんの??笑



    桜も宇宙とちゃんと繋がっていますね〜(*´-`)

  • 脳を騙す!この騙しは良い事ですよ 笑
    じゅん

    元気ですか?じゅんです。





    3月もラストウィーク。



    転勤も入国出来ませんので延期です。このまま無くなるかもです。いいのか 悪いのか 流れに任せよと思うこの頃です。







    さて今日は、前回の話を更に掘りますか?!



    さらっと考えるのが好きなので、考え過ぎるのは苦手なのですが。汗



    今日は少し違うのであえて流れに流されようと思います。笑





    今年こそダイエットしよう!



    今日から絶対に日記を続けよう!



    資格のための勉強を始めるぞ!







    そういう、



    「目標」を立てる人は多いのに



    なかなか続けることが出来ないのは、脳が「省エネ思考」だから邪魔をしている、またはしんどいことを回避していると、前回お話しましたね。







    とはいえ、新しいことを始める時は誰だってわくわくするし、



    これを続けられた未来のことをポジティブに考えていたでしょう。







    何だか矛盾するようですが、それは、脳は、「新しいこと」も



    大好きだからなのですね!







    現代の文明は、とんでもなく進化してほんの数十年前と同じ風景を探すだけでも難しいほどです。







    言葉も習慣も何もかも大きく進化していますし、もちろん脳だって進化してきました。







    ところが、どんなに進化しようと、人間の根本的な部分だけは



    大昔とほぼ変わっていません。







    三大欲求と言われる、食欲、睡眠欲、性欲がなくなることはありませんし、少しでも健康で永く生きたい、人を愛し、愛されたいと願うのは、これから先も同じでしょう。







    さらに人間の行動の原動力さえ



    いまだに古代の行動に左右されています。







    例えば、「ストレス」。



    凶暴な動物や敵が近くにいると



    察した時、全神経を研ぎ澄まし



    相手の様子を伺います。







    そのストレスは、ここぞという時にパワーを爆発する原動力になります。







    そのストレスは、現代日本では



    ありえないほど大きいでしょう。なぜなら「生きるか、死ぬか」がかかっているからです。







    さらに男と女の脳の違い。







    男性は力が強く、外で大きな獲物を狩ったり、危険な仕事を率先してやってきました。



    目の前のことに集中しないと、命の危険性がありました。







    女性は、住処を守ったり子供を育てたりすることが需要な仕事でした。そのためには、周囲の情報収集や他人と協力していく



    コミュニケーション能力が特化するようになりました。







    このように、脳はいまだに原始的なライフスタイルに対応出来るようになっているのです。







    脳が「新しいこと」が大好きなのもこのころの名残とも言えます。



    自分たちの生活を今まで以上に便利に、生き残りやすい環境をつくるには、新しいことをどんどん取り入れることが重要だからです。



    今でこそ、家の中でじっとしていても普通に生活出来ますが、毎日命がけで生きていた古代人は新しいこと、新しい情報こそが命をつなぐものとして必須。







    ですから、いまだに新しいことを始める時は、脳は興奮します。







    わくわくして、いろんなことを



    試してみたくなります。ところが、新しいことが「日常」になって大きな変化が見えなくなったとたん、脳は通常運転に戻って、新しいことを煩わしいと思うようになってしまうのですね。







    だからこそ、脳を「だまして」



    行動を続けられるようにすることが大切なのですよ。







    今まで、やろうと決心したことが続けられなくて後悔したことがある人は多いでしょうが、それはあなたの努力不足ではないのです!



    ちょっとしたやり方や、自分の脳を



    「騙す」ことで意外と続けられるようになるはずです!^_^





    このロジックを考え気付くのも脳。



    でも実は僕、脳だとは思っていません。



    ここではロジックから外れるので言えませんが!(*´-`)



    ではまた(^。^)

  • 脳を超えれ考え方。実は僕が1番頭がいい!
    じゅん

    元気ですか?じゅんです。



    お陰様で1日寝たら腰はすっかり良くなりました!

    ご心配をおかけしました〜。



    春はそこまでって感じのこの頃。

    貴方はどうお過ごしですか?

    春は人生の節目ですよ〜。

    この機会を後悔しない行動を起こしたいものですね^_^



    日本の後悔しない行動と言えば、オリンピック延期。

    今1番決断しなければならないことかなぁ。

    個人的にはそう思ってしまいます。



    さて、

    本日は、行動力を妨げる、怠け者の正体!

    とその攻略法でもお話ししましょうか^_^



    「自分を振り返って後悔したこと」の上位に、

    「行動しなかったこと」が

    必ず入っています。



    どうして、あきらめてしまったんだろう。どうして、チェレンジしなかったのか。どうして、一歩進む勇気が出なかった?



    行動しなかった「後悔」は、実際に行動やチャレンジして失敗した時よりも深いそうです。



    多くの「成功法則」や成功者の

    体験談でも必ず出てくることは

    とにかく「行動する」ということ。

    自分の夢や希望に向かって行動し、一生懸命努力するひとは大きな幸運を手にすることが出来ます。

    とはいえ、「未知の世界」へ踏み込んだり今までとは違う、新しいことを始めようとするときの恐怖はかなりありますし、何といっても行動が「続かない」。



    行動し続ければ、新しい可能性が大きく広がるのに、なかなか

    行動が続かない人が多いのは

    どうしてでしょうか。



    実は、多くの人の「行動出来ない」状態というのは「脳」が大いに関係しています。



    脳は、身体の中でも最もエネルギーを消費する場所でもあるので、出来るだけ「省エネ」で

    いようとするのです。



    苦しい行動を嫌い、いつもと同じ行動をすることを無意識に

    推奨してしまうのです。



    「まあ、今日くらいはいいか」

    「明日からがんばろう」



    なんてすぐに自分を甘やかしてしまいすぐに失敗してしまうのはダイエットをしたことがある人ならお分かりになるでしょう。

    さて、脳からの

    「まあ、いいじゃん!」という

    行動をストップさせる信号を無視してやると決めた行動を続けるには脳をだますことが重要です。



    やり方はいくつかあるのですが、まずは、

    「雑念をシャットアウトする」方法。

    何かを始めようとしたとき、最初の方は

    テンションも高く、ノリノリで行っていたこともいつしか飽きてきます。



    そのうち、「まあ今日くらいは、、、」なんていう考えがわいてくるのですが、そんな「雑念」を無視するのです。



    これは「集中力」とはまた違うスキルで

    「雑念をそっと脇に寄せる」感じです。



    このスキルは瞑想やマインドフルネスなどで手に入れることが出来ます。

    そもそも、瞑想自体が「頭の整理」なので雑念という頭の中のゴミを、さっぱりと捨てる方法に特化しているからです。



    もう1つ、脳をだます方法として

    「難しいこと」をしている意識を捨てるということがあります。夢や希望に向かっての行動が続かない人は、やろうとしていることの

    「ハードルが最初から高すぎる」ということが多いからです。



    ダイエットに例えると、一カ月で10キロとか極端な数字を目標にしてしまうのです。

    最初は目新しく、楽しく行動出来ても

    (そして最初は小さな結果が

    出やすくて楽しいもの)

    そのうち脳の興奮状態が収まると

    「こんなに努力しているし、今日くらいは」

    が出てきやすくなるのです。



    最終目標は10キロだとしても

    まずは小さな、達成しやすい目標を作って少しづつ行動すれば



    「対して頑張っていない」けど

    「長く続く」状態が作りやすくなります。



    大きな目標を立てるのは素晴らしい事だけど、一度に大量行動して精根尽き果てるよりも永く細く続くことを大切にしてみてくださいね。



    意外と夢をかなえる近道に

    なるかもしれませんよ!



    マンタは行動力ありそうでしょ!

    こうありたいものです^_^

  • 自分に正直でありたい
    じゅん

    元気ですか?じゅんです。





    私事ですが、お疲れが溜まってきたのか、腰に激痛が!



    …けして腰を使っているのではないのですが。笑



    自己管理は大切です。お客さんにも迷惑かけてしまって。反省しております(*´-`)





    今日は、自己管理に繋がる自己主張についてお話ししますね。







    いつも自分ばかり損している、、、



    嫌なのに断る事ができない、、、



    そんなふうに感じる人はいませんか?







    会社でも家庭でも常に自分の



    思うようにいかないし、こころが休まらない。







    そういう人は、自分の意見を言うよりも周りに合してしまう



    「NO」が言えない人かもしれません。







    もちろん、自分を抑えている状態では運気だって良くなりませんし、そうなると、嫌な状態がずっと続く負のスパイラルンに陥ってしまいます。







    「謙虚」である事は、日本人の美徳でもありますが



    「謙虚」と、自分の言いたいことや、NOと言えないことは、まったく違います。







    謙虚は、へりくだって相手の意見を素直に受け止めるという意味がありますが、それでも自分を見失っていません。







    柳の木のように、風に逆らわず



    一見流されているように見えて



    実は腰が強くて、風がやむと本来の自分の姿にきちんと戻ります。







    NOと言えない人は本来の自分の姿に戻る前にちがう風にしたがってしまい、本当の自分の姿を見せようとしないし見せるのを恐れているのです。







    人間関係だって、柳の木と同じように嫌な事や面倒なことを言われても適当に流したり、うまく断ることが出来たらずっと生きやすいですよね。







    周りの意見やお願いに弱い人



    NOといえない人の多くは



    ある思い込みがあります。







    それは、NOということで



    自分は嫌われてしまうのではないか、わがままと思われるのではないかと無意識に思っている事です。







    しかし、、、周りを見渡してみてください。



    いわゆる「わがままキャラ」な人だってみんなから嫌われているでしょうか?



    「出来ません」といったことで



    人間関係が破たんしているでしょうか?







    もちろん、お願いの程度や普段のその人との関係もあるでしょうが



    「NO」というのはそんなに



    難しいことではありません。







    人から頼りにされたりお願いを聞いてあげることで感謝されるのは、とても気持ちのいいことですが、それを引き受けたことで自分に大きな負担になったり



    「損している」と感じるようであればやはり断った方が精神的にも楽になります。







    自分に余裕があって、人がお願いしてきたことを手伝うのは



    素敵なことです。







    でも、余裕もないのに



    「NO」というのが怖くて



    ついつい従ってしまうのは単純に自分の中でストレスがたまるだけ。



    それはもはや「謙虚」でも「親切」でもありません。







    もし、お願いに対して「NO」といったことで相手が不快になったり不機嫌になったとしたら



    「そんな程度の人」だったのだと自分の中で切り捨てましょう。







    何かをやってあげることで相手も嬉しいし、それ以上に自分も嬉しいと思えるようなそんな関係を作れる人はやっぱり幸運を引き寄せる人なのですよ!





    僕の決断力はハンパないですが、海でこのようにフラットにすると真の強さが漲り鍛えられるものですよ 笑

  • 恐怖と快楽の使い道
    じゅん

    元気ですか?じゅんです。





    トランプさんがビジネスビザをストップしましたね。はい 延期決定です^_^



    あっ アメリカってわかってしまいました〜。笑



    4月以降の詳細はまた報告します。





    ってことで、前回の続きを話しましょう。



    夢や目標を本当に実現できる人に



    なるためには、自分の感情、特に「快楽」と「恐怖」を利用した方が良いとお伝えしました。







    夢が叶った幸福感や達成感



    夢が叶わなかった時の恐怖や後悔



    そういったものを常に頭にイメージとして浮かべられるようになると今までとは違った行動が無意識に出来るようになります。





    とはいっても、どんなに



    「さあ、行動するぞ!」と意気込んでも



    具体的な行動が決まっていないと、何から始めたらいいのか不安になって、段々とモチベーションが下がり、また行動出来ない日常に戻ってしまいます。





    そこで、夢が実現出来るまでの具体的に何をするべきかの計画を立てましょう。





    んっ?



    これって じゅんちゃんセミナー??



    楽しくなってきました!^_^ではセミナーの続き^_^





    例えば、あなたの夢が、お客さんを必要とするような職種だったとしたら、



    「○月までに、お客さんをゲットする!!」



    と設定しがちですが、これだけでは、



    あまりにも具体性に欠けます。



    そこで、



    「○月までにお客さんをゲットする」



    というのを、とりあえずのゴールとして



    じゃあ「そのために必要な事は何か」



    をどんどんリストにしていきます。



    「お客さんの集め方はどうするの?



    宣伝する?チラシや広告を出す?



    何かのグループに参加する?



    友達や家族に声をかけてみる?



    それはいつ、どうやって?誰に?



    それをやるのに、資金はどうする?



    いつまでに何を用意し、準備する?



    お客さんと話す内容は大丈夫?



    もっと練習した方がいい?



    自分の生活パターンはどう?



    変えた方がいい?今のままでもいい?」







    こういった事を



    どんどん書き出していきましょう。



    これはあなたの夢を叶えるための



    行動リストなのですから、ぜひ、楽しんでわくわくしながら作っていきましょう。







    やるべき事が具体的になればなるほど



    行動することが容易になりますし幸運だって味方につけることができます





    やるべきことを書き終わったら、



    重要度別に並べ替えて。



    月単位、週単位、そして



    一日に何ができるのかが



    だんだんと分かってくるでしょう。







    大切なのは、



    「重要なことを最優先にする」



    ということです。



    人の行動力なんて、その時の体調や



    急な用事でどんどん変化していきます。



    それでも、重要なことからやっていけば



    想定したやるべきこと全部が



    出来なくても気持ちにゆとりができるし、達成感も生まれます。







    重要な事がどんどん消化されていくと



    夢の実現も加速されていくのですよ。







    ただもし、、



    リストを作る時点で気が重くなるのなら



    夢自体が自分の価値観と



    合っていないこともあります。







    夢を実現するには、苦労やしんどい事も



    必要な場合がありますが、







    ちょっとでも



    「わくわく」を感じないのであれば



    撤退する勇気が必要な場合も



    ありますからね!





    これが僕の強いところです。



    感じるままに生きる。



    自分に正直にお魚綺麗だな〜。でシャッターを押す。この行動でOKです^_^